スレッド一覧

  1. ひらがなプロジェクト(260)
  2. アルベア論(975)
  3. 正義のあかし(57)
  4. 虚構の大石寺疑惑(3)
  5. 掲示板の注意事項(1)
  6. 2015年安保法制(977)
  7. アラシ行為記録(21)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:18760/92941 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「創価学会がそろり『安倍離れ』」と「選択」3月号  「原田会長に変化、谷川氏の後継白紙」

 投稿者:永石利昭  投稿日:2018年 3月 3日(土)17時03分5秒
  通報
  前回(2月25日)の「池田家の『反転攻勢』が原田会長を変えた!!(上)」の続編、(下)に入る前に、ホットの話題を月刊誌「選択」と「FACTA」の最新号から。

前回、「谷川氏が『切られた』」との速報を伝えたが、
http://6027.teacup.com/situation/bbs/80149
なんと、「選択」誌が3月1日発売の3月号で「谷川後継は白紙に」と報じたのだ。会合で30分にも及ぶ指導の間、ずっと腕組みをしていたという谷川氏――。鬱積するストレスの原因は、この次期会長白紙問題だったのだろう。

同誌の見開き2ページにもわたる学会関連記事の大見出しがふるっている。なんと、「創価学会がそろり『安倍離れ』」。

これも、前々回( 2月18日)の
「安倍政権(佐藤浩・菅ライン)と一線画そうとする原田会長」
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79882
と同じ見立てである。

やはり、原田会長は、安倍政権や谷川・佐藤ラインとは一線を画する方向へ舵を切ろうと変化したのである。

情報誌「選択」は、店頭販売されていないため、同誌のホームページからweb購読するか、所蔵する図書館等で読むしかない。ここでは、内容を要約して紹介しておく。

・「ポスト池田の本命は谷川」「谷川後継で決まりだな」との見立てが定着していた
・ところが今年1月、谷川氏が壮年部長という格下のポストに異動し、官邸と自民党は、「何が起きたんだ」としきりに探りを入れている。
・次期会長候補に浮上したのが、萩本直樹主任副会長だ。政界では谷川氏が有名だが、組織的には萩本氏の方が三歳年上、副会長昇進も四年早いエリートである。
・谷川氏らの世代に交代するまでのつなぎと見られていた原田氏が、巨大組織の舵を微調整し始めている。
・谷川路線の拠り所である「菅(官房長官)・佐藤(浩副会長)パイプ」は、創価学会が菅氏から一方的に利用される窓口に変質している。
・万事、自民党に迎合する「谷川・佐藤コンビ」は有害、太田前代表も頭痛の種。
・改憲は流れる展開、安倍三選不支持へ
(なお、紹介してない文中に「共に創価高校から(東大へ)」とあるが、萩本氏は長野高校卒なので間違い。指摘しておく)


もう一つのホットな話題は、岡部広報室長更迭事件に関するもの。

「選択」誌は先月号で、同事件を報じたものの、「自民党内の対立の余波を食らった」などと全く見当違いの見立てをしていたので、「長沢の『な』の字、金沢の『か』の字も出ていない」のは「画竜点睛を欠く」と指摘しておいた。
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79132

すると、今月号の「FACTA」誌が、「長沢の『な』の字」を取り上げたのだ。
https://twitter.com/kyatagarasu/status/968011082223599621

これも、内容を要約して紹介しておく。

・正木理事長更迭で天下を取ったも同然だった谷川・佐藤ら「主流派」ラインだったが、原田氏が権力継承に向け本性を現し、秘蔵っ子の萩本主任副会長を有力ポストの総東京長に起用。谷川氏は「一丁上がりのポスト」の壮年部長に。
・すかさず主流派が巻き返しに出て、原田・萩本ラインにつながる副会長の岡部広報室長が更迭。後任には、主流派と極めて近い長野神奈川支局長が抜擢された。
・更迭劇の背景は、長沢参院議員が女性スキャンダルで辞職した一件で、主流派の怒りが岡部氏に向かったためである。


以上のように、「選択」誌や「FACTA」誌などが当掲示板での議論を裏付けてくれることは、非常に心強いが、原田会長の変化が池田家の「反転攻勢」によるものであることまでは、さすがに思いが至ってないようである。

ここでは、ネット掲示板ならではの、さらに突っ込んだ議論(仮説)を展開していきたい。

なお、原田会長の変化は、あくまで「変化」であって「回心」ではない。「選択」誌が「三期十二年目に入った原田稔会長の深謀遠慮」「老獪な原田氏」と評し、「FACTA」誌が「権力継承へ向け本性を現した」と言うように、原田氏の奥底にあるのは、あくまで自身の立場や権力の維持・継承であり、何ら変化はない。ただ、権力維持のためには、「安倍(谷川・佐藤)離れ」をしたほうがいい、池田先生の言うことに従ったほうがいいと「現実的な判断」をしたというにすぎない。しかし、池田家の「反転攻勢」は、この判断より「さらに現実的」な、究極の(ある意味「理想的な」)選択を迫るものであり、そこまで行かないと、到底、回心したとはいえないであろう。

(つづく)

【これまでの関連投稿】

●岡部広報室長更迭事件その1
http://6027.teacup.com/situation/bbs/78988
信濃町に内紛勃発!! 岡部広報室長が更迭!
ささやかれる長沢女性問題リーク説

●岡部広報室長更迭事件その2
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79034
更迭された岡部広報室長の黒幕か!?
金沢主任副会長外す動き!

●岡部広報室長更迭事件その3
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79065
「大物大臣に近い学会幹部が左遷された」と今朝の文春砲!!
麻生・金沢ラインで、菅・佐藤浩ラインに対抗か!?

●画竜点睛を欠く「選択」の記事
長沢の「な」の字、金沢の「か」の字も出ず
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79132

●池田学会が築いたものを破壊し尽くす“佐藤(浩)津波”
余波で、平河町、沖縄も大迷惑
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79199

●岡部広報室長更迭事件その4
岡部氏の黒幕・金沢氏、原田会長の変化を忖度し大勝負か!?
浅見→正木→谷川→次は何一派?
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79307

●岡部広報室長更迭事件その5
きょうの聖教でコッソリ「金沢総東京総合長」と“発表”
岡部広報室長の後任に、神奈川から佐藤、谷川氏の超yesマン
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79674

●岡部広報室長更迭事件その6
安倍政権(佐藤浩・菅ライン)と一線画そうとする原田会長
民と天の声が届くか!?
http://6027.teacup.com/situation/bbs/79882

●岡部広報室長更迭事件その7
池田家の「反転攻勢」が原田会長を変えた!!(上)
去年の「4・24」に「第3代を中心にせよ」との寸鉄
速報! 谷川氏が「切られた」との情報が
http://6027.teacup.com/situation/bbs/80149
 
》記事一覧表示

新着順:18760/92941 《前のページ | 次のページ》
/92941