投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ひらがなプロジェクト(241)
  2. アルベア論(975)
  3. 虚構の大石寺疑惑(3)
  4. 正義のあかし(47)
  5. 掲示板の注意事項(1)
  6. 2015年安保法制(977)
  7. アラシ行為記録(21)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


インチキ男幹

 投稿者:決戦の日曜日  投稿日:2018年 7月14日(土)11時34分54秒
  明日は嘘の成果で日本一。
全国男幹ならぬ、インチキ男幹。

 

疑問のその3

 投稿者:たけし  投稿日:2018年 7月14日(土)11時15分31秒
  奴隷のようにコキ使って世間との関りを無くし考える暇を与えないことでマインドコントロールしてるエリート幹部さん。役職も多重にして崖っぷちに会員を立たせて逃げられなくする。学会員の人がいいところを最大限に利用しています。自分たちだけカネザクザク、カネのあるやつは昔からケチと相場は決まっています。だけど放置しておけば20年で組織は自然に消滅するので、脱会しないで内部の特等席から観覧しましょう。ブクブク太って旨いものばかり食ってる上層職員にチョーパンかモモカンしてやりたいところですが、じっとガマンです。富士美の職員になりたいです。なんにも仕事しないし営業もしないのにただ寝てるだけで金ザクザクワレワレハドレイデス。組織はもはや政治団体でついでに宗教やってる程度で会員はカネヅルでやんす。  

差別用語ではなく、「差別語」

 投稿者:-Q-  投稿日:2018年 7月14日(土)11時04分23秒
編集済
  「谷川二等兵」さん。ご自身の来し方を振り返っての多様で詳細な応答には感謝します。

かつての帝国ニッポンと一体化した日本社会が犯してきた、アジアの同胞たちへの数々の蛮行。
それらの歴史的事実に対し常に自覚的であることは、その後を生きる現代日本人にはきわめて重要な素養であると考えるものです。

私の両親は、母は日本人ですが、父は朝鮮戦争勃発以前に半島北部から渡航してきた帰化人です。また一家をあげての入信は昭和30年です。
私自身は生まれて以来、日本名と日本国籍のみを有する立場ですが、血統的にはいわゆる「半チョッパリ」とも言え、幼少のころには様々な被差別経験もあります。

それはともかく、組織の多数を占める現在の日本人学会員が、きわめて乏しい人権感覚しか持っていないことは信濃町幹部の言動を一瞥するだけでも明らかです。

連中を批判することはよしとしても、組織内に根深くはびこる差別体質を見過ごすことはできません。
饒舌は避けますが、いくら独裁国家として批判を浴びる“朝鮮共和国”とはいえ、言い古された差別語を弄して彼らを揶揄する態度は許されないものと断じます。

(なお、差別問題に詳しい言語学者の田中克彦氏は「差別用語」という言い回しには批判的です。なぜならそこには、「差別する“ための”用語」の存在を容認する響きが感じられるからでしょう。
したがって彼は、それらに類する言葉については「差別語」と呼ぶべきと主張しています)



 

ウィアー・ノット・ゴナ・テイク・イット

 投稿者:SaySaySay  投稿日:2018年 7月14日(土)10時06分2秒
  コンペ―さん、重要な指摘をありがとうございます。
https://6027.teacup.com/situation/bbs/86979
『誓願』は来週には1993年に突入するでしょうか。小説『新・人間革命』の連載が始まった年です。このことを第六天の怪鳥発言を絡めて「全て池田先生が書かれた」「全て池田先生の意向」「失効部は池田先生と不二」と思い込ませる手を打って来るでしょう。

皆さん、この曲がヒットした年のことを覚えているでしょうか? classは「♪君は初めて僕の目に見せた その素肌」と歌いましたが、これは嘘です。『(冷)夏の日の1993』。
https://www.youtube.com/watch?v=RSkPhP9FZ98
この年は極端な冷夏で「♪水際のエンジェル」なんか「♪その素肌」をさらすことなんか無かった。寒かったんです。冷夏で日本は米不足になり、タイ米を輸入しました。「1993年米騒動」とウィキペディアにはあります。
この年は牧口前サリン噴射。自民の攻撃と宗門問題たけなわ。法難の真っ最中でした。
この冷夏・米不足、実は天明の大飢饉か天保の大飢饉クラスだったそうです。世が世なら多くの人が死んでいた。そんな「冷夏の日の1993」だったのです。
だからこの年、池田先生は小説『新・人間革命』の執筆を決意されたのではないでしょうか。大聖人が大地震を契機に『立正安国論』執筆を決意されたことと似ている気がします。

「文明が下駄を履かせている」のです。20世紀にはタイ米を輸入することが可能で、昔のように飢え死にするには至らなかった。
だからこれでも「まだ被害は小さい方」で、事の本質を分かりにくくさせています。今は自然環境が悪化しており、立正安国は確かに危機状態です。
確かに「三災七難は起きている」。そうとしか思えない。この文明すら崩れた時になって慌てるようでは仏法者と言えないのではないかと思います。
だから今、令法久住に、立ち上がらなければ、後悔することになる。

子路さん、同じような人がたくさん居ると思います。
https://6027.teacup.com/situation/bbs/86952
池田先生が「学会は学ぶ会なんだ!!」と珍しく声を荒げていたシーンを忘れられません。これを捨て、「読書と思索を忘れるな」を忘れ、ゆえに善知識と悪知識を見分けられなくなった結果が今のSGなのでしょう。私も同じく「学ぶ会」を取り戻そうとしています。しかし……アマゾンさん、古い貴重な本の値段を釣り上げないで欲しい。困っています。

子路さん、一点、池田先生が指摘された「平氏になるな! 源氏でいけ!」は、「平家にあらずんば」のようなエグみ(仏教貴族)を、「驕れる」ゆえに「久しからず」を、釘を刺されたように思います。

“俺たちはそれを受け入れることはない 俺たちはもうそれを受け入れることはないんだ”
“俺たちにはそれを選ぶ権利がある その権利を失うことなんてありえない”
“これが俺たちの人生であり これが俺たちの歌なんだ”
“俺たちは正当に権力と戦う 俺たちの運命に触れないでくれ”
“おまえは俺たちのことを知らないし おまえは俺たちの仲間ではないのだから”
“おまえはとても偉そうで おまえの図々しさは取りとめがない 俺たちはおまえからは何も欲しくはないんだ”
“おまえの人生は陳腐で疲弊していて 退屈だから没収される”
“もしもそれがおまえのベストだと言うのならば おまえはベストを尽くせないんだ”
“俺たちは正しい 俺たちは自由だ 俺たちは闘う おまえには分かるはず”
“俺たちはそれを受け入れることはない 俺たちはもうそれを受け入れることはないんだ”
『ウィアー・ノット・ゴナ・テイク・イット』トゥイステッド・シスター
https://www.youtube.com/watch?v=4xmckWVPRaI
 

光熱費削減

 投稿者:俺は偉く無いんだぞ~  投稿日:2018年 7月14日(土)09時55分56秒
  拠点のお宅、個人会館、学会の各会館、研修道場は今日は会合止めて、みんなお休み。
余剰電力を関西、四国、中国、九州、沖縄(本土からの連絡送電ケーブルが無いけれど)
へ送ろう。
光熱費抑えて節約、使わない分西日本水害復興に寄与しよう。
 

不思議な不思議な日本人

 投稿者:スパルタカス  投稿日:2018年 7月14日(土)09時31分28秒
  谷川二等兵さんの曖昧模糊に興味を惹かれたので、思い出したのがこれ

百発百中の砲1門は百発一中の砲100門に勝る。

このとんち問答の様な格言?は誰の言葉でしょうか?
そう東郷平八郎元帥、日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃破した時の、海戦従軍者に贈った祝辞。
そのあとのの勝って兜の緒を締めよ。はよく分かるが上記の言葉がなんとも形而上曖昧模糊の日本人を象徴している様で気になるのです。
あの自民亭もガチガチ石井ちゃんも危機意識が無い代表的日本人。
創価学会員だよね石井ちゃん。だから政教一致では困るのです。
幾ら東大でのスーパーエリート役人出でも、片山さつきちゃんと同じ無能なんです。
もうかなり前から公明党には投票していません。
かと言って野党もあれじゃね。ヤバイよヤバイよ日本の未来
 

たけしさんへ

 投稿者:谷川二等兵  投稿日:2018年 7月14日(土)09時08分47秒
  お早うございます。
ご返答有難うございました。
後のその3の疑問、何故か会合が多くて、役職多くて、選挙活動が多くて、人材グループが多くて、休みも余暇も少なくてに繋がります。
貴殿が言われる通り柱たる信仰活動はどこに定めれば良いのか、分からなくなりますね。
広布基金や不定期の寄付でお宝ザクザク。でも出す方は例え1円でも出したくないケチ宗教屋なので、このまま無償奉仕は続くでしょうね。
先にも書き込みました。聖教新聞でも会員さんの信仰者ボランティア活動を賞賛している様だけれど、学会の資産の何パーセントか、例え富士美の絵画を売り払っても世間様の為に使って下さいと、関係団体に寄付すれば例え売名行為と叩かれようが文句ないんですけどね。
いつまでも我々が気軽に無償奉仕するなんて思うなよ執行部幹部と職員。ケツまくってもあいつらわからんでしょうね。
 

仏法では悪事は時が来れば明らかに☆!

 投稿者:斬り捨て御免!  投稿日:2018年 7月14日(土)09時04分6秒
  世間世法はゴマかせても・・・?

仏法~《因果律》からは逃れられず!

https://6027.teacup.com/situation/bbs/77529

敵の攻撃に合わせて勝つのが武術・剣技の極意!

相手の攻撃を知り返し技でやっつけるが上等~
その前に敵に手の内☆呼吸は見せぬ!
敵動かざれば我動かず!
でも準備は万全に!!
 

実名告発 創価学会

 投稿者:SaySaySay  投稿日:2018年 7月14日(土)08時55分26秒
  元職員3名のブログが更新されています。
『●102 「7・15(日)九州・福岡座談会」式次第発表!』
http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/blog-entry-196.html
『証人尋問に向けた思いを語る 「実名告発」元創価学会員3人の思い』
http://www.labornetjp.org/news/2018/1531307954517yumo
https://www.youtube.com/watch?v=t0xbFjOhVJQ&feature=youtu.be

〈〈【告知】7・15九州方面・福岡座談会開催のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉
■ 日時 平成30年7月15日(日)13:00から16:00
■ 場所 はかた近代ビル貸会議室 104会議室
 (福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル 1F)

暑さピークです。皆さん、注意して下さい。

『実名告発 創価学会』(野口裕介・滝川 清志・小平 秀一) アマゾン「ベストセラー」で絶賛発売中!!!
http://amzn.to/2fxRlFX
 

本日の政教珍聞で~す、原田怪鳥様、九州総会での能天気な御指導、誠にご苦労様で~す(笑)

 投稿者:カンピース  投稿日:2018年 7月14日(土)08時49分34秒
  おはようございます。原田怪鳥様、豪雨の中、本部幹部会を強行する愚行ダケでも能天気なのに、さらに空気を読めない御指導、誠にご苦労様で~す(笑)

>「世界広布新時代第36回本部幹部会」ならびに「九州総会」の開催、誠におめでとうございます。<
(政教珍聞7月14日4面より抜粋)

あのねぇ~原田怪鳥様、金曜から続く豪雨で、九州全域に大雨警戒警報が流れ、あちこちで河川氾濫や道路冠水が発生し、

高速道路はあちこちで通行止め、一般道路はどこもかしこも大渋滞の中、普段10分20分の道のりを何時間もかけて集められた方々にとっては、

「誠におめでとうございます」どころの騒ぎじゃあありましぇ~ん(呆)

行きも大渋滞、帰りも大渋滞、下手をすれば事故の可能性も充分にありうる状況では、「誠におめでたくない」コトを知ってくださぁ~い(大爆)


>初めに、西日本を中心とする豪雨に際して、被災された皆さまに衷心よりお見舞いを申し上げます。<
(政教珍聞7月14日4面より抜粋)

あのねぇ~原田怪鳥様、「被災された」という過去形じゃなく、「被災されている」という現在進行形であるコトを忘れてはなりましぇ~ん(笑)

まあ原田怪鳥様にとっては、厳重警備の送迎で雨に濡れる心配も、水・食料に困る心配もございませんので、空気を読めない発言も無理ない所デスが、

一般会員の方々は、たとえ無事に帰宅するコトができても、「月曜からの仕事は?」「ライフラインの確保は?」「友人・知人の状況は?」

「自宅は大丈夫か?」と、様々な不安に満ち溢れた状況で参加されたワケなのでぇ~す(呆)

そんな中で、「被災状況の把握に全力を挙げております」なんて、そんなだったら、本幹なんて開催するなよぉ~、っていうのが本音でぇ~す(大爆)

いかに原田怪鳥様の御発言が、被災された、また今後被災する可能性があるであろう方々に、

いかに空気が読めていない発言と受け取られるかを知ってくださぁ~い(大爆)


また、そんな大変な中で、九州長様の「やれ何世帯増デスッ!」「九州は勝ちマスたっ!」なんて言われても、全然歓喜はありましぇ~ん(大爆)

その場に居合わせたほとんどの方が、「この状況のどこが勝ったんだ?」って思われたんじゃないんデスかぁ~(笑)


また、現行棒読みしか出来ない原田怪鳥様は、ナニも感じなかったかもしれませんが、ナニやら? 共同声明を引用されての御発言でぇ~す(笑)

>エスキベルと池田大作は、現代および未来の社会のため、・・・云々<

小生の拙い記憶では、池田先生は決して自分の師匠のコトを公式の場で「戸田城聖」などと呼び捨てしたコトは無いと思いまぁ~す(笑)

「敬愛する我が師匠、戸田城聖」とか「師匠である戸田城聖」という言い回しをされていたと思いまぁ~す(笑)

ですから、一応「じ・き・で・し」である原田怪鳥様は、原稿通りに読まれずに、ここは「池田先生」と呼ぶべきではないデスかぁ~(笑)

原田怪鳥様に「師匠」がナイから、また原稿作成される方に「師匠」がナイから声明として棒読みするしかなかったんデスかねぇ~(大爆)

外部の有識者が声明や著作で、「池田大作」と呼ぶのはまあ当然でしょうが、ここは内部の会合で、学会員しかいないわけデスので、

「池田大作名誉会長」「池田SGI会長」または「池田先生」が正しいと思いまぁ~す(大爆)

それとも原田怪鳥様にとっては、「池田先生」でも「池田名誉会長」でも「池田SGI会長」でもなく、

単なる「池田大作」になっちゃったから、こんな物言いになるんデスかぁ~(大爆)


まあ蛇足になりマスが、1面に原田怪鳥様が国連難民高等弁務官事務所に支援金を送られた模様が報道されてまぁ~す(笑)

別にそのコト自体は否定しませんが、そんなヒマがあったら、九州・西日本ででの被災地に義援金を送って頂きマスように、

また、物資の支援をして頂きマスように、期待しないで待ってまぁ~す(大爆)






 

疑問のその2

 投稿者:たけし  投稿日:2018年 7月14日(土)08時27分37秒
  壮年部にもなっても警備に着くのは勘弁してもらいたいですね。本業の宗教活動がおろそかになります。警備員を雇って外部委託にしてほしいもんです。金うじゃうじゃあるんだから。  

新人間革命はじめに

 投稿者:コンペー  投稿日:2018年 7月14日(土)07時44分2秒
  今日の聖教の4面に「新人間革命 はじめに」を引用されています。引用するならつぎの部分がさらに大事だと思います。先生はその執筆のご決意をこう綴られました。

力の限り書きつづってゆく決意である。正も邪も、善も悪も、勝者も敗者も、厳しく映し出しながら―。

この最後の一文。
当時、これを目にした時に衝撃が走った。

「先生は、いよいよ昭和54年を明らかにされるんだ!」と直感した。

「昭和54年の裏切者を暴き出す!」との先生の大宣言だった。

この先生の「まえがき」からしても「大山の章」の記述はあり得ないことだ!
 

わが友に贈る 2018年7月14日

 投稿者:どうみょうてん  投稿日:2018年 7月14日(土)07時20分47秒
  信仰とは不屈の力だ。
いかなる苦難も
必ず乗り越えられる。
今いる場所で
断じて栄光の旗を!
 

疑問のその2

 投稿者:谷川二等兵  投稿日:2018年 7月14日(土)06時28分12秒
  その前に団魂ジュニアさんおはようございます。昨日はご返答有難うございます。
私の積年の疑問を解く主旨を理解頂いたと思います。
今後とも宜しくお願いします。
疑問その2です
職員の存在意義
この件はごく限られたところの部分なのでご承知下さい。
総圏平和会館の牙城会員を15年やりました。創価班の面接を受けましたが到底着任時間にはつけません、仕事柄ヘルメットをかぶるから73カットは出来ないので牙城会に回してもらいました。
牙城会員なら誰でも苦しい定時着任です。
先輩の中には昔の慣例から仕事を早退して迄着任していましたよね。学会活動第一で無理を通していたんです。
しかし外現場の遠方で仕事を持つ人にとれば無理な話です。
私もそうでした。変則勤務で外現場、場合により遠く宿泊も必要です。その場合は仲間に任務変更をして貰いましたが、上手くいかずトラブルも有りました。
又会員により職場を定時退勤出来ても、なんと片道30kmを必死になって飛んでくる人もいました。
各自着任が定時不可となれば携帯の無い時代では、公衆電話で会館職員に連絡を入れます。
かつてはしっかりしていた職員も確かにいたので、着任まで代務してくれた人がいました。また管理人さんがいる平和会館などでは管理人さんが対応してくれていたので、お互いに助かったものです。
しかし時は流れ、着任遅延の一報を入れてすっ飛んで来ても職員はもう定時で退勤済み。
オイオイこっちの苦労も考えろよなと一言言いたかった。
いや実際苦言を直接呈したり、牙城会会合で進言したり改善要求しても無理でした。会館は牙城会が守るの精神主義的スローガンより現実を見よと何度口すっぱく言ったか。
職員も役職があれば退勤以降の会合参加もよく分かります。
学会も日本の国同様、曖昧模糊の部分が解決出来ないままです。今ではやり手がいないから王城会を結成して対応している。
私は拒否しました。当然不規則の仕事で着任が無理。また家庭環境を破戒してまでやる事はないと判断したからです。各位いかがでしょうか。創価班員の諸氏も同様だと思うのですが。
 

冷血

 投稿者:ひかり  投稿日:2018年 7月14日(土)05時49分3秒
  ハーバー・ビジネス・オンライン on Twitter: "豪雨災害対応よりカジノ法案を ...



https://twitter.com/hboljp/status/1017563813627998209



どうですか、皆さん。

私ね、あまりに無慈悲な態度で、唖然としています。


その上、こういう人物を国会に送り出した支援者として、間接的に責任があると思いませんか、

学会にも。


この人が大臣就任早々「沖縄」に官僚主義の強行をしたときは、「立場」という言葉が「大衆政

党にあるまじき本質」を隠したかもしれません。

「立場」を理解するのは民主主義でもなんでもないのに、「身内びいき」があったのです。

今思えば、「沖縄」での官僚主義的な強行から受けた「違和感」は、「冷血」に対してでした。



そして、今回の、大災害への対応に、ずっと「切れ目なく」つながっているのです。


 

すみません、バッテリー放電で。

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月14日(土)04時51分3秒
  水に流して、溶けて流れるりゃ皆同じ
この島国根性が無くならない限り根性は治りません。
自分は常に忘れるなと自分に言い続けています。

下記の件は直接は関係ありませんが、インターネットで検索すれば出ます。後進帝国主義日本の縮図です。これは極一例です。今の日本の基礎になっていることを各位忘れないで下さい。
当地の隣の県に信濃川の支流、中津川と言う川があります。現在では東京電力の水力発電所が数カ所あり、かつては群馬県経由東京都へ電力を送電しています。
その発電所工事で多くの朝鮮人労働者がなぶり殺され、信濃川下流まで遺体が流れて来た大事件がありました。今でも現地に行けば古老の人達に語り継がれる悲しい話です。
その請負土木会社は大倉組と言います。そう現在の大成建設、創価の建築物、もう関係ない(あの建立基金は親父お袋達、当時の学会員の血と汗の決勝だ)大石寺正本堂を建設した巨大建設会社。ペランペラン聖教新聞の広告主。

二つ目の会社がそのグループ企業。自分が創価学会員だと知り、創価を辞めろと面と向かって恫喝された覚えがあります。元バリバリの男子部員だった人は奥さんの尻に惹かれ未活動家となり俺がピンチの時も黙っていた。いや追い出した。
済みません変な方向へ行ってしまいました。悪しからず。
 

Qさんへ、

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月14日(土)04時14分28秒
  学校の同級生にも在日韓国人3世の友人、社会人となってから学会男子部の先輩友人、3社目の会社の今は亡き会長さんも在日韓国朝鮮2世から4世の方です。
自分のオヤジは未活動家ですが、中学校の友人に総連の地方幹部の方がいますし、お袋さんの母つまり祖母は1923年の関東大震災をわずか13歳で経験、朝鮮人虐殺を港区芝浦で見てしまいました。
お袋に祖母があまりにも朝鮮の人達ゃむごい殺され方して辛かったと語っておったそうです。
お袋の越後の実家には一時、朝鮮の一家族が間借りしていたそうです。
そのようなこともあり両親から差別用語は一切受けておりません。言えば多分ぶん殴られていた事でしょう。
2001年には中国は吉林省延辺朝鮮族自治区の都市、延吉そして朝鮮民族の聖なる山と言われる白頭山、中国側満州族の聖なる山、長白山この同じ巨大カルデラ火山湖を見る事が出来ました。
黒龍江省哈爾賓でも各諸民族の皆さんにお世話になりました。その際旧731部隊の史跡も見ています。
一人両手を合わせて犠牲者に向かい三編の題目を送りました。

話が二転して済みません。我が奥さんと結婚した際、中国の実家に滞在した際、今はなき義父に旧日本軍の駐屯司令部の跡を教えてくれました。
我が奥さんは日本語一級を保持していますが、両親は喋れません。その中でも知っている日本語があるよと言うのでどんな言葉ですかと訪ねたら、バカヤローです。
旧日本軍の兵士が現地の中国人に向かって常に吐いた言葉です。
自分も哈爾賓の市場で小日本鬼子と吐かれたかも知れない経験があります。

断片的で分かり難い話ですみません。かつての統一ドイツ初代リヒャルトバイツゼッカー大統領が過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる
ドイツでも特に旧東独でのネオナチが台頭、ここ最近の映画帰ってきたヒトラーを見て寒気がしたのは私だけじゃないと思います。
我々日本人がそうだ。人の噂も75日、
 

御義口伝講義下 第三我実成仏已来無量無辺等の事のひらがな化を投稿します。

 投稿者:赤胴鈴之助  投稿日:2018年 7月14日(土)03時05分58秒
  御義口伝講義下
第三我実成仏已来無量無辺等の事のひらがな化を投稿します。


まとめ

「我実成仏已来無量無辺」の文は、一往は、インドの応誕の釈尊の久遠実成道をあらわす文
である。
日蓮大聖人は、この経文をもって、文上の釈尊の境地を述べようとは、毛頭されていない。
この経文を用いて、御自身の久遠元初の成道を説かれるのである。

・・・・・・・・・・中略
法界の衆生について。

法とは、宇宙の森羅万象であり、界とは、そのそれぞれが厳然と他と区別され、独自性を貫
いていることである。
・・・・・・・・・・中略
次に衆生とは、十界を意味する。衆生とは、広義には法界の衆生、すなわち、宇宙森羅万象
の十界である。狭義には、有情界、さらには人間社会をも意味する。


成は開く義なり。

成仏の成とは、仏に成るということに本義があるのではない。自身の生命にある仏界を開い
ていくというのが真意なのである。
・・・・・・・・・・中略
信心こそ、一切の福運を開き、わが生命を開いて、宇宙の至宝を顕現していく、唯一の力で
あると確信すべきである。


仏とは此れを覚知するを云うなり。

仏とは、わが身が無作三身の当体であることを覚知することをいうのである。
仏と衆生とは、その本質において、法理の上において、なんら変わりない。
ただ、覚知しがたいのが差異があるのみである。
・・・・・・・・・・中略
覚知るとは、生命それ自体の感得の問題である。
すなわち、生命それ自体が仏界を感ずることをいうのである。


已とは過去なり来とは未来なり已来の言の中に現在は有るなり。

過去・未来を離れて現在はないとの仰せである。
逆にいえば、現在という瞬間に、過去と未来が包含されているのである。
過去も未来も、実在ではなく、ただ現在の瞬間のみ真実の実在であることは明白である。
だが、この瞬間と思った刹那は、ただちに過去となり、未来の瞬間もまた、現在となり、た
だちに過去へと移る。


迹表本裏と本面迹裏。

天台の仏法は、迹表本裏であり、日蓮大聖人の仏法は、本面迹裏である。
・・・・・・・・・・中略
これに対し、日蓮大聖人は、本門を表とし、迹門を裏として、法門を立てられたのである。
しかも、この本門とは独一本門であり、迹門は文上の本迹共に迹となるのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の講義から結論すれば、釈迦を本尊として拝することは、邪道であることは歴然とする。

 

中等部総会メッセージ

 投稿者:広布第二章の指針  投稿日:2018年 7月14日(土)01時35分12秒
  昭和52年8月5日
第8回中等部総会メッセージ

地道な努力で自己みがけ

未来を託すわが中等部の第8回総会、ほんとうにおめでとう。

残念ながら私は、東京で大切な来客があり、どうしても出席できませんが、きょうは、学会本部から皆さんの晴れ姿をじっと見守っております。

諸君にお願いしたいことは、すべて昨年の総会で発表した五項目の指針に尽くされています。この指針を、毎日少しずつでも実践し、かけがえのない中等部時代に、伸びのびと自己を鍛え、みがいていってください。

二十一世紀まで、あと二十四年。皆さんが正義の二字を貫き、広宣流布の松明をかならずや受け継いでくださることを信じております。そして、そのときまで私は、なによりも大切な学会を守り、道を開いていきます。

どうか、きょうからは新世紀をめざし、私が信頼し期待する牧野、小林両中等部長とともに、明るく朗らかに前進を開始してください。

お父さん、お母さんによろしく  ー

東京・創価大学体育館


--------------

この時の中学生は、既に五十代後半です。
壮年部の指導集にもある通りの生き方をしていますか?
恥じない生き方、役職が有ろうが無かろうが関係ありません。災害地へ赴く気はありませんか?災害ボランティアを支援するボランティアも一般の方たちが工夫して動いています。それは災害後の二次災害、過労、体調不良による死者が出ないようにするためです。社会に役立つ、被災者に寄り添う大義があるからです。
創価はどうなんでしょうか?公明党に任せておけばよい?行政が何とかする?東日本大震災の時は、そんなこと言っている暇も余裕もありませんでしたよ。
まだまだ続く被災地支援で、民としてできうる事、課題がたくさんあるのではないですか?
 

使い込み等

 投稿者:福幅亭中華北京  投稿日:2018年 7月14日(土)01時18分5秒
  初めて投稿するものです。
人づてに聞いたのですが、本部の新聞記者、編集者等20人近くが豪遊、風俗
などで何年かにわたり、我々の財務や新聞の売り上げのうち、1億円
以上ともいわれる金額をほぼすべての記者編集者で使い込みして、けん責処分
を受けたことがあるとのこと。

・本部の誰がやったのか、そいつらはどこの記事担当で、現場では幹部を
やっているのか
・使い込みした浄財につき、利息を付けてきちんと返金したのか
・本部はなぜ刑事告発をしないのか。

以上ご存知なかたはいらっしゃいますか?まさかとは思いましたが、処分も
受けているとのことです。
そんなことが許されるのか疑問です。自由が利かないからだで、血の小便
出しながら健常者以上に体を酷使して貯めたお金で財務しているのに、こんな
目に合うなんて悔しくて悔しくて。生活がしんどくても、聖教公明だって
ずっと多部数とってきてる。折々の記念日にある各県の広布基金もやってきた。
そのお金で豪遊するなんて許さない。謝罪と賠償返還させて、聖教は首、一切の役職を解任すべきだ。ご存知の方、ぜひ晒してください。奴らの作った新聞などもう読みたくもない。よろしくお願いいたします。
 

同盟題目

 投稿者:  投稿日:2018年 7月13日(金)23時51分32秒
  今晩は、皆様
ありがとうございました
池田先生、奥様、皆様のご家族が健康長寿であります様に
池田先生に面従腹背の会長、副会長が真面になります様に
おやすみなさい

 

同盟題目

 投稿者:信濃町の人びと  投稿日:2018年 7月13日(金)22時54分18秒
  23時から開始します。池田先生と奥様のご健康、ご長寿を祈りましょう。

豪雨被害に遭われた地域の皆様
明日も暑いようです。体調を崩さないようお気をつけください。
 

ツイッターからです。ネトウヨ地方議員湧き出るコンペー党、もうオリジナルの公明党は存在しない

 投稿者:ツイート人  投稿日:2018年 7月13日(金)20時18分31秒
編集済
  皆様お馴染みの辻大阪市議、そして今話題の荒木毛呂山町議。地方議員の中からネトウヨが何人も出ている事実をみれば山口なつお代表が公明党は与党のアクセルだのハンドルだのと吹聴していることが裏表無き本音だということがよく分かりますね。もはやオリジナル公明党はどこにも存在しないのです。  

Qさん再度、宜しく願います。

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月13日(金)20時03分45秒
  当件において一眼の亀さんがこの一節を触れてくれなければ多分、皆さんや甲信越に住む自分にとり永久に分からないことでありました。
是非一眼の亀さんには恨みを抱かないで頂きたいし、このことでもし北鮮と言うのが差別用語ならば、貴殿が言われ通り創価会員にもそうゆう者もいたと言うのが分かりました。宿坊の掲示板は問題ない。また投稿される各位は創価だけじゃなく、日本アジア、世界にもめを向ける改革者の集いと自分は解釈、ご理解頂ければ幸いであります。
時に登場される執行部へガス噴出、元学会員さんの奥さんも中国の方の様子。自分もそうです、中国好きが孝を奏して奥さんを貰い十数年です。
ですから結婚当時幹部の言う釈伏は拒否しました。信仰は個人の自由です。中国籍故もあるし日帝の宗教に帰依し漢奸(国賊の意味)と捉えれれば故国でどの様なとがめを受けるか心配でした。
奥さんは日中戦争の激戦地山西省出身です。日本軍が初めて敗れた平型関の戦い、河北省石家荘~山西省太原を結ぶ石太線を交通線破壊のゲリラ戦で北支那派遣軍に打撃を与えた。
義母方の祖父は中国人民解放軍の前身、国民革命軍第八路軍の兵士で、河北省保定市付近の激戦で負傷、カナダ人医師ノーマン、べチューン先生の治療にて一命を取り留めた元軍人です。

若い人はどうか?かつて朝鮮人はチョン公、中国人はチャンコロ、ロシア人は露助、アメリカ人はアメ公と自分のこどもの頃まで差別用語は残りました。
済みません、また後ほど
 

難こそ誉れ?

 投稿者:コンペー  投稿日:2018年 7月13日(金)18時56分51秒
編集済
  「先生が、週刊誌で叩かれたように私もネットで叩かれている」なんて思っていたら笑えます。ぜんぜん違いますから。  

ツイッターからです。母さん、会長に愛人はいませんって何のことだ?(爆)

 投稿者:ツイート人  投稿日:2018年 7月13日(金)18時49分45秒
  夫「母さん、この前に来た幹部が『会長に愛人はいません!独身デス!長谷川さんも一人で住んでマス!』って叫んでたが、何のことだ?」

妻「丸暗記した査問マニュアルよ、あなた」

夫「査問か、わしは査問よりサーモンが好きだな、ワッハッハ…」

妻「SNSで画像会が拡散済みよ、あなた」

夫「…」
 

Qさん、今晩は

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月13日(金)18時41分26秒
  お世話になります。目を背けるな、と自分に言い聞かせています。
これが創価のみならず過去世日本や海外との繋がり、執行部と会員格差の実情をさらけ出す突破口になればと思います。隠してはいけません。絶対に隠しちゃなりません。後世の子孫のために。
 

人材育成について

 投稿者:広布第二章の指針  投稿日:2018年 7月13日(金)18時22分39秒
  昭和52年5月28日  熊本創価学会結成19周年記念勤行会

熊本創価学会も晴れやかに広布第二章の段階を迎えたことは、まことに慶賀にたえない。皆さん方はどうか、この新たな"時"の到来を深く自覚していただきたい。
「月月日日につより給へ」(1190)との御金言どおりの実践のうえからも、また時代展開のうえからも、われわれは一つひとつの節を大切にするいき方を忘れてはならない。
次の飛躍は、その節を大切にする姿勢から始まるからだ。

この意味からも、柳田県長を中心に、ともどもに仲良く、信心の歓喜に満ちみちて新章節のスタートを飾っていかれるよう念願している。

かつて豊臣秀吉と明智光秀の生き方を描いた短編の歴史小説を読んだことがある。この物語は、いかに力があり、頭脳明晰であっても、福運のない人生は、結果的に不幸であることを結論づけたものであった。

これに対して、われわれ信仰者の生き方は、まことに恵まれた福運の人生を歩んでいることが、よくおわかりであろう。われわれの人生の根本である「御本尊」は「功徳聚とも名くるなり」(1244)とあるとおり、宇宙大の功徳の聚りなのである。
大事なことは「此の御本尊も只信心の二字にをさまれり。以信得入とは是なり」(1244)で、わが生命を功徳聚の田園とするかどうかは、ひとえに強盛な信心にあるという点である。


学会活動の根本はどこにあるか。一言で申し上げるならば、信心の歓喜と福運を増すこと   ー  ここにあるといえよう。

したがって皆さん方は、同じ学会活動に参加するにしても、けっして義務的ではなく、自分自身の福運を増す運動を展開しているのだ  ー  との喜び勇んだ姿勢であっていただきたい。守られる側より守る側に立ち、つねにこの積極的な姿勢のなかに、信心の歓喜と福運をわが生命に実感できる仏道修行であるよう、心から期待している。


御本尊を根本として一生成仏という確たる人間革命の人生を生きるわれらは、いかに苦悩の現実に直面したとしても、その現実をけっして悲観的にみるのではなく、かならずよくなっていくための善知識であるととらえ、福運の人生への飛躍の発条としていきたい。依正不二の原理で、その強靭な一念の姿勢が、自分の人生をよりよい方向へと転じていくのである。

喜び勇んで題目を唱え、仕事に対しても、家庭の建設にも、また人と接していくうえにおいても、信心の喜びにつつまれながら堅実な実りをあげていってほしい。こうした生き方であってこそ、だれからも尊敬され、慕われるのであり、諸天もかならず加護することを深く銘記されたい。



第二章に入った熊本創価学会にとってもっとも重要なことは、人材の育成であると申し上げておきたい。

人材とは、しぜんにできるものではない。育成しようという真剣な先輩幹部の誠意の行動によってのみ、人材たる者の使命の自覚がつちかわれていくのである。また、このようにして自らの使命を自覚した一人ひとりの力を、身近なところで発揮させてあげようとする配慮も大切である。
こうした真剣と誠実、こまやかな配慮のもとで、陸続と人材が輩出されていくのである。この意味からも、今後は"人材の熊本"を合言葉とし、幹部自らが人材となろう、人材をつくろうとの強い祈りをもって、実践を持続されるよう期待してやまない。
(以下略)


---------------------


災害ボランティアの仕組み、役割について考察されている方は投稿ください。自然災害で困っている方を何とか支援したい、これは当たり前の感情です。
既に中高年となり、年金暮らしで時間の有る方、労力を惜しまない方なら、仕組み作りに参画して、これから何度も起こる自然災害に迅速対応出来る組織をお願いします。
先般の投稿で紹介した「気候大異変」(上・下)NHKアーカイブからも視聴出来ます。ご参考ください。ロバート・ワトソン氏が司会者で話を進めていきますが、50年後、100年後起こるであろう気象災害が、もう始まっている。特に下巻で、熱帯シマカの感染、降雨量が多くなる九州、四国、中国地方、降雨が減少する関東、東北地方、集中豪雨は、日本各地で頻発する。2008年に地球シュミレーターで解析した通りの現実が、数十年早く訪れています。二酸化炭素の濃度が関係しているのか?今だに議論は有りますが、議論の余地無く災害は、何度も起こっている。
そして、毎日毎日発生している地震、創価はお花畑で大盛り上がり?の総会を開いている。このままで良いのか?公明党に任せておけばよいのか?どうしますか?
 

差別語使用は許されない

 投稿者:-Q-  投稿日:2018年 7月13日(金)17時29分6秒
  昭和30年代には朝鮮半島出身の学会員も多数いたはず。むろん今もなお。
特に関西は、いわゆる「在日」の方が多く暮らしていることはよく知られている。

『威風堂々の歌』は昭和30年に京都の地で生まれたとされる。
で、そこにつづられた「ホクセンナンガは邪宗の都」というフレーズ。
漢字で書けば「北川南河は~」であるのは言うまでもないこと。

「北鮮なんかは~」などという言い換えが存在するという話を「一眼の亀」殿の投稿で初めて知った。
どこの地方における逸話なのかは知らぬが、特Aレベルの差別語である「北鮮」なる言葉を、安易に掲示板に書き込むことは厳に慎まねばならない。

学会員の人権感覚の貧しさには啞然とするばかり。


https://6027.teacup.com/situation/bbs/86950

 

「人のために唱えた題目であっても、全部自分にかえってくる」

 投稿者:通行人  投稿日:2018年 7月13日(金)17時14分8秒
  アメリカ文化本部の友と、「教育」と「人生」を語る

2000年8月23、24日 長野研修道場
輝きの明日へ 66

抜粋して転載致します。  3/5

SGI会長:
末法の功徳は、「冥益」といいます。それは、雪が静かに積もるように、知らないうちに積もっていくのです。

釈迦仏法では、「顕益」でした。はっきりと、目に見える功徳です。釈迦在世の人々は、心もきれいで、善良な人が多く、功徳もすぐあらわれたのです。

しかし、末法は「冥益」が主です。日蓮仏法は「冥益」です。

どちらかというと「顕益」のほうが良いように思えるかもしれない。しかし、あまりすぐに功徳が出ると、安心したり、おごりが出て、本当の人生の、深く大きい生き方ができなくなる場合がある。

すべてが大宇宙の法則に則った仏法なのです。それを確信して、ただひたぶるに、題目を唱えていくことです。また、人のために唱えた題目であっても、全部自分にかえってくる。人のためにも、自分のためにもなる。両方に功徳が出る。そうやって何倍もの大きな功徳になっていくのです。

さらに言えば、日ごろの地道な「題目の貯金」は、人生の「大事なとき」に出てきます。

そして、人生の総仕上げのときには、「こんなにも常楽我浄の人生となった」「こんなにも素晴らしい境涯を開くことができた」と心から言える自分になっていく。経文に照らして、御書に照らして、そうなるに決まっている仏法なのです。

大聖人の仏法にかなった生き方。自らの人生。これは、牧口先生、戸田先生が示してくださった通りです。安心してください。何があってもお題目です。何があっても学会から離れないことです。

信心には、特別の方法や、特別の恰好はありません。ありのままの自分のなかに、永遠の宮殿ができるのです。

難しい言葉で言うと、「凡夫即極」。<凡夫と極果(仏界)とが一体であること>

凡夫である自分が、そのままの姿で、仏になっていく。あなたの、ありのままの姿のなかに、仏の生命が具わっているのです。それを「諸法実相の仏」という。その仏の境涯が、仏の力が、仏の福運が、わが身を飾っていくことを確信してください。
 

谷川二等兵さんへ

 投稿者:団塊ジュニア  投稿日:2018年 7月13日(金)17時05分51秒
編集済
  私、団塊の世代の子ども世代でございまして、40代でございます。
なので、二等兵さんの後輩になります。どうぞよろしくお願い致します。

三代会長の写真のことですが、朝晩感謝の念を込めて感謝の礼をしなさいと言われたそうですが、私はそういったことは初めて聞きました。



 

一眼の亀さん、有難うございます

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月13日(金)17時02分57秒
  良い時代ですね。威風堂々の歌も検索すれば直ぐ分かります。
若い自分歌詞の経緯も、1950年代後半、池田先生が作詞者に許可を得て一部改変したことも、歌詞も読んでいたはずなんですが失念していました。
京の都も北は洛北から南は鳥羽伏見までと言う意味なんでしょうね。
北せん南がの、せんとなんは山と河つまり北山南河でした。
北山が北鮮と解釈した人もいた訳ですね。

三代会長の御影の件もこれも各位様々の様子。
お仏壇の中扉の祈念事項は同じですね。其れと日顕宗打倒。
 

子路様へ

 投稿者:虹と創価家族  投稿日:2018年 7月13日(金)16時25分20秒
  >この板に出会い、先生の本を教えて頂くことが多く、たくさん購入しています<

素晴らしい!

今、池田先生の著作を読みこんでいる方は、原田会長と執行部の運営の問題点を見抜いてゆけます。
そして、本を読めば読むほど、池田先生に近づいて行ける。


思い出すのは査問の時です。

池田先生の指導を引用した時に、査問担当者の幹部がこのように言いました。
先生の指導が膨大で、虹の引用した指導など覚えていられないと。(趣意)


そして逆に、査問担当幹部が引用して出した指導が、和合僧関連の指導ばかりです。

その時、目前の査問担当幹部の背後にいる、中央幹部の姿が見えました。
そこが戦うべき★だと!(怒)


『学会を守る』という言葉を使う幹部の一念次第で、学会を守る意味合いも目的も違ってきます。

全体主義の幹部が『学会を守る』と言えば、権威主義が横行する冷たい創価学会になります。
逆に人間主義の幹部が『学会を守る』と言えば、会員一人ひとりが幸福に満たされる温かい創価学会になるのです。

ゆえに、徹底して池田先生の本を読みこみ、その本を片手に権威主義の幹部と対峙してまいりたいと思います。

腐った幹部と議員を諫め、組織から叩き出してこそ『学会を守れる』のです。
共闘あるのみですね!!

 

 投稿者:子路  投稿日:2018年 7月13日(金)15時11分7秒
  この板に出会い、どれだけ先生の本を購入しただろうか

ここ数年は、本の購入はほとんどしなかった
たまに「義理」で買っても、読む気がしなく積ん読でした

しかし、この板に出会い、先生の本を教えて頂くことが多く、たくさん購入しています

本部は、この板を「目の敵」にしているそうですが
そんな閲覧者、たくさんいると思います

本部は「目の敵」にするのではなく、先生のご指導をしっかり読んで、納得できる「正論」を堂々と論じて欲しい

宗教家として、最大の努力をしないで、
権威権力を使い、査問、解任、除名しているのは、「城者として、城を破る」行為ではないか?と思う

そんな行為は、すぐに現場にも波動する
上位者が、自分の指示に従わないと「報告する」
そんな組織になる危険性がある

「人を救う為」の組織が
「人を告発する」組織と変貌する危険がある

そんな行為を「学会を守る」と言う言葉で
「正当化」しようとするのは、あまりに無理があり、時代遅れではないか?

様々な意見を同じテーブルについて、語り合う
これが先生が考えられていた「合議制」ではないだろうか?

「創価学会は、平氏ではなく、永遠に源氏でいく」
と先生は言われました

今の本部、党は「戦い」を忘れて
「お化粧」する「平氏」のようになっているのではないか?と危惧しています

 

続編 投稿者:谷川二等兵入ります。様

 投稿者:一眼の亀  投稿日:2018年 7月13日(金)14時27分1秒
  聖教グラフの新年号には毎年池田先生と当時の猊下の写真がそれぞれ1ページで掲載されてましたが
それらを掲げていたお宅はあまりみかけませんでした。気がつかなかっただけかも知れませんが。

ご本尊周りには仏具以外は置かないようにしてました。もっとも選挙の時期には
お仏壇の中扉に必勝「地方区・○○義一郎」全国区「○○秀彦」なんて札を貼ってましたが
 

続編 投稿者:谷川二等兵入ります。様

 投稿者:一眼の亀  投稿日:2018年 7月13日(金)13時55分33秒
  「威風堂々の歌」の一節

北せん南がは邪宗の都・・・・・・・・ですが
随分前(昭和30年代)ですが
「北鮮なんかは邪宗の都」と歌って様な記憶があるのですがいかがでしょうか?
この歌詞は当時の拠点で書かれていたモノで書き間違いかも知れませんが

時代に合わせて今の
「北せん南がは邪宗の都、」と歌詞を変えたのかと思いましたが。
 

見込みない人々さん、どうも

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月13日(金)13時52分42秒
  早速のご返答有難うございます。そうですか。
貴殿のお宅ではお母さんが聖教グラフの切り抜きを、仏間に掲げておられましたか。
我が家は矢張り聖教グラフの三代会長先生(いや~懐かしい役職名)の写真を切り抜き、額縁に入れて仏間に掲げていました。
拝礼に当たるのか確かにしていた。今じゃ取り除いています。
地方により地域により、幹部の信心指導の誤差が生じていたのかも知れませんね。
 

続編

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月13日(金)13時40分26秒
  第二です。紅の歌、威風堂々の歌は歌いたくない。
理由は威風堂々の歌の場合、京都を舞台に、北せん南がは邪宗の都そして正法かざし云々。
甲信越の田舎からお上りさん修学旅行中学生が奈良京都の寺院見学拝観。奈良の興福寺では坊さんがみなさ~ん眼を瞑って下さ~い。般若心経の読経開始。眼を開けて背筋真っ直ぐ、坊さんの顔を直視、恩師は困った顔していたな~。今や五十歳、思えば無知の意地っ張り。内心は寺院み興味あったのに、北せん南がは邪宗の都、トラウマです。
常識で行けば流石に京都駅前じゃ歌えません。例えばロックヘビメタにアレンジしても無理。京都奈良の会員さんは会合で歌っいるんでしょうか?
かつて同中で友人に見学のお誘いをして感想を聞いたところ、あの歌はどうも俺にはな~。創価万歳も何でするんぞ。
何とか正常に公明党が動いていた?時までは彼も何だかんだ応援してくれていました。
今じゃ自分が公明党や創価執行部に地下抵抗始めたから、彼は逆に心配してくれています。
 

お写真

 投稿者:見込みない人びと  投稿日:2018年 7月13日(金)13時20分14秒
  < さてそうか三代会長の御影を飾る、また朝晩感謝の念を込めて感謝の礼をしなさい

60年弱学会員ですが聞いたことない指導です。
自主的にやってる人はいたかも。
ウチな母が聖教グラフなどで気にいったお写真を仏間にかがげてはいましたが。
 

さっそく売り切れ御免!のインチキ詐欺メ~ルがw

 投稿者:斬り捨て御免!  投稿日:2018年 7月13日(金)13時07分39秒
  サイレントアピール直後にはこんな!?

だがしょせんムダなことだ(大爆)
レベル低すぎ工作(員)など
ガキの嫌がらせレベルだ!

https://6027.teacup.com/situation/bbs/86487


 

「一人」の“人格ある人間”!

 投稿者:螺髪  投稿日:2018年 7月13日(金)12時58分5秒
   「一人」の“人格ある人間”を創る――それがこれからの活動の「要」となるのでしょう。「内」も「外」もありません。焦点は「人間」です。言葉を変えれば「一人の人間における偉大な人間革命」です。「心は是れ身の主なり」(979㌻)ですから、「心」を創ることが「要」ということでしょう。草創期から、何も変わっていないのです。価値の基準の中身とか、そういういったものは二次、三次の問題です。“人格”がどうなのか、ということです。

 まったく逆説的ですが、「己心の法」というのは、「己心」と「宇宙」が“連なり”を持つということなのでしょう。「宇宙」の見方が、「己心」そのものだということです。「宇宙」へのアプローチが「己心」の出来事ということのほかに、「信」という深層から見るなら、実像的にも「己心」が「宇宙」の一部ということになりそうです。それが「人間」の真実であり、「如実知見」なのでしょう。「宇宙」を、「社会」や「家族」「会社」に読み替えても同じです。

 「法」というのは、人間にとってひとつの「基準」だといえます。捉え方や開き方によって如何様にもなります。「善」にも「悪」にもなるということです。「善」を基準とするのか、「悪」を基準とするのかの「基準」そのものであるのかも知れないのです。往々にしてその「基準」は時間経過を伴わなければ見ることができません。「人の心はわからない」ということです。だからこそ「善の基準である」ことを、使う側ははっきりと示す必要があります。

 三毒・四悪も、六道も、四聖も「十界本有」です。「仏」の「十界本有」と同じです。冥伏し、「他」が出ていないだけです。「生命」はすべて「妙法蓮華経」という言い方がいいようです。だが、その「三千」は「一念」を必ず縛ります。それが「三千即一念」です。批判ばかりの「心」に肯定は起こりません。「三千」に三毒・四悪が一杯で、その縛りを受けるからです。三毒・四悪、六道であっては、肯定は無理だということです。「法界三千を秘妙とは云うなり 秘とはきびしきなり三千羅列なり 是より外に不思議之無し」(御義口伝714㌻)と仰せです。

 人生は、「法性」が漲(みなぎ)る経過(プロセス)を楽しむものです。だから未完がいい、未達がいい。「生」と「死」のいずれに向うその経過の、「法性」が満杯の時が一番充実した「未完の完」の時です。「妙は死 法は生」の「生死の二法」が「生命」の根幹の「法」です。その中に、厳しき「因」と「果」の「因果律」と、同時に「調和」の「清浄の法」があります。「調和」はそれ事態が「清浄」です。

 「清浄」を求めるのは、「人間」の本然の所業です。きっと「生命」が「根本清浄」を基盤にして出来上がっているからでしょう。

 「(^^♪ 真綿色した シクラメンほど、清(す)がしいものはない 出会いの時の君のようです……♪♪」と唄った歌もあります(笑い)。

 「妙法」というのは、自身を“開放形”にすることのようです。「帰す」とともに「命(もとづ)く」“開放形”です。どんな人も、いつでも、その自由な理想に向かって、自由な行動ができる――これこそが万人平等の法華経の精神です。それが、蘇生、円満具足、開く(妙の三義)です。幾多の先人が感じた「自身を圧倒的に上回り、額ずき、ひれ伏し、追従しようとした『法』」はそこにあるのでしょう。それを一言で表現すれば「妙法蓮華経」ということになるでしょうか。万人が、各々の理想のように“開放形”にするためには、根源になるものが必要なのです。

 「広宣流布」も同じです。蔵の財というのではない、身の財というのでもない、また、ただ心の財を強要するというのでもない。万人の心を開くには、万人の共通目標というものが必要です。それを「言葉」として“開放形”に結ぶには、「広宣流布」というよりないのでしょう。具体的な目標はさまざまにあっていいのです。否、あるべきなのです。それを無理やり統一しようとしたり、強要しようとするから歪みが生まれます。「異体同心」への統一した言葉は「広宣流布」しかないのです。「広宣流布」という言葉以上に「一人」の目標を絞り込んではいけないということになります。

 善悪不二、邪正一如です。長所は、必ず短所を持つものです。この「宇宙」が巨大な「仏」だとするなら、「十界本有」で長所を持った短所の集まりが、この「宇宙」や「社会」の実相でもあるはずです。短所をあげつらい、違いを強調するだけの文明に決別し、そろそろ長所を褒め合い、同じものを共有する「智慧」を編み出すことに親身になる段階なのでしょう。


 

必死の妨害工作は知られたくない不都合から?

 投稿者:斬り捨て御免!  投稿日:2018年 7月13日(金)12時49分14秒
  突然のスマホ異常現象~

何としても投稿阻止せよ指令か(笑)

https://6027.teacup.com/situation/bbs/86438
 

必死の妨害工作は知られたくない不都合

 投稿者:斬り捨て御免!  投稿日:2018年 7月13日(金)12時41分37秒
   

団魂ジュニアさんへ

 投稿者:谷川二等兵入ります。  投稿日:2018年 7月13日(金)12時15分27秒
  今日は。先の当方の所見にご返答頂き有難うございました。
冒頭に書き込みました通り、当件は池田先生に対する不敬及び不可侵成らざる部分に、抵触の可能性があります。
悩みました。実際当掲示板に書き込むことの是非、その反応の過激さ、反逆者扱いのレッテルを貼られることへの恐怖、
また一昨日の早朝、貴殿とのやり取りで、対話第一の励ましを頂きましたし、団魂と言う投稿者名をお使いになるところから大先輩とお見受け致しましたので、是非ともご容赦頂けたら幸いであります。
学会二世の私当年五十歳となりました。1968年の生まれ、正に東大安田講堂占拠、日大闘争のあの時代に生を受け、物心つく辺りには日本赤軍の浅間山荘事件と榛名山での総括つまり彼らで言うところの粛清。
韓国は朴大統領暗殺未遂事件で夫人が犠牲になった。
中国では文化大革命末期の大混乱で周恩来国務院総理の死去、朱徳元帥の死去、唐山大地震、毛沢東国家主席の死去が縦次に起こり、四人幋の逮捕拘束、人民裁判、
国内では日本赤軍のテルアビブ空港の虐殺事件、よど号ハイジャック、東京丸の内三菱重工本社爆破事件、首都圏のゲバルト闘争、成田空港反対大闘争、
おぼろげな記憶もあり、鮮明な記憶も残っています。その世情の中に育ちました。

本題です。未来部員より男子部員となる過程の中でどうしても分からないことがあり、後になって仲間に聞いても納得出来る答えが出てこない、幹部に聞けば問答無用かちくわ耳であやふや。
考えれば草創期の古老に聞けばよかったのですが、戦争体験者の体験者はもう霊山浄土に言ってしまった。
だだ一人、恩人の一人であり、自分は黒部の太陽と尊敬している方がお元気なのですが、お尋ねするタイミングが合わない。そんな中からこの掲示板の存在を友人や知人より聞き、疑心暗鬼から書き込まさてもらった次第です。

先ずは第一、かつて会員宅には三代会長の御影の天額が飾っていた。今でもあるお宅もあるでしょう。古い家では昭和天皇皇后両陛下の御影も転学に飾っていた。
さてそうか三代会長の御影を飾る、また朝晩感謝の念を込めて感謝の礼をしなさい。
これは誰が何時から指示を与えて始めた事なのか。
先ずはこれまで、各位の見解を宜しくどうぞ。
 

レベル低すぎ

 投稿者:ミネルヴァの梟  投稿日:2018年 7月13日(金)11時59分33秒
  「創価学会を守れ」というのは、牧口、戸田、池田先生の創価学会を守るという事だ。

s.54.4.24に、その池田先生を辞任させ追い出した「空家・ダーハラ創価」を守る事ではない。当たり前のことだろう。
そんな事も分からないのか。名前は同じ創価でも、連続性はないのだ。むしろ逆の存在になっている。

軍国主義日本におもねる事なく戦争に反対し、入獄、獄死された牧口先生や、戸田先生のご精神を守れと言っているのだ!

安保法制に賛成し、更に憲法9条まで変えて、日本を戦争出来る国に変えようとしている「空家・ダーハラ創価」を守れと言っているのではない事ぐらい、普通の人なら誰でも分かることだ。

それさえ分からないのは、普段からずっと逆立ちして暮らしている「顚倒のバカタレ」ぐらいのものだ。
自分自身が逆立ちしているから、社会の出来事全てが、正反対にしか見えないのだ。
批判されて笑っているようでは、未来永劫ずっとそのままだろう。(笑)

牧口先生が捕まった時、当時の学会最高幹部は軍部を恐れ、全員牧口先生を裏切り退転したのだ。
今も同じだ。

保身の為、アベ政権を恐れ、安保法制に賛成し、憲法9条まで変えようとしている「現ダーハラ執行部・公明」はその時の退転幹部どもにソックリではないか!

宗教貴族としての地位を守るため、三代の師匠を裏切っているのだ。
間違っても牧口先生に似ているとは、誰も思わないだろう!

現在の「ダーハラ執行部」はその時の、退転幹部達の直系だ!
遠くは「五老僧」の直系だ!

そんな「ダーハラ創価」を守るから、この国の災厄が止まらないのだ。
もう現証が出ている段階なのだ。お前も今日は気をつけろ。

あの名曲「月の砂漠」の名を汚しやがって、とんでもないヤツだ!(怒)
作詞者、作曲者共に、今頃激怒しているに違いない。

HNは「盗っ人猛々しい」ぐらいが適当だ。何が「月の砂漠」だ。厚かましいにも程がある。

9割の学会員が残れば1割は退転して構わないなどとホザイて「査問・除名」し、御本仏は「大聖人」ではなく「釈尊」だなどと、勝手に教学を変えるような教団を、よくも「創価学会」だと認識出来るな。(呆)

それと、本人も言っているように、反論が遅すぎる。
今頃何を言っているのだ?もう忘れたぞ。前の投稿を探すのも面倒なので、読んでいないからな。
宿板の速度に全然ついて来れていないのだから、もう来るな。

1時間前に戦艦が居た場所に向けて、魚雷を撃つようなものだ。
今は、1時間前に居た場所にわざわざ戻って来て当たってやっているのだが、本当はこんな話に付き合って居られないのだ。


 

人生の座標から~

 投稿者:うーこメール  投稿日:2018年 7月13日(金)10時35分25秒
  女性は、偉大なる現実主義者である。現実に
敏感なのは、身近な家庭のこと、子育てのこと、家計のやりくりなど、ことに女性の双肩にかかってくるからであろう。時代の激動に苦しむのも女性であり、社会の激浪を日常的にかぶるのも女性に違いない。それだけに、正しいものを正しいと見定め、美しいもの美しいと直感していけるのは、女性の特質たる知慧である。こうした真の教養を備えた女性が21世紀の主役になったとき、平和と文化の新時代が訪れるのであろう。
 

本日の政教珍聞で~す、原田怪鳥様は被災地には行かれないんデスかぁ~(笑)

 投稿者:カンピース  投稿日:2018年 7月13日(金)09時50分48秒
  おはようございます。未だ西日本豪雨の被害が深刻で、復興もままならぬ現状ではありマスが、原田怪鳥様は被災地訪問されないんデスかぁ~(笑)

ナニやら? 言い訳のごとく2面に少ぉ~しだけ広島の現状が掲載されてマスが、被害は呉市、広島市安佐北区、東広島市、三原市、竹原市、

吉備郡真備町、さらには九州各地に被害が及んでいるんデスが、原田怪鳥様の御姿は全ぇ~ん然、見えマシぇ~ん(笑)

また、何度も指摘させて頂いてマスが、義援金はどうした、物資の支援はどうしたと具体的な災害対策はナニも報道されていましぇ~ん(笑)

ただ、「変毒為薬しましょうっ!」などという「コトバ」だけなのは寂しい限りでぇ~す(笑)

別に記事自体は否定しませんが、1面にワールドリポートを持ってくるその無神経さが、原田怪鳥様の御心を表しているんデスかねぇ~(笑)


ともあれ、災害対策本部本部長であられる原田怪鳥様の御姿が拝見できないのは、もしかして名前ダケの役職だからデスかぁ~(超大爆)

こんな有様では、「啓蒙デスッ!」なんて言われても、とても学会員ではない外部の方々に紹介できるモノではありましぇ~ん(笑)

かえって、創価学会の非常識を世間にアピールするようなモノじゃないんデスかぁ~(笑)


また、本日の「寸鉄」にも、ナニやら? 「戦いの中で最高峰の哲学を学び抜け」なんて能天気に仰られてマスが、

それはあくまで平時のハナシであって、例えば被災地での受験対象の方々に、ナニか対策されマスたかぁ~(笑)

そういったコトを考えるのが、災害対策本部本部長たる原田怪鳥様のお仕事だと思うのデスが、原田怪鳥様、いかがデスかぁ~(笑)


ともあれ、豪雨災害の真っ只中九州総会を強行される原田怪鳥様デスから、くれぐれも、ナニがあっても、たとえ「選挙」があろうとも、

諸行事が粛々と行われマスように、期待しないで待ってまぁ~す(大爆)



 

(無題)

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 7月13日(金)09時26分14秒
  https://6027.teacup.com/situation/bbs/86906

>奴隷とか召使いとか実験体(?)とか何の話してんの? 全く意味分からん。。<

「他化自在天」

>私なんかとは違ったタイプの「自意識過剰」の傾向があるんじゃない?<
最近は控えてらっしゃるけど、誰も聞いてないのに職場の人物評とかをここに書かれていた時期があって、<

別に「控えて」いるわけじゃないですよ?
機会がなかっただけですが。


>書かれた本人が目にしたら気ぃ悪するだろうなぁと余計な懸念を抱かせる習性は直したほうがいいかな、と思いました。<

あの、小作人さんへ苦情がけっこうあったように記憶してるんですけど。
申し訳ないけどそれはご自身そのものではないですか?


>同僚の方、全くの一般人でしょ? そうやって恣意的な定義づけで自他を区分しキャラ付けをする無遠慮は慎むべし。。<

と、またここでも「他化自在天」の生命が顔を覗かせておりますねf--;
御本尊を信じてない方から「信仰の手ほどき」を聞いてもどうしようもないんですが。
御本尊では提婆達多が「他化自在天」が象徴されておりますが、それは中央の「南無妙法蓮華経」に帰依してることを前提してるから諸天善神となっているんです。

南無妙法蓮華経に帰依してない状態の他化自在天の命では、提婆達多じゃないけど将来が見えてるようなものです。
しかも、会員さん方はほとんど誰も「守護」しようとしておられないのでは宿命となってしまうんじゃないでしょうか。

工作員が利用しようと目をつけるのはむしろ当然のことといえますf--;


>地獄界の生命とかさ、、、ガッカイ的な十界論の特殊な言語用法と、世間一般で流通する「地獄」概念とでは懸隔があるわけだから、
日常の言語感覚のレベルであらぬ誤解を招くこともあるし気をつけたほうがいいよ。<


申し訳ありませんが、貴殿のこういう指摘というのは、ご自身のコンプレックスから「やめてくれ」と要求してるようにしか読めないのですよ。
そんなに貴殿はご自身を評価できかねると自覚されておられるのでしょうか。

こういう場合、会員さんはよく言う話がありましたね。
ちょっと検索して出してみますか。

と、あれ?
試しにこの掲示板の過去ログを検索してみたら、複数回で指導が紹介されてたんですね。

https://6027.teacup.com/situation/bbs/48435
https://6027.teacup.com/situation/bbs/66303
https://6027.teacup.com/situation/bbs/69898
https://6027.teacup.com/situation/bbs/83903

上記URLのうち、最後のものから
▼▼▼
自らを信じよ!

卑下するなかれ!

卑下は仏法への違背だ。

胸中の仏界への冒涜だからだ。
▲▲▲

この部分が中心でしょうか。
(もっと長いものですが、それぞれソースを直接ご覧頂ければと思います)

僕のほうでこの部分を単刀直入にします。
▽▽▽
自ら(の御本尊=仏性・仏界)を信じよ!

(自分の胸中にちゃんとある仏界を)卑下するなかれ!

卑下は仏性・仏界への違背だ。

胸中の仏界への冒涜だからだ。
△△△

この部分の話は、これまで僕はいろんな会員さんから幾度も目にしてきております。
物事がうまくいかず、自分を責める人に対しての励ましでよく言われてたものですね。
御本尊様をそんなに評価できかねるのですか?

『叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず』
(御書一二六二)

大聖人様の咎でないものを池田先生のせいでもないのは道理です。
「御信心により候べし」とは他人の「御信心により候べし」でもない御文ですよね?
「功徳」は他人が与えるものではなく、自分で出すものなんですね。
つまりは、自分の意思で信仰するための「御信心」であって、やらせるための「御信心」ではない、ということです。


>でも普通の人との普通の会話がややもすれば困難なところがあるのは君だけじゃないよね。。

平素からの拙稿に「守護」も何も、ここを牛耳っているのがコーセン・キョーセンくずれの爺さんたちなのは周知の事実で、<

コーセンでもキョーセンでも胸中の仏界は等しく存在してるんじゃないの?
コーセンかキョーセンかどうかよりも、御本尊に一念がしっかり向いてる信仰者かどうか、ということのほうが遥かに重要に感じますが。


>しょせんは官僚体質、“あちら側”の発想の域を出るものじゃないのは自明の事。あらかじめ議論の方向性に箍を嵌めている。<

あの ・・・ 「議論」は『目的』のための「手段」であって、議論そのものが目的ではないと僕は認識してるんですが。


>批判はしつつもここの大概の人は創価学会という入れ物の存続を前提に物を語るから、入れ物自体には執着しない私に賛意を示さないのは当然でしょ。<

僕は過去に学会組織を前提にしない広宣流布の方向性でのコメントしてるんですけどね。
今から思えば「特殊」すぎてるものだし、あの「噂」が事実であれば、という前提で当時はコメントしたけどね。
あのタイミングでは会員さんは喜ぶどころか途方もない不安ばかりでしょうから、ひとつの例で出したけどね。


>多重ハンネや個人名を騙ったユニット集団とか、くせ者ぞろいのこの板でご機嫌取りをして何の足しになろうぞ?<

ここでもまた「他化自在天」の命が顔を出してるなまったくf--;
ここまでしっかり命に染み付いてるのでは現象で納得するしかない状態ですよ。
誰にもどうにもならないでしょうか。

ともかくも小作人さんには「ご機嫌取り」としか認識してないようでしたら、以後は小作人さんへのその「ご機嫌取り」はやめますね。
ちなみに僕は「ご機嫌取り」でこうしてコメントしてるのではないのですよ。


>ここにお邪魔するずっと前から断続的にだけど、54年の真相と深層については個別マンツーマン方式中心に“勉強会”も開いてきたし、
そういう仲間から見れば本板の物足りなさはその理由もよくよく承知したうえで、現場では並行して補足する議論も重ねていっている。<

あの ・・・  「勉強会」とはなんの「勉強会」なのでしょうか。
どうにも「信仰」とはほとんど関係のない、方法論だけの「議論」に伺えてしまうんですが。


>秋谷が~原田が~からもうちょい突っ込んだ話を、投稿は一切せずに宿坊ウォッチャーを続ける人が板の外で研鑽の足しになりそうな事を意識して書いてるだけ。<

これもですが。
「研鑽」とはなんの「研鑽」なのでしょうか。
どうにも「信仰」の研鑽ではなくて「方法論」の研鑽に伺えてしまうのですが。

 ----- -----

>それはそうと、三代目クジラ襲名ってどういう意味?
今のクジラ掲示板管理人って二代目なんですか?<

当掲示板にて、掲示板を追い出された方が、若干名ですがいましたよね。
最近は覗いてないから忘れてたけど、他にもいましたね。


>まぁ、あそこも何故かこちらと揃えるかのようにティーカップ掲示板。
開設当初から反板ともども本板との出来レース感が半端ないねぇ。。<

・・・ しばらく前から薄々感じてたけど、やはりもう片足つっこんでるじゃないですかf--;
「無明を切る利剣」はなんでしたか?


>過疎ってはいるけど本板と同じく目障りなバナー広告がないのはいいところ。
しかし一介の地区部長(自称)が広告なしであれだけ長期に亘って運営する
ということは、さぞ潤沢な資金源をキープ出来ているわけだよね…??<

へ?有料版って潤沢な資金がなければキープできないというわけでもないでしょうに。
このサーバーは別に「カネ持ちのみ」を対象にしたサーバーというわけでもないでしょうに。
一般向け掲示板でしょうから、正確な金額は覚えてないけど有料版でも一般向けの料金設定なんじゃないですか?(と僕は感じましたが)。

金額のことよりも、むしろお金うんぬんの「手間」ですね。
そういう「手間」をかけるだけの「メリット」を感じなければやらないことでしょうね。
(当掲示板でいえば、管理人さんの管理の「手間」はどれほどでしょうか。普通は無料の掲示板であってもこれだけの管理負担を有料版というのはやりたがらないでしょうに、ただただ管理人さんに感謝するばかりですm(_ _)m)


>君さ、何か色々と知ってるんじゃない?……ま、本板の主旨とは関係なく回答を要する事柄ではないけど。。<


実は ・・・・
とは残念ながらならないですね、あいにくと。
そもそも今はもう他を見てる時間さえなくなってるし。

まぁ虹さんにトドメを刺されたかなf^^;
ため息しか出ないねf--;

この際だから言ってしまうけどね。
「強要」しなければならないほどにしか御本尊を信じれてないのかf--;
と完全にガックリですよ。

会員が僕へどういう「言い様」をしてくるかなんて簡単に想像つくと感じるのですけどね。
会員さんの約9割以上が「強要」と「義務」でしか僕を信仰させようとしないですもん。
申し訳ないけど、僕の「学会員さんのイメージ」はそれでしっかり定着してる状態だから。
それを虹さんへ僕が『逆に返してた』だけ、といえばロコツな言い方になるけれど。
(虹さんは虹さんで、たぶん虹さんが聞いた他の会員さんからの僕への「苦情」をそのまま述べただけでしょうけどね)。

話したついでだけど。
こういう感じに「外部」と話すというのは、「名前すら知らない他の同志」がしでかした「失態」すらも「責任を持つことになる」んです。
その「アンチ」を生み出してきてるのは秋谷・原田ら4人組のこれまでの行状に最も原因あるのが明らかですが。
虹さんは外部への「広宣流布」をこれまでさんざん言ってきてるのだから、当然知ってるだろうと、ね。

とまぁ、こういう「表面上」のことはともかく、そろそろ僕自身は基本的に見守ったほうがよい、という「御本尊様」の御計らいと判断してるんです。
難しい話は僕はあまりわからないけど、それが「宇宙のリズム」に合致することになるんだろうなってね。
これまでの体験からの「直感」だけど、今ならちゃんと「なるようになる」と感じてるのもありますから。

ぶっちゃけ、今回の虹さんや小作人さんは僕にとって「キッカケ」ということでしかない、という結論です。
つまりは、虹さんや小作人さんとかということではなくて「御本尊様」が出した現象、ということですね。

だから御本尊様の御計らいに素直に従おうかな、というところです。

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

月の砂漠様へ 『学会を守る』ことについて

 投稿者:虹と創価家族  投稿日:2018年 7月13日(金)07時50分3秒
編集済
  おはようございます。
お気持ち深くお察しいたします。

池田先生が仰るように、民衆の城である創価学会への恩を感じ、創価学会を守ることが大切です。
具体的に学会を守るとは、『学会のお陰で偉くなりながら、学会の恩を忘れた幹部・議員を諫め、組織から叩き出す』ことです。

その一念を持ち、月の砂漠様は『学会を守れ』と叫ばれていると思います。
自分も同じ気持ちで声を上げ続けています。

しかし、悪との激戦の渦中にいらっしゃるかたは、『学会を守れ』という言葉に、過敏になっているのかもしれません。
そのお気持ちも十分わかります。
実際に、自分も過去に、そのような気持ちになった時がありますから・・・

いずれにしても、組織自体を守るのではなく、組織にいる会員一人ひとりの幸福を守ることが『学会を守る』という意味だと思います。
会員の幸福のために創価学会があるからです。

池田先生の指導には明確ですが、破邪顕正を具体的に『学会の大恩を踏みにじり、和合僧に弓を引く人間とは、徹底して戦え』と仰られています。
もちろん対象は『学会のおかげで社会的な地位を得ながら、傲慢になり、ついには反逆していった人間』です。
その人間とは、『最高幹部』と『公明党議員』を指していることは言うまでも御座いません。


もし、以下の指導を引用し破邪顕正を叫ぶなら、前提として『学会を守る』一念が大切ではないでしょうか。
もちろんそれが、腐った幹部・議員である『悪人』と戦うことは言うまでも御座いません。

確認のために原本を添えて投稿させて頂きます。
(聖教新聞のアンダーラインが、見苦しくて申し訳ございません)

~~~~~~~~

【2007年5月8日 埼玉池田研修道場での名誉会長のスピーチ(下)】

■悪を打ち破れ

 一、戸田先生は恩知らずに対しては、それはそれは厳しかった。こう指導しておられた。

 「ひたすら現在の世相を見るに、人の道たる知恩・報恩の者が、ごく稀である。ここに、社会の乱れが生ずるのである」

 「恩を報ぜぬということは人間の特権を放棄し、禽獣に同ずることである」

 そして先生は、学会の大恩を踏みにじり、和合僧に弓を引く人間とは、徹底して戦えと厳命されたのである。

 これまでも、学会のおかげで社会的な地位を得ながら、傲慢になり、ついには反逆していった人間がいた。

 ゲーテは述べている。
 「愚昧な、狭量の連中こそ、だれよりも威張りたがる」(生野幸吉訳「西東詩集」、『ゲーテ全集2』所収、潮出版社)

 愚かな人間に限って、すぐに威張り散らし、人を見下すものだ。こうした人間を絶対に許してはならない。

 イタリア・ルネサンスの大詩人アリオストは叙事詩で綴った。

 「ああ、哀れなるかな、邪悪な輩に長きに渡り、唆(そそのか)されて、苦しみに引きずり込まれる者たちよ」(脇功訳『狂えるオルランド(上)』名古屋大学出版会)

 悪は放置すれば増長する。皆、だまされてしまう。悪人と戦わなければ、学会が破墳されてしまうのだ。

 「破邪顕正」といっても、あくまで「破邪」が先である。まず悪と戦い、悪を打ち破るのだ。

 それでこそ「顕正」がある。悪を倒してこそ、初めて正義を明らかにし、宣揚することができるのである。

 「破邪」が根本であり、その次が「顕正」だ。この方程式を、深く胸に刻んでいただきたい。 戸田先生は、こうも言われていた。

 「忘恩反逆の提婆達多は、一切の悪人を集めても、釈尊の仏法には敵わないという証拠を残して、仏罰を受けて死んだ」

 日蓮大聖人の正統である創価学会に仇をなした、提婆のごとき輩が、哀れな末路をたどっていることは、皆様がご存じの通りだ。

 

二者択一的な短絡的思考こそ、師弟観のブレ

 投稿者:月の砂漠  投稿日:2018年 7月13日(金)07時46分37秒
  池田先生が、戸田先生の言われたとおりに、
学会を護られたことが、
戸田先生を裏切ることになったのか。

池田先生が言われるように、
学会を守ることが、
池田先生を裏切ることになるのか。

答えは否である。

二者択一的な短絡的思考こそ、
師弟観のブレである。
 

/1609