投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ひらがなプロジェクト(235)
  2. アルベア論(975)
  3. 虚構の大石寺疑惑(2)
  4. 正義のあかし(47)
  5. 掲示板の注意事項(1)
  6. 2015年安保法制(977)
  7. アラシ行為記録(21)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


弁護士同伴は可能?

 投稿者:左門豊作  投稿日:2018年 1月14日(日)21時15分1秒
  埼玉文化会館での予定されているいわゆる査問ですが、査問する側による「取調」表記には驚きました。
取り調べ
読み方:とりしらべ
別表記:取調べ、取調
物事の状況・状態を詳細に調査すること。特に刑事における調査・考証。

それにしても2月4日、非査問者が「出頭」される場合は弁護士同伴は可能なのでしょうか。
 

大ウソツキの公明党

 投稿者:プッツン2号  投稿日:2018年 1月14日(日)20時53分10秒
編集済
  2015年の時点では、「新基地建設に反対する県民の思いを最優先することが大切だ。
この立場はこれからも堅持し続ける」と揺るぎない決意を示していたくせに、
今回あっさり新基地反対派の稲嶺知事と沖縄の民衆をやすやすと裏切ったんですね!
自民党にすり寄り連立の甘く美味しい特権維持のために
一番苦しんだ沖縄の庶民を裏切ったコンペートー!
狂ってるとしか言いようがない!
立党の精神なんてもう過去の遺物なんだろう。

 

こんばんは。

 投稿者:幸せな人  投稿日:2018年 1月14日(日)20時50分33秒
  太ちゃん様、沖縄まとめ、ありがとうごさいます。

沖縄の友に伝えました。


彼いわく、「公明党の現状を教えてくれてありがとうごさいます。

  自分は沖縄人としてどこの党とか学会とかじゃなく
ただただ基地がなくなり平和で幸せな沖縄にしたいです」

と思いを語ってくれました。


mission様も沖縄の投稿ありがとうごさいます。もう一度伝えます。
 

Ucinaa ikusa(沖縄戦)が 未だに続く現実

 投稿者:mission  投稿日:2018年 1月14日(日)20時42分43秒
  太平洋戦争末期の「Ucinaa ikusa」(琉球語)でも沖縄は「日本本土の捨て石」にされ、それから73年もの長い月日が経った今でも、自公政権は沖縄島民に犠牲を課している。

戦争は軍隊と軍隊(軍人と軍人)が戦うもの…けれど、沖縄戦は武器を持たない10代前半の子供を含む住民達が、足りない軍人の代わりに戦場に立たされ、軍人より圧倒的に多くの命が奪われた。
そして、日本軍は住民を守らなかったどころか直接的な住民殺害があった事も忘れてはいけない!

21世紀に入っても尚、限られた国民だけ一方的に身代りとして「護持」される日本という国は、いったい何なのか!?
自公政権は本当に愚かで卑劣な議員の集まり!
歴代三代の会長が『平和』の為に「権力」と闘い続けてこられた歴史を学んだはずの“創価公明”は、もっと最低で極悪だ!

《希望対話》より
【私は、小説「人間革命」の冒頭を「どこで書き始めようか」と考えました。
考えた上で、沖縄に行って書き始めたのです。
沖縄ほど、戦争の悲惨を味わったところはないからです。
「日本の権力の魔性」の犠牲になってきたところはないからです。
「本土のため」に、沖縄を「盾にした」と言ってよい。
住民の、何と4人に1人が亡くなった。
話すだけでも、怒りの涙がこみあげてくる】

池田先生が、どれほど“沖縄戦”を重大に受け止められてたかが感じ取れる言葉であり、『沖縄しかない』という強い思いで、沖縄を「人間革命」起稿の地に選ばれたのだと思います。
“沖縄戦”の悲惨は、軍上層部の無謀で鬼畜の様な作戦に最大の責任がある。
現場も知らずして一方的な打ち出しを会員達に押し付ける創価公明や、ダーハラ達の言動と全く同じじゃないか!

池田先生は確か、これまで沖縄を17回訪問されていると思います。
初訪問は終戦から15年の1960年7月16日─日蓮大聖人が『立正安国論』上呈700年 その日を選ばれた。
第3代会長就任後、世界に打って出た第一歩が沖縄だったのです。
まだ米国の施政権下の沖縄は、渡航手続きに10日もかかる外国だった。
東洋広布を夢見た恩師戸田先生の“形見の懐中時計”を携えて、不眠不休の気迫の3日間。

【忘れ得ぬあの瞬間】には、17日─3年前、大阪事件で不当逮捕された名誉会長が出獄した日。沖縄支部の結成大会が、那覇市内で盛大に開かれた。
1万人以上の友が喜々として集った。その列は開会前、会場から600㍍離れた琉球政府の行政府ビル前まで連なった。
道ゆく人が「祖国復帰への決起大会ですか?」と尋ねるほどの熱気だった。
結成大会に続く祝賀の集いで、名誉会長は『黒田節』を舞った。
『心も軽やかに舞を舞うように、前進の指揮を頼みます。劇のごとく勝利の人生を共々に飾っていきましょう!』と。

18日─東京へ帰る日の午前、沖縄戦の激戦地であった南部戦跡を視察した。
名誉会長は強く言った。
『二度とこの悲劇を繰り返してはならない』
『皆さんの尊い犠牲は、絶対に無駄にしません。必ず沖縄を平和の楽土にしてみせます。ご安心ください』と力強く。

沖縄県民の皆様、名護市長選支援を要請されてる学会員の皆様、どうか思い起こして下さい。
沖縄の『平和』を案じ続けてこられた池田先生の心を、歴史を!
『最も不幸に泣いた人こそ、最も幸せになる権利がある』─池田先生は仰ってました。

会長ハラダが出席した「沖縄代表幹部会」の聖教には、「共に幸福と希望の楽土を!」と池田先生の言葉を借り記載していたが、「辺野古移設推進」候補に支援の要請をする“創価公明”は、1ミリも池田先生の想いに添っていません!
“創価公明”の押し付けは、徹して『一人を大切に』していないのです。

『真の幸福と平和』を勝ち取るスタートは、この名護市長選に懸かっています。
まさに今、沖縄は歴史的分岐点にあるのです。
反対表明なんてせずとも「投票しました」と報告し、F数も無い数字を上げれば良い。

沖縄を17回も訪問された『池田先生との絆』だけは、どうか切らないで下さい。


 

沈黙は悪

 投稿者:モンブラン  投稿日:2018年 1月14日(日)20時24分50秒
  54年以後、池田先生が、懇談の折、最高幹部達を、苛烈に責めている場に、何度か同席させていただいた。新聞で発表できないような、凄まじい言葉で、激怒されていた。今風に言うと、パワハラそのもの、人権侵害そのものともとれる言動が、続いていた。

具体的に、最高幹部達のどういった行動が悪なのか、お話しにはなっていない。「どんなに多くの人がきいていても、本人にしか分からないように私は、話しているんだ」と仰ったことがある。悪人といえども、どこまでも、一人一人を大事にしながらご指導をされていたと思う。

同席しながら激怒される池田先生の御指導を伺っていても、さっぱりその意味が理解できなかった。この掲示板を熟読するようになって、数々の疑問が氷解した。敵に囲まれ、一切の権限を奪われながらも、命懸けで、同志を守って下さっていた姿だったのだと、理解できるようになった。

限りない信頼を寄せていた同志から、裏切られ、圧迫を受けたことを、池田先生は、率直に、語って下さっていたからこそ、この掲示板に集う池田門下の方々の戦いがあると思う。

政治権力から、ジャーナリストが、圧力を受けた場合、圧迫を受けた事実を公開することが、世界のジャーナリズムの常識といわれる。さらに、圧迫を受けた場合、またすべてを公開する。言論弾圧のすべてを公開しまくることで、権力と闘い続ける。

権力側が、有効だと思っているうちは、査問・役職解任・除名が横行する。査問・役職解任・除名を受けた側が、受けた事実をすべて公開し、執行部の悪を、世間一般に広く知らしめることが、私は、今なすべき大事な戦いだと思う。査問する側は、臆病者の集まり、いつも正義の側でいたい連中ばかり。査問にあたった人物の実名を公表してさしあげるのが、慈悲というもの。査問・除名という迫害の手段を、無力化することは、可能だと私は思っている。そもそも、執行部連中の誰一人として、会員の支持を得ている人物はいない。反逆しているくせに、池田先生を利用しないことには、何一つできない情けない連中ばかり。

人生に絶望し、希望を見いだせないときに、先輩幹部から、繰り返し激励を受け、立ち上がった同志は、無数にいたと思う。先輩幹部の激励の源泉は、池田先生の御指導だった、これはまぎれもない歴史的事実。執行部の連中から、激励を受けて立ち上がったという信仰体験を、私は聞いたことがない。私は、最高幹部の何人かと会話をしたことがあるが、「なぜこんな連中を池田先生は重用するのか、いくら池田先生が師匠とはいえ、承服できない」といつも思っていた。

私は、安保法案に反対し、役職解任になった直後から、内外問わず知人全員に、現執行部の反逆ぶりを徹底して訴えている。相手によっては、この掲示板の存在も、教えて差し上げている。

悪を糾弾する池田先生の御指導を直接伺っていた私だが、その内容を理解するには、相当の時間がかかっている。池田先生は、実に忍耐強く、語り掛け、じっと待ってくださっていると思う。すぐに理解してもらえないかもしれないが、根気よく、池田先生に教わったとおりの学会の姿になるように、日々身近なところから闘い続けていこうと思う。

54年以後、実に多くの幹部が、病に倒れていった。反逆していることが分かっていながらも、池田先生は、幹部に対する激励の手を緩めなかった。歴史は繰り返す。反逆者とそれに連なる人々が病に倒れたとしても池田先生の激励・ご指導は、ない。

池田先生が、「悪と戦わないと、病気になるよ。」と教えて下さった。悪と戦えるように、身近なところから、同志のお手伝いをしたいと思う。
 

「沖縄公明党」まとめておきました

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 1月14日(日)19時56分39秒
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/78425
【沖縄公明党】

話題の要点はこの辺りでしょうか
まとめておきました

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

石井紘基 日本病の正体

 投稿者:迷路  投稿日:2018年 1月14日(日)19時42分54秒
  こういう、ひどい事件もある。

石井紘基 日本病の正体

「このままでは日本は危ない」「日本崩壊の予感」「私がやるしかない」


2002年10月 伊藤白水に刺殺された石井紘基衆議院議員。彼の卓越した洞察力が日本の暗部を照らし、自滅する自国への警告を続けてきたが道半ば倒れた。

後を担うべき民主党も彼の遺志を継ぐこともなく、時間ばかりが過ぎていく。

娘 石井ターニャは、今も父の求めていたものを成し遂げようと、日々奮闘している。


石井紘基議員刺殺事件 実行犯が告白「本当は頼まれたから殺した」
 

「人権感覚」…訴える相手が違うだろー!

 投稿者:mission  投稿日:2018年 1月14日(日)19時40分3秒
  うるし山サンの言葉を借りると「カルト教団ではない創価学会で、最高に素晴らしい信心をしている」会長ハラダ達が続けている《“査問”に総力を上げ、様々な“処分”や会員達の首をブッタ斬る“除名”》等々こそが、最優先の《人権侵害》ですよ!

「人権感覚を磨きましょう」とか「人権侵害的な行為の自制」だとか、此処での老婆心的なコメント もぉ宜しい。
お門違いも甚だしい…“人権侵害”侵してるハラダさんに お手紙 出しはったら?

そして、管理人様への度重なる御教示…no commentが回答だと理解すべき。


 

連絡局 査問担当 様

 投稿者:純白の白  投稿日:2018年 1月14日(日)19時19分58秒
編集済
  排除の論理が罷り通ったら
先生の組織では無い逆証明ですね
終わりの始まりです
出頭って文言は何様のつもりなのか馬鹿過ぎて笑えます
ご供養泥棒の分際で盗人猛々しい

もし一般社会に放り出されたら宗教団体職員に〇〇された・・・・
と一切世間には通用しない身分であることを自覚してないのか

最近身近に理不尽な解任も横行しております
ある意味に正義の証明で本人達は晴れやかですが!
 

緊急連絡

 投稿者:連絡局 査問担当  投稿日:2018年 1月14日(日)18時55分31秒
  ご本人の許可を得て投稿しております。  

沖縄公明党

 投稿者:太ちゃん@まとめコメント  投稿日:2018年 1月14日(日)18時53分35秒
編集済
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/78319
公明県本、辺野古反対変えず
党本部より「県民の思い最優先」

2015年5月16日

https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-243003.html


自民党と連立政権を組む公明党が米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設を容認する中、
公明党の地方組織である沖縄県本部は党本部と一線を画し、新基地建設反対の姿勢を貫いている。

稲嶺県政時代の2000年に移設容認の立場で与党入りしたが、09年に民主党の鳩山政権が「県外」を掲げた後、
移設反対を鮮明にした。

県本の金城勉幹事長は「新基地建設に反対する県民の思いを最優先することが大切だ。
この立場はこれからも堅持し続ける」と揺るぎない決意を示した。

17日の県民大会には党としては参加しないが、
前日の16日午後4時には那覇市のパレットくもじ前で独自の演説会を開き、
新基地建設反対を訴える。

公明党県本が何より大切にするのは、辺野古新基地建設に反対する県民の思いだ。

「戦後70年、県民は過重な基地負担にあえぎ、苦しんできた。その現実を目の当たりにしたら、
これ以上の基地負担は勘弁してほしいというのが率直な気持ちだ」と思いを語る。

党本部と姿勢が異なることについても
「県民の立場に立てば党本部が容認しているからといって、
県本が『はいそうですか』と辺野古移設を受け入れるわけにはいかない」と力説する。

一方、辺野古移設反対の考えは単に感情的な問題ではないことも強調する。

辺野古移設に関しては2013年に県本で独自に調査し、

政府が掲げる抑止力や地理的優位性の維持に根拠がないことを示した上で、
前知事に辺野古埋め立て申請の不承認を求める提言書を出した経緯もある。

「辺野古移設が唯一の解決策だとして、他の解決策の模索を放棄しているのは
『政治の不作為』でしかない」と政府の姿勢を批判し

「新基地建設で今後100年も沖縄に過重な負担を押し付ける。
こんな理不尽なことがあっていいのか」と訴えた。

16日の演説会については、県民大会には参加しないが
「辺野古移設に反対する思いは同じ」だとし

「平和の党として、
 辺野古移設は絶対に許せないと県民に伝えたい。

 県民に寄り添い、
 県民と共に歩みを運ぶための会としたい」

と力を込めた。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78324
公明沖縄県本部が、中央の指示に従わないから、かと言って、「貴様っ!」「本部の指示に従えないなら、次回はないぞっ!」

なんてカマせないから、仕方なく九州を巻き込んで、「名護市市長選の支援をお願いしまぁ~す」っていうのが本音でしょうねぇ~(笑)

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78432
太平洋戦争末期の「Ucinaa ikusa」(琉球語)でも沖縄は「日本本土の捨て石」にされ、それから73年もの長い月日が経った今でも、自公政権は沖縄島民に犠牲を課している。

戦争は軍隊と軍隊(軍人と軍人)が戦うもの…けれど、沖縄戦は武器を持たない10代前半の子供を含む住民達が、足りない軍人の代わりに戦場に立たされ、軍人より圧倒的に多くの命が奪われた。
そして、日本軍は住民を守らなかったどころか直接的な住民殺害があった事も忘れてはいけない!

21世紀に入っても尚、限られた国民だけ一方的に身代りとして「護持」される日本という国は、いったい何なのか!?
自公政権は本当に愚かで卑劣な議員の集まり!
歴代三代の会長が『平和』の為に「権力」と闘い続けてこられた歴史を学んだはずの“創価公明”は、もっと最低で極悪だ!

《希望対話》より
【私は、小説「人間革命」の冒頭を「どこで書き始めようか」と考えました。
考えた上で、沖縄に行って書き始めたのです。
沖縄ほど、戦争の悲惨を味わったところはないからです。
「日本の権力の魔性」の犠牲になってきたところはないからです。
「本土のため」に、沖縄を「盾にした」と言ってよい。
住民の、何と4人に1人が亡くなった。
話すだけでも、怒りの涙がこみあげてくる】

池田先生が、どれほど“沖縄戦”を重大に受け止められてたかが感じ取れる言葉であり、『沖縄しかない』という強い思いで、沖縄を「人間革命」起稿の地に選ばれたのだと思います。
“沖縄戦”の悲惨は、軍上層部の無謀で鬼畜の様な作戦に最大の責任がある。
現場も知らずして一方的な打ち出しを会員達に押し付ける創価公明や、ダーハラ達の言動と全く同じじゃないか!

池田先生は確か、これまで沖縄を17回訪問されていると思います。
初訪問は終戦から15年の1960年7月16日─日蓮大聖人が『立正安国論』上呈700年 その日を選ばれた。
第3代会長就任後、世界に打って出た第一歩が沖縄だったのです。
まだ米国の施政権下の沖縄は、渡航手続きに10日もかかる外国だった。
東洋広布を夢見た恩師戸田先生の“形見の懐中時計”を携えて、不眠不休の気迫の3日間。

【忘れ得ぬあの瞬間】には、17日─3年前、大阪事件で不当逮捕された名誉会長が出獄した日。沖縄支部の結成大会が、那覇市内で盛大に開かれた。
1万人以上の友が喜々として集った。その列は開会前、会場から600㍍離れた琉球政府の行政府ビル前まで連なった。
道ゆく人が「祖国復帰への決起大会ですか?」と尋ねるほどの熱気だった。
結成大会に続く祝賀の集いで、名誉会長は『黒田節』を舞った。
『心も軽やかに舞を舞うように、前進の指揮を頼みます。劇のごとく勝利の人生を共々に飾っていきましょう!』と。

18日─東京へ帰る日の午前、沖縄戦の激戦地であった南部戦跡を視察した。
名誉会長は強く言った。
『二度とこの悲劇を繰り返してはならない』
『皆さんの尊い犠牲は、絶対に無駄にしません。必ず沖縄を平和の楽土にしてみせます。ご安心ください』と力強く。

沖縄県民の皆様、名護市長選支援を要請されてる学会員の皆様、どうか思い起こして下さい。
沖縄の『平和』を案じ続けてこられた池田先生の心を、歴史を!
『最も不幸に泣いた人こそ、最も幸せになる権利がある』─池田先生は仰ってました。

会長ハラダが出席した「沖縄代表幹部会」の聖教には、「共に幸福と希望の楽土を!」と池田先生の言葉を借り記載していたが、「辺野古移設推進」候補に支援の要請をする“創価公明”は、1ミリも池田先生の想いに添っていません!
“創価公明”の押し付けは、徹して『一人を大切に』していないのです。

『真の幸福と平和』を勝ち取るスタートは、この名護市長選に懸かっています。
まさに今、沖縄は歴史的分岐点にあるのです。
反対表明なんてせずとも「投票しました」と報告し、F数も無い数字を上げれば良い。

沖縄を17回も訪問された『池田先生との絆』だけは、どうか切らないで下さい。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78433
沖縄の友に伝えました。


彼いわく、「公明党の現状を教えてくれてありがとうごさいます。

 自分は沖縄人としてどこの党とか学会とかじゃなく
ただただ基地がなくなり平和で幸せな沖縄にしたいです」

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78451
お友達が語られた『ただただ基地がなくなり平和で幸せな沖縄にしたい』…本当にそうですね。
何も大層な事を願ってはいないのです。
終戦から73年が経っても叶わない“先進国の日本”って、なんやねん!と思います。

前回の2014年は公明の自主投票で自民は敗北し、去年の9月頃まで公明党沖縄県本部は辺野古移設反対だった。
公明党沖縄県本部に対して、“創価公明”の圧力は相当なものだったのでしょう。
しかし、第六天の魔王に服従したのは同じこと。

選挙結果を待たずして「平和の党」では無くなった、結党54年の公明党は“敗北”の姿となったのです。
そして、会則にまで加えた「創価学会仏」の姿も然りです。
ダーハラ曰く「創価学会は、大聖人の御遺命である世界広宣流布を唯一実現しゆく仏意仏勅の正当な教団である」…どこがやねん!

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78410
ダーハラ創価は沖縄名護市長選対策として、九州の学会員さんを大量動員し沖縄へ送り込み、信仰活動と称して集票活動させている。

ダーハラ創価・公明党の、いつもの汚い必勝パターンだ。
先の東京都議選も自民党のボロ負けを尻目に、全国の学会員さんを動員して公明党は勝った。

しかし多くの人達が指摘する様に、その地域に住んでもいない人達の力によって選挙結果が左右されるなど、とんでもない事だ。しかもただの推薦候補にすぎない。
宗教団体がやっていい事の範囲を超えている。それでは政治団体だ。

しかもそういう選挙準備を、学会内では半年ほど前から始めるのだ。
そんな一年の半分を選挙の為に費やす様な団体を、宗教団体として扱っていいはずがない。

内閣法制局は「政教一致」の概念規定を見直すべきかも知れない。
これほど選挙漬けの日々を会員に強要する宗教団体を、「法」は認めるべきでない。

それでもこういうやり方を続けるというなら、課税対象にされても文句は言えないだろう。そんな団体はもはや宗教法人と言えないからだ。

しかし現政権が、最大の「スシ友」とも言うべきダーハラ創価・公明党の不利になる様な事をするわけもない。

今回の名護市長選はとにかく、そういう権力者の大軍勢と戦って勝つしかないのだ。
だが勝てれば、ダーハラ創価・公明党自民党の必勝パターンを崩す事となり、敵はもう打つ手が無くなる。決定的な「蟻の一穴」が空く事になるのだ。

戦争賛成、平和憲法不要、基本的人権無視、が本音の自民側に立って活動すれば、功徳どころか罰を受けるのは当然だ。

明確な「師敵対」であり、釈尊を捨て提婆達多を師とした連中と同じ間違いを犯すことになる。
組織が何と言おうが、自分の「師弟不二」の信心を貫くべきだ。

「熱原の法難」では、入信間もない信者達が命をすてて幕府権力と戦った。
入信何十年も経つ学会員が、その方々に負けていいわけがない。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78332
すっごい記事をありがとうございました。

またまた公明の手のひら返しが明確になる証拠が歴然ですね!

今回、びっくり仰天!新基地推進派候補の推薦を決めっちゃった沖縄公明(学会)。

とうとう あの沖縄まで第六天に魂を売っちゃったんですねー。


2015年までは、ジェダイの騎士だったのに、、、

「平和の党として、辺野古移設は絶対に許せないと県民に伝えたい。」

「新基地建設に反対する県民の思いを最優先することが大切だ。この立場はこれからも堅持し続ける」

党本部より「県民の思い最優先」!

民衆の味方の揺るぎない決意!

なーんて言ってたのに、、、



それが、どーしたことだろう、、、

たった2年たらずで、ダークサイドに落ちてしまった。。

自民隷属の公明(学会)本部に、追従しちゃって、

平和の闘志、沖縄健児の皆さんサ・ヨ・ウ・ナ・ラって。

これ以上の裏切り行為はないでしょう。

外部の人たちが怒って当たり前!

コンペイトウの信頼は完全に失墜ですね。


それにしても、第六天の魔力はすごいな~!

先生直結の平和の闘志たちを、こうもやすやすと腑抜けの獄卒に変えちゃうんだもんなー!

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78467
公明党の立党精神は 大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでゆく ・・・はどこに行った?

公明党沖縄県本部より「県民の思い最優先」!民衆の味方の揺るぎない決意!

「平和の党として、辺野古移設は絶対に許せないと県民に伝えたい。」

「新基地建設に反対する県民の思いを最優先することが大切だ。この立場はこれからも堅持し続ける」

党本部より「県民の思い最優先」!民衆の味方の揺るぎない決意!なんて格好良く宣言したのに・・・

師匠池田先生の弟子として平和の砦を死守できるのか???

平和の党語る資格なし!!

安倍政権の下駄の雪と成り下がるか!?
公明県本、辺野古反対変えず党本部より「県民の思い最優先」
2015年5月16日?琉球新聞・・・これは 嘘だったのか

https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-243003.html

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78390
以下のつぶやきは、新基地反対派の方からの〈拡散希望〉です。

【大拡散!】
現在の票読みでは、公明が相手陣営についたことで本当に激戦です。
全く油断できません。
ここは今、民主主義の最前線であり最後の砦です。
全国の皆様、どうかお力を分けてください!
うちなーのおじいおばあの涙も、若い機動隊の涙も僕はこれ以上見たくありません!
1月28日告示です!



上のつぶやきは明らかに名指しで、
沖縄公明の裏切りによって、
新基地反対派が窮地に立たされてしまったことを訴えています。

万が一にも自公が勝ち、新基地建設に大きなはずみがついてしまったら、
平和を求める新基地反対派の沖縄県民たちは、
生涯にわたり、絶対に公明党(学会)を許さないでしょう。

沖縄の同志の皆さん!
同県の平和勢力を絶対に敵に回してはいけません!
信濃町は利害打算だけで、自民との選挙協力です。
「推薦」を沖縄の学会幹部にゴリ押しで、押し付けたに決まっています!
本心で自公候補を応援したい幹部なんていないはずです。

どうか自民の犬っコロにならざるを得なくなった幹部ではなく、
池田先生の弟子として、平和の使いとしての良心に従ってください。
そして、平和のための投票行動を何とぞお願いいたします。

新基地推進派が負ければ、外部の平和勢力の人たちも
地元の学会員の人たちは、良心に従い
新基地反対候補の稲峰さんを応援してくれたんだと納得してくれるはずです。
どうか利害と打算と保身の結果、出てきた「推薦」打ち出しではなく、
先生の弟子として、平和勢力と手を携えて、沖縄の魂を見せてください!


http://6027.teacup.com/situation/bbs/78371
沖縄県外の学会員から選挙の依頼がきたら、蹴散らしてしまえ。
たとえあなたが自公の支援者であっても、
「居住してないあなたに支援依頼されたくありません!」位は言い返してほしい。



沖縄はあれだけ大変な問題を抱えているのに、事情なんて分かってもいないのに、
上から言われるがままに公明党の推してる人お願いしますなんて軽々しい。
せめてちゃんと自分で調べてから選挙活動しろって思う



今ならまだ間に合うから目を覚ませ!沖縄県の学会員さん!



辺野古反対の知人が、友人の学会信者に聞いた所、
断腸の思いですと言われたらしい…基地賛成候補に入れるって事。

沖縄の学会員さんが、「断腸の思い」で基地賛成候補に投票するって、
一体、どういう選挙なんだろう、どんな力が働いてるんだろう、って思う。



沖縄県の公明党の党員の皆さま。
戦争の悲惨さを体験したご年配の方、それを小さい時から聞いて育った世代の方。
今回の名護市長選挙は、心から平和なウチナーを守る稲嶺進さんへの投票を信じています。



辺野古推進自民候補を沖縄の創価学会員が支援
沖縄人としてのアイデンティティを捨て、自民との連立維持優先
普天間を県外にも、国外にも移設せず、辺野古に新基地を作り同じ苦しみを沖縄に味あわせる
これほど矛盾に満ちた行動を見た事がない



県外移設を党是としていたはず
公明新聞を見れば明らか!
だが公明党、石井国交相が140万県民の前に大きく立ちはだかった
共に〓核抜き本土並み復帰〓を戦った公明党は
沖縄を裏切った!



どないやねんっ 沖縄公明党っ!
どうおもとんやっ 沖縄の学会員っ!



どうして公明党の候補でもない人を創価学会の公式会合まで使って応援しなければならないんでしょうか。
また選挙中に対立候補のデマを平気で流す人たちが公約を守りますか。賢明な判断をお願いします。



わたしの友人知人にも創価学会員は結構いて、
公明党沖縄県本部には「自主投票」を貫いてほしかった、
と言明する人も多いです。
名護市の有権者の良識を信じます



「公明党が推薦を出し、原田会長が沖縄幹部会に参加したというのは、大きな意味を持つ」
国政コピーではない沖縄公明党の独自色と、それを黙認する党中央を高く評価していた佐藤優は、なんと言うだろう?

沖縄でも「広宣流布の大局から」なんて説明してんだろうな。与党候補応援の理由を。

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

追記

 投稿者:小作人@地上の発心  投稿日:2018年 1月14日(日)18時50分32秒
  一般世間の常識の埒外にいる誇大妄想患者の戯言にいちいち耳を貸す必要もなければ、
ましてやその戯言に何か意味が含まれているのではと神経を尖らせても徒労に終わる。

無意識にでも波長を合わせようとすれば、こちらのアタマがやられる。

狂人がもたらす同調圧力に屈して集団ヒステリーのトリコになってしまわぬよう支え合い触発しあうネットワークを広げて行くのが肝心だ。

地域コミュニティーの希薄化から崩壊、過疎化等による各地の自治体消滅が目睫の間に迫る中、
上位下達の組織観を超克し、それぞれの生活リズムの尊重に留意した新時代の人間社会構築の
モデルを形作るのが今この時だとの認識で、祈りとともに計り事をイチョウに巡らしていこう。
 

うるし山さんへ

 投稿者:ドン・キホーテ  投稿日:2018年 1月14日(日)18時42分47秒
  うるし山さんは、相手にする価値の無い人間であるから、これで最後にする。

私は、法学部の卒業。
それほど賢くもなく、それほど勉強していないが、
君よりも、何十倍も真剣に勉強した、と断言する。

君が「人権」「人権」と言っているのは、ただただ滑稽である。
およそ法学の基礎をわかっていないレベルと断じる。

人権とか人格とか言うならば、
まず、自分の醜い人格をさらすのをやめたまえ。
 

そうでしょうね

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 1月14日(日)18時24分4秒
  >沖縄選挙選の話題からの話題反らしなんでしょう・・

そういうことなんでしょうね
それがビンゴでしょう

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

ジョークでしょうか

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 1月14日(日)18時19分34秒
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/78419

正気とは思えない「狂気」の言動ですね
こんな狂気なことが普通に言える世界ってどんだけ狂気の世界なんでしょうねぇ?

そんなにご自分が地獄巡りしたいなら僕は止めないよ
自己責任にてどうぞ

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

選挙戦に突入すると

 投稿者:生涯&広布一筋兄弟メール  投稿日:2018年 1月14日(日)17時51分38秒
編集済
  必ずこのような投稿が、出てきますよね。

意味、不明、執拗な投稿、丁寧語を使っているけれど内面は・・

文字は人格を顕す・・

沖縄選挙選の話題からの話題反らしなんでしょう・・

人格、人格と言いつつ、師匠のことを池田と呼び捨てする似非学者を擁護

おまけに、その学者の講演内容を知らないときている・・

相手にすべきではないと断じます・・・

 ↓    ↓

http://6027.teacup.com/situation/bbs/78419
 

人権感覚を磨きましょう

 投稿者:うるし山  投稿日:2018年 1月14日(日)17時23分22秒
  小作人@地上の発心さん
お言葉たしかにいただきました あなたのお考えはわかりました
どなたかと私を混同されるのは残念でございますねえ 違いますからねえ

みなさん
ところで、私は最初から「学者が公表される研究の成果について批判されますことは結構」「他者の人格を否定し愚弄される行為は慎重に・・・」
このようなことを一貫して申しましたが、この掲示板の一部のご常連のみなさんが、どうして私に対してかくも感情的攻撃的になられるのか不思議でございます
なかには口汚く工作員呼ばわりされる人もございましたねえ
一体何を興奮され感情的になられるのか、理解がし難いですよねえ

二十数年前でございましたが、凶悪な事件を繰り広げました宗教団体がございました
ご記憶のことと思います
事件当時、連日のように各テレビ局で報道されました
この教団を数年間取材されたというジャーナリストさんが
「この教団の信者さんたちとは、男性も女性も私とはごく普通の会話ができたのです
ところが何かの拍子で何らかのスイッチが入りますと、突然興奮して戦闘モードに豹変して、急に排他的、攻撃的な態度に出てこられるので驚きました
敵対する者には何をしてもどのような手を使って攻撃しても、我々は許されるんだという特殊な立場にあるとの幻想の中に住んでいるようでした」
このようにテレビの事件報道の番組で話されてございました

みなさんはカルト教団の信者ではございません
みなさんは最高の素晴らしい信心をされておられますので、冷静に落ち着いて私の一連の申しましたこと、再度ご覧ください 私は何ら難しいことは申しておりません 簡単なことですよ 人権感覚を磨いていただきたいということですよ

ドン・キホーテさん
あなたには人権がございます あなたが人格を否定するかの如き愚弄をされました、お二人の研究者にも人権がございますよねえ
みなさんにも私にも どなたにも人権がございますよねえ これからは慎重になっていただきたいものですねえ お忘れなきように

管理人さま
これまで何度も管理人さまにお願いをいたしましたが
そろそろ匿名掲示板の在り方につきまして見解をご教示願います
 

陋巷に留まり新しい地図を描く④

 投稿者:小作人@地上の発心  投稿日:2018年 1月14日(日)16時54分13秒
編集済
  「会憲」の不備や内包する欠陥について様々な角度からの考察が寄せられているが、
制定から数ヶ月経過してなお会内の最重要発刊物、機関紙たる聖教新聞紙上または
大白蓮華にその全文を掲載していない時点で、実質効力を持たないと言えまいか?

会員の高齢化が進み、ガラケー操作すら覚束なくネット環境とは無縁に暮らす独居老人が多数おられる現状で、
「続きはWebで」方式そのままに詳細を端からまともに告知し会内あまねく周知徹底を図ろうとの意思もない
不親切きわまる信濃町官僚の非常識と不見識に真から真面目に取り合おうとするのもアホらしくなかろうか?

それにもまして「会憲」などと仰々しい呼称や、それを「最高法規」と形容する夜郎自大な感性、
ひいては一宗教法人の分際で「取調」や「出頭」などと物々しい語句を散りばめた“除名申請書”
なるものを会員に郵送し、民間企業の一従業員を平日(1月16日・火曜)の昼日中に公益性の
担保が求められる宗教施設に深刻な人権侵害が予想されるにも拘わらず呼び付けようとの一連の
所行をつぶさに見れば、もはや確信犯でなければ皆、狂人の振る舞いといっても過言ではない。

天皇とか将軍などと自称し精神病棟に“君臨”する誇大妄想疾患のそれである。

実在した“葦原将軍”をモチーフにした筒井康隆の短編小説『将軍が目醒めた時』。
半世紀に及ぶ狂気の世界から目醒めた老人に、既に現世の居場所はなく、世界そのものが狂気に充ちる中、彼もまた“将軍”を自称する狂気に再び逃げ込むしか道はなかった……。

今年揃って喜寿を迎えたボケ老人(元から天然ボケだが)の会長・理事長に媚びへつらい、
若くして魂の牢獄に自ら好んで入っていったジキホーガキ諸兄の狂気の沙汰を生温か~く
世にも珍しい生き物を観察するかのような面持ちで、その最期を見届けようではないか・・・

狂人の振る舞い一挙手一投足にむきになって反応することも、むやみに深刻に考える必要もなく、
この世には、自分が入ることになる墓穴を日夜せっせと掘り続ける奇妙な生き物がいるものだと、
遠巻きにして観察しながら、身近な人どうしの繋がりを大事に次の時代を切り開いていこう。師の教えを根幹に。。
 

自民党批判をする創価学会員を査問する

 投稿者:ドミサイル信濃町の入居者  投稿日:2018年 1月14日(日)16時24分59秒
  公明党を会合で批判すれば即査問。自民党批判をする創価学会員を査問する最近でございます。査問にかかれば、ほぼ自動的に除名処分。南無公明党佛の御計らいなのでございます。物云えば唇寒し創価学会。  

なにこれ??

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 1月14日(日)15時51分6秒
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-35113111-cnn-int
トランプ氏の「精神状態」、専門家70人超から検査求める声 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース(1/14(日) 12:24配信)
より

▼▼▼
専門家らはトランプ氏について、発言にまとまりがない、ろれつが回らない、古くからの友人の顔が分からない、同じ内容の発言を繰り返す、細かい動作をする能力が下がった、読んだり聞いたり理解したりするのが困難、判断力や計画立案、問題解決、衝動抑制の能力が疑わしい、最近目に見えて語い力が低下したといった所見を挙げている。
▲▲▲

この「専門家らは」とは?

▼▼▼
書簡は11日、米国、カナダ、ドイツの著名な専門家ら70人を超える人たちが共同で送付した。
▲▲▲

専門家70人を越える意見を蹴った話って、安倍総理の安保騒動当時の話みたいやん。
記事にはさらに
▼▼▼
トランプ政権の内幕を描いた最近のベストセラー「炎と怒り」の著者、マイケル・ウォルフ氏もCNNとのインタビューで、トランプ氏の周囲にいる人は全員が同氏に職務遂行能力がないとの考えだと述べた。
▲▲▲

『トランプ氏の周囲にいる人は全員が同氏に職務遂行能力がないとの考えだと述べた』とトドメを刺すような話も。

ほんとに問題ない精神という自覚あるなら、これまでのトランプ氏の力に頼ったやり口からしても診断でもって証明するんじゃないでしょうか。
これまでの「力に頼った強弁」に利用する材料が増えるわけだからね。
精神が病んでる「自覚」がハッキリあるから「拒否」してるんじゃないでしょうか。

こういう状態の人が世界の命運を握るなんて危険極まりないと思うのは僕だけ?

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

「珍・人間革命」第29巻の検証を終えて、総括してみました。

 投稿者:カンピース  投稿日:2018年 1月14日(日)15時13分53秒
編集済
  以前に「珍・人間革命」第29巻を各章ごとに、珍聞掲載と単行本を比べて検証してきましたが、全体としてまとめてみたいと思います。

「常楽」69話「力走」68話「清新」66話「源流」69話と全272話の収録に対して、

「常楽」81ヵ所「力走」56ヵ所「清新」62ヵ所「源流」81ヵ所と全280ヵ所に削除・書き換え・書き足し部分がありました。

平均しても全体として、1話に対して、1ヵ所以上の訂正部分が必ずあるということです。

私見ですが、この訂正部分は、約7割が、姓名・役職の内どちらかの省略、約3割が内容を損なわない程度の書き換え・書き足しでした。

しかしながら、中には、到底納得できない書き換え・省略部分もあり、訂正部分としてカウントはしていませんが、

明らかに、教学的におかしい部分や、宮田教学ともいえる新説(珍説)も見受けられます。

代表的なものを再度掲載してみたいと思います。

「常楽」11話から(珍・人間革命第29巻、P22より抜粋)
>「中国やソ連の問題、核兵器の管理、貧しい国々に対する援助、この面で日本が果たすべき責任などである。聞かれては、聞き返し、結局、意見はほぼ一致であった。」博士と伸一の再会は、インドでこそ果たせなかったが、・・・・・<

「常楽」11話から(珍・人間革命、珍聞掲載部分より抜粋)
>「中国やソ連の問題、核兵器の管理、貧しい国々に対する援助、この面で日本が果たすべき責任などである。聞かれては、聞き返し、結局、意見はほぼ一致であった。」(そして、伸一が、特に『アメリカと中国の関係』を憂慮していたと記している。二人の語らいに関する記述は、こう締めくくられていた。「(会長は)心から仏教を信じて尽きざる生命の本流へ立ち戻り、平穏この上もない悟りの境地へ到達するように熱心にすすめてくれた。私は信心を誓い、彼がその内インドへも行くというので、いずれまた、サルナートでこの続きをと、いささか意味深にうなずき合った。見送りにも、会員たちが勢揃いして、出迎え以上に盛んな拍手、ただもう感激の至りだった。」)博士と伸一の再会はインドでこそ果たせなかったが・・・・
( )内は省略部分

「常楽」17話から、珍聞掲載の書き換え部分(珍・人間革命、第29巻P32より抜粋)
>熱原法難でも、この渦中にあって大聖人門下であった三位房が退転し、不慮の死を遂げた。また、大聖人門下の迫害に動いた大進房、大田親昌、長崎次郎兵衛尉時綱らは現罰を受けた。まさに、この原理通りといえよう。<

「常楽」17話から、(珍・人間革命、珍聞掲載部分より抜粋)
>熱原法難でも、大聖人門下であった大進房、三位房の僧や、大田親昌、長崎次郎兵衛尉時綱らが退転し、行智一派に与して、害する側に回っている。まさにこの原理通りといえよう<

「常楽」44話から、(珍・人間革命、第29巻、P79より抜粋)
>そのなかにあっても、学会は、僧俗和合のために総力をあげて、一つ一つの事柄に、誠実に取り組んでいった。波浪は猛っていた。・・・・<

「常楽」44話から、(珍・人間革命、珍聞掲載部分より抜粋)
>そのなかにあっても、学会は、僧俗和合のために総力をあげて、一つ一つの事柄に、誠実に取り組んでいった。(この代表幹部会から十一日後に迎えた十一月十八日、本部総会の意義をとどめて、十一月度本部幹部会が、東京・荒川文化会館で盛大に開催された、席上、山本伸一は明一九七九年(昭和五十四年)は「七つの鐘」の総仕上げの年になることから、次の大いなる目標として、学会創立七十周年にあたる二000年をめざし、五年ごとに節を刻みながら新しい前進を開始していくことを発表したのである。それは、世界広宣流布への本格的な船出であり、一大平和勢力を構築していく新世界への旅立ちの号砲であった。)波浪は、猛っていた。・・・・
( )内は省略部分

これらの省略・書き換えは論外としても、他にも、文意を損なわない程度の書き換えは至る所に見られます。

教学的にも、また他にも、現体制を支持するがごとくの表現があることは見逃せません。

具体例を挙げれば、
>宇宙と生命に内在する根本の法こそ、南無妙法蓮華経であること<(源流54話P430より抜粋)
>戸田は、学会を「創価学会仏」と表現した。<(源流55話P432より抜粋)

まだありますが、こういったところでしょうか。

小生は「珍・人間革命」と揶揄していますが、創価学会の公式見解は、「新・人間革命」は先生が書かれていると言われています。

では、「永遠の指針」である「池田先生」が記述された文章が、なぜ、こんなにも省略され、書き換えされているのでしょうか。

実際に編集される方、決済される方は先生よりも偉いのでしょうか。

「山本伸一」を「伸一」とする程度ならまだしも、文意が変わらないからといって、多くの省略・書き換えは、会員への裏切り行為ではないでしょうか。

また、「弟子」の姿勢として、「師匠」が書いた文を、文意が変わらないから、といって、容赦なく省略・書き換えするのは弟子としていかがなものでしょうか。

そして、逆に言うならば、先生が直接書かれていないことを知っているからこそ、もしくは直接書かれていたとしても、

編集に関して確認を入れることが不可能であることを知っているからこそ、このような省略・書き換えが平気で行われているのではないかと思うのです。

第30巻に関しても、「楽しみにしてください」などと、まるで他人事のような物言いができるのは、こういった理由ではないでしょうか。

小生も逆の意味で「楽しみ」です。6章にわたる掲載が製本された際に、どうなっているか?

果たして、省略・書き換え部分がいかほどあるのか?

心して検証してみたいと思います。



 

素朴な疑問その2

 投稿者:花の輪  投稿日:2018年 1月14日(日)14時53分54秒
  会員に「財務」を煽る原田学会
御本尊様への供物は「偽物」とか?

会員は誰に供養しているのでしょうか?
御本尊と先生にしているのだと思いますが…

御本尊は「食べないからいい」と思っているのでしょうか?
「心の財」が分からない人間達が考えそうな事です



 

開いた口が塞がらん

 投稿者:小作人@地上の発心  投稿日:2018年 1月14日(日)14時38分16秒
  うるし山君。

貴君が年若く第二次宗門問題をもリアルタイムで体験していない世代か、もしくは全く記憶の外にあることがよく分かりました。

肉体を通過していない、紙に書かれた歴史をただなぞって現在から過去を類推するだけの御都合主義だもんね。

十年、二十年、三十年と、市井に生きる庶民一人ひとりが抱き続ける「特別な思い」を一顧だにしないのだから。。

私の意見はどうでもいい。Missionさんが昨晩お書きになられたものを読んで、まだそんな愚にもつかぬ詭弁を弄するなら本当に時間の無駄だ。

繰り返しになるが、そこに生きる人間一人ひとりの感情を無視し、文書として残された歴史の形ばかりの整合性に腐心し、
紙の上をはいずり回って文字を追い手前勝手な解釈を下すだけの学術“調査”や“研究”に如何程の意味と価値があろうや・・・

サヨクがパヨクがゾルゲが~~と飽きもせず年中わめき立てるどこぞのアホ板と貴君の物言いは何ら変わらんよ。
著作権がどうたらこうたら、374919やら幹部の不行跡の話をここでするな!と執拗に絡んで、いつの間にやら当板から立ち去り、余所の板でコソコソと悪口雑言を書き立てる謎の御仁とも殆ど同一の論調としか思えないのは気のせいか? 論点ずらしと話のはぐらかし方がそっくりだが……。

そして貴君のような「生きた人間の歴史」への想像力と敬意が絶望的に欠如した、辻褄合わせのレトリックが、
かつて“時の流れは逆らえない”と先生から会長職を剥奪し、今は充分に使用に耐えうる会館・施設を破壊して
同じ用途の建物をわざわざ作り直す普請道楽に狂奔し、あまつさえ「嵐桜」のような先生と会員個々の思いを
繋ぐ大切なモニュメントを躊躇なく伐採する非道とも全く同質の感覚から導かれるものだと己を省みるがいい。

浅学非才などと謙遜なさる以前の他者への思いやりに欠けた言葉遊びに興じるディレッタントだよ、貴君は。
鼻持ちならないが、ただの衒学趣味で煙りに巻くだけの繰り言ばかりだから、もうこれ以上は相手にしない。

ずいぶんと無礼千万で出来の悪い後輩がいたもんだな……。
 

素朴な疑問

 投稿者:花の輪  投稿日:2018年 1月14日(日)14時06分10秒
編集済
  1.
1.2
先生の卒寿
世界中、日本中から感謝の思いでお祝いに駆けつける会員が殺到しました

にも関わらず
何故、目の鼻先にいる原田会長、長谷川理事長は1.2にお祝いに駆けつけないのでしょうか?
1.3にお会いしたそうですが
「遅参、その意を得ず」ではありませんか?

自分にはお正月、寒い中駆けつけて、長蛇の列を並んでお祝いしている会員こそが
「直弟子」に見えました

2.
不評だった「財務は最高の大善」発言
少し修正されていませんか?
「法施と両輪」になっていました
しかし、創価学会はあくまでも「折伏の団体」
法施が一番ではないですか?

3.
無冠の友に
「健康、無事故の配達をよろしくお願い申し上げます」
これはあまりに無責任、無慈悲な発言ではないですか?
「健康、無事故を祈っています
   お題目を送らせて頂きます」
これが、慈悲の団体の創価学会のトップの発言ではないですか?

「健康無事故」を自分でしっかり祈って、コッチに迷惑かけないで貰いたい
そんな風に聞こえました。。。残念!
こういう姿勢を官僚的といいます
池田先生が最も嫌われた事ですね?

「1人の会員を、10人、100人、1000人の会員を守る事が私を守る事になる」
先生の為に「不穏分子」を査問するなんて言いださないでください

現場にいるとあまりに納得できない事ばかり
こんなおかしな事を会員に強いる池田先生ってどうなんだ?
と思っている時に、この板に出会いました
この板に出会い、池田先生の御苦労、死闘
そして、本幹での叱責の意味が分かりました

この板に出会い、先生の本当の偉大さを知りました
会合では教えて貰えない先生の偉大さを知りました
原田学会がやっている事を見ていると反対に先生に不信感を持ちます
そんな人が内外に増えています
まさに
「悪しき弟子をたくわいぬれば」です

本当に「先生の為」と思うならば
宿坊の諫言に耳を傾ける事をお勧めします

本幹会場では会長の話に皆さん拍手されていますが、こちらの会場で拍手する人は殆どいません

原田会長が本当に会員に「支持されているのか」
現実を知る事が大事だと思います

本幹での原田会長の発言は
原稿があると思いますが
書く人も読む人も「あまりに官僚的」になっていて、おかしい事に気付くことさえ出来なくなっているのではないですか?

自分もこちらの板で皆さんの指摘を読んで自省することあります

池田先生が求めておられる事は
「人間主義」
この道は厳しく言うと、とてつもなく困難な道
自分を磨きながら、互いに時には諫言しあいながら、やっと到達出来る世界なのではないか?
と思っています
 

やはり。。。

 投稿者:  投稿日:2018年 1月14日(日)13時56分53秒
  「聖教新聞と同様にコンペー新聞も外部委託の印刷です。外部委託のメリットは多く。。。」

コンペー様 情報ありがとうございました。
やはりそうですね。
例外ではないということですね。
全ての悪事の兵法は一貫しているようです。
 

沖縄のこころ

 投稿者:ミネルヴァの梟  投稿日:2018年 1月14日(日)12時49分40秒
  ダーハラ創価は沖縄名護市長選対策として、九州の学会員さんを大量動員し沖縄へ送り込み、信仰活動と称して集票活動させている。

ダーハラ創価・公明党の、いつもの汚い必勝パターンだ。
先の東京都議選も自民党のボロ負けを尻目に、全国の学会員さんを動員して公明党は勝った。

しかし多くの人達が指摘する様に、その地域に住んでもいない人達の力によって選挙結果が左右されるなど、とんでもない事だ。しかもただの推薦候補にすぎない。
宗教団体がやっていい事の範囲を超えている。それでは政治団体だ。

しかもそういう選挙準備を、学会内では半年ほど前から始めるのだ。
そんな一年の半分を選挙の為に費やす様な団体を、宗教団体として扱っていいはずがない。

内閣法制局は「政教一致」の概念規定を見直すべきかも知れない。
これほど選挙漬けの日々を会員に強要する宗教団体を、「法」は認めるべきでない。

それでもこういうやり方を続けるというなら、課税対象にされても文句は言えないだろう。そんな団体はもはや宗教法人と言えないからだ。

しかし現政権が、最大の「スシ友」とも言うべきダーハラ創価・公明党の不利になる様な事をするわけもない。

今回の名護市長選はとにかく、そういう権力者の大軍勢と戦って勝つしかないのだ。
だが勝てれば、ダーハラ創価・公明党自民党の必勝パターンを崩す事となり、敵はもう打つ手が無くなる。決定的な「蟻の一穴」が空く事になるのだ。

戦争賛成、平和憲法不要、基本的人権無視、が本音の自民側に立って活動すれば、功徳どころか罰を受けるのは当然だ。

明確な「師敵対」であり、釈尊を捨て提婆達多を師とした連中と同じ間違いを犯すことになる。
組織が何と言おうが、自分の「師弟不二」の信心を貫くべきだ。

「熱原の法難」では、入信間もない信者達が命をすてて幕府権力と戦った。
入信何十年も経つ学会員が、その方々に負けていいわけがない。

どうしても行くという人は、サーターアンダギー を食ってハブ酒を飲んだら、何もせずトットと帰れと言いたい。
今度の戦いには、「シマンチュ」と「ヤマトンチュ」の戦いという側面もある。
沖縄の人に「ヤマトンチュー」と呼ばれない様、気を付けることだ。
チューと伸ばすことによって「バカモノ」というニュアンスが加わるそうだ。(笑)

大国の抑圧と闘い続けた歴史を持つ沖縄の人は強い。「エイサー」は踊りと称しているが空手の様だ。しかも尊敬すべき「守礼の邦」。

アホな「ヤマトンチュー」が邪魔しても、絶対に勝てないと思う。
根拠はないが、何故か「エイサー」を見ていてそう思った。あれは沖縄の心そのものだ。
腐れ「ヤマトンチュ~」などに勝てるものか。







 

ネトウヨのテンプレ「自由だ」

 投稿者:ドン・キホーテ  投稿日:2018年 1月14日(日)11時29分19秒
編集済
  「~をするのは自由。」とネトウヨは言って、何かしたつもり。

そりゃ、精神的自由権は他人を害しない限り制約は無い=自由だ。
自由権の「自由」は、国家が、個人の作為不作為を強制しないことだ。

それがどうした。

内容について、意義が有るかどうか、価値が有るかどうか、とは関係が無い。
したがって、「自由だ」と言う意味は無い。

意味の無いことを言うことは愚かである。
 

『命をかける精神』池田先生の御指導です

 投稿者:mission  投稿日:2018年 1月14日(日)11時08分7秒
  『勇敢なる人生を生きる人は、最高の人生である。
臆病な人生を生きねばならない人間は、畜生のようなものである。
勇敢な人生を生ききる人は幸福である。
臆病な人生を生きる人は卑怯であり、不幸である』
これは、戸田先生の正月の指導でありました。(中略)

創価学会の青年部の諸君も、この『命をかける精神』を学んでいただきたい。
時代は違っても「悪との闘争」の方程式は同じです。
侵略者とは、断じて戦わなければならない。断じて「撃退」しなければならない。

私の青年時代は、全闘争を一人で担って立ちました。仏敵がいれば、日本中どこへでも行きました。
大事なのは人数ではない。真剣の一人です。
戦うべき時に戦えないような、だらしのない青年であってはならない。今、立たなければ、日本はまた人権抑圧の強権的な社会になってしまう。(中略)

戸田先生叫ばれた。
『だれが牧口先生をいじめ、苦しめ、殺したのか!永遠に忘れない!牧口先生の仇を返す!』
仏の敵を一人も残すな!これが先生の口くせであった。
断じて仏敵を倒す!─これが、牧口先生の精神であり、戸田先生の精神であり、私の精神です。これがわからない人間は、真の「師弟」とはならない。(中略)

声です。声が大事です。『正しいことを言いきる』強さ。
とくに末法では、いちばん乱れた時代であり、経文には『闘諍言訟』と説かれている。争いや論争が絶えない時代である。
ゆえに強く、恐れなく、正義を叫び、真実を訴えきっていったほうが勝つ。
おとなしく黙っていては敗北であります。
語りに語ることである。人権弾圧の悪書を追放することである。

断じて軍国主義にさせない、平和主義へと変えていく戦いである。正義の声を出しきって、戦いましょう!(中略)
断固、「戦闘開始」して、勝ちましょう!
私も先頭をきって戦います。一人、戦います。
本当の弟子はついてきていただきたい。
【2000.1.6 ロシア*サンクトペテルブルク大学「名誉博士」授賞式】

※池田先生の御指導(2000.1.6)から8年…益々アベ自民の手先として、会員達を悪の道へ落とし入れる創価公明になっている。

《蘭夢 様》の投稿を拝見し、改めて一人ひとりが『一人立つ君』として『命をかける精神』を奮い起こさなければ!と自身に言い聞かせました。
『本当の弟子はついてきていただきたい』─この言葉に胸が痛くなります。



 

人権侵害ってこれですよね?

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 1月14日(日)10時24分43秒
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/77927

▽▽▽
拡散希望!

平成30年1月16日午後3時から

創価学会埼玉文化会館にて

一般会員への創価学会による査問が行われる模様。

マスコミ各社の方々取材よろしくお願いします。
△△△

詳細は
http://6027.teacup.com/situation/bbs/78091
【除名申請通知書】
より



冠省    貴殿を被申請者とする処分申請がありましたので、貴殿の取調をします。つきましては、下記の日時・場所に出頭してください。
日時   平成30年1月16日  午後3時00分
場所    埼玉県さいたま市桜区西堀5丁目14番10号
            創価学会埼玉文化会館(第4会議室)
貴殿に対する除名申請の要旨は次のとおりです。
申請の趣旨   被申請者を創価学会から除名する。
申請の理由   被申請者は、平成26年よりインターネット上の掲示板に当会の執行部を「極悪」などと批判する投稿を始め、平成28年2月からは当会を除名された者らと連携して執行部批判の活動を行うようになり、同年7月以降所属組織の患部から繰り返し指導・注意を受けても改めずに執行部批判の言動を続けたものである。被申請者のかかる行為は、当会の指導に反し当会の秩序を乱すものであるとともに、会員としてふさわしくない行為であって、当会もしくは会員に迷惑を及ぼすものである。なお、上記日時場所に出頭できない場合には、貴殿の弁明を記した書面を事前に当審査会に提出してください。貴殿が出頭も書面の提出もされない場合には、貴殿の弁明を聞かないまま当審査会の審理を終え、貴殿に対する処分が決定される可能性があります。また、本通知書は、送達の確実を期するため、同一の書面を内容証明郵便及び特定記録郵便にて送付します。

平成29年12月26日

埼玉県さいたま市桜区西堀5丁目14番10号
創価学会埼玉文化会館
創価学会埼玉審査会
審査委員長   南   晋三

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

一人立つ君へ

 投稿者:蘭夢  投稿日:2018年 1月14日(日)09時53分49秒
  今、健気に一人立つ人々が陸続と現れている。

エールを込めて、再掲します。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/37105

私は生きる。
後継の弟子が顕れるまで、生きて生きて生きるのだ。
それは、胸中の先生との誓いである。
広宣流布の未来、それは後継の君たちにかかっている。
その未来を見届けるまで、たとえ体が朽ちるとも、私は生きる。

後継の君たちよ、今こそ、私のこの生命を引き継ぎなさい。
私の全てを引き継ぎなさい。
私の生命を自身の仏界の生命としなさい。
君たちが一人立ち、私のこの生命を引き継ぐまで、私は死ねない。

私は君たちの仏の種となろう。これが本当の下種仏法なのだ。
それが師弟不二なのだ。
私の肉体は滅ぶだろう。
しかし、嘆いてはいけない。
私の生命、私の全ては君たちの生命の中に永遠に生きているのだ。
どんな事があっても挫けてはいけない。
私は、常に君たちと共にある。共に戦っているのだ。

私の胸中には、常に戸田先生がいる。
戸田先生の胸中には、牧口先生がいらっしゃった。
その先生の生命の奥に見ていたものは、御本仏である大聖人である。
法華経である。

地涌の菩薩達が、付属されたものは何なのか
それは、師匠の生命そのものである。
師匠から弟子への生命の引き継ぎのドラマである。
下種仏法の下種、種とは何なのか。
それは、師匠の生命そのものなのである。
胸中に師匠の生命なきもの、師弟不二にあらざるものは、本当の法華経ではない。

今こそ、時は来たのだ。
私が引き継いできた、師匠の生命を、君たちに託そう。
大聖人の御本仏の生命を君たちに託す。

君たちの法華経のドラマは、今、始まったのだ。
歓喜の舞を、舞いに舞い行け。偉大なる後継の菩薩達よ。

 

F*CK YOU

 投稿者:SaySaySay  投稿日:2018年 1月14日(日)09時48分27秒
  ジョーカーさん、いつもありがとうございます。肝心な部分と思います。
http://6027.teacup.com/situation/bbs/78333
>会憲が、創価学会滅亡の因とならないよう、一人ひとりが内容を熟知しておく必要がある。中枢は組織主義であることを認識し、その上で、人間主義を貫く戦いを起こさなければならない。滅亡の因を、発展の因へと転換することができるか否か。弟子の時代の戦いの真骨頂はここにある<

ある賢人に学び、会憲&会則の「会長」に重大な問題があるとの意識を強くしました。

>会長は、「三代会長」を“継承”し、その指導および精神に基づき、この会を指導し、統理する<

この“継承”とはどういう意味か? 「三代会長」と“イコール”になると言うのか??

かつて宗門が「歴代法主は大聖人とイコール」などと言い、それを『日興遺誡置文』で破折していた学会が、今度は同じようなことを言い出すのか???

『「承継」「継承」意味の違いとは?事業の契約書等公文書等の使用方法』
http://goldfishbox.net/syoukeikeisyouiminotigai/
>「承継」は、同じ受け継ぐといった意味でも「精神」や「地位」や「事業」を受け継ぐことといったことに対して使われることが多いです。「精神」や「地位」といったものは抽象度のあるものですね。そして「継承」はというと「身分」、「権利」、「義務」、「財産」など具体的なものをそのままを受け継ぐといったときに使われることが多いです。「王位を継承する」といったような使い方になります。それに対して、法律用語で使われるのは、「承継」ですね。<

“もしもっと金持ちだったら”
“まだ君と一緒にいられたのかな?”
“ははは くだらねーな”
“胸に痛みを感じてるけど”
“それでも君たちの幸運を祈ってるよ”
“お祝いに言ってやるよ”
“「お前らのことなんか忘れてやるよ」”
『F*CK YOU』サラ・バレリス
https://www.youtube.com/watch?v=jZMQ0OKVO80
 

わが友に贈る 2018年1月14日

 投稿者:どうみょうてん  投稿日:2018年 1月14日(日)09時48分21秒
  さあ友と会い語ろう!
人は対話の中でこそ
大きく成長できる。
生き生きと弾む命で
友情の花を爛漫と!
 

やってること支離滅裂

 投稿者:太ちゃん@歓喜の中の大歓喜編  投稿日:2018年 1月14日(日)09時26分26秒
編集済
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/78400

>私は当該講演はお聴きいたしておりません まったく興味がございません<

これだけ何日も執拗な行為をしていながらいまさら宮田氏の講演は「まったく興味がございません」だと抜かした(爆笑)

そんで、宮川さんの話は「どこ」へいったん?(笑)

http://www.geocities.jp/bosatu2015/

 

ドント・アスク・ミーホワイ

 投稿者:SaySaySay  投稿日:2018年 1月14日(日)09時17分13秒
  元職員のブログが更新されています。
『【大結集】「2・11(日)学会本部前サイレントアピール」への決意①(参加表明のご連絡のお願い)』
http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/blog-entry-159.html
初めて【大結集】と呼び掛けています。
ここに参加すれば査問にかけられる可能性が高くなるでしょう。
しかし明後日の埼玉査問事件を知りながらも【大結集】するなら、その効果がないことを奴らは知るでしょう。
株の投資じゃないが、判断は自己責任で。誰も自分の人生・宿命を肩代わりすることは出来ない。かく言う私も暫く身内の事情で遠出はできない。京都が限界かも、です。

“だだっ広いカフェのウエイター達は君がウインクするだけで席を立って来る”
“誰でも幸運な時がある 悪いことばかりじゃないさ”
“答えを待たず 思い切ってやってみることだ 何故かは聞くな”
“列に並んでばかりいた君の人生 それでも 自分の足で立っているじゃないか”
“君は 何を選んでもすぐに気が変わったね もうすぐ 君のカレンダーもおしまいさ”
“答えを待たず 思い切ってやってみることだ 何故かは聞くな”
“人の心はみせかけだなどと うそぶいているのもいいさ”
“僕は炎で炎を鎮めているようなもの”
“でも君は自分で引き起こした災難の犠牲者になっている”
“そして 僕は欲望の犠牲者なのさ”
“他人を頼るな 見知らぬ人と話すな 何故かは聞くな”
“昨日まで君はほんの子供だった 今 君に取りついていた亡霊は皆 消えた”
“古風なやり方で 奴らを殺すこともできる 今じゃ君は――フランス語はお出来になる?”
“答えを求めるな 思い切って やってみたんだ 何故かは聞かないでくれ”
『ドント・アスク・ミーホワイ』ビリー・ジョエル

『実名告発 創価学会』(野口裕介・滝川 清志・小平 秀一) アマゾン「ベストセラー」で絶賛発売中!!!
http://amzn.to/2fxRlFX
 

コンペー新聞

 投稿者:コンペー  投稿日:2018年 1月14日(日)09時15分54秒
  コンペーの話題なので。
聖教新聞と同様にコンペー新聞も外部委託の印刷です。外部委託のメリットは多く、下請け印刷会社や、新聞社にとにかく威張れる事。笑
聖教新聞の啓蒙はもちろん、支援の依頼は地元の職員、副会長クラスがしています。当然、接待もあり得ます。しかし、印刷会社や新聞社の従業員まで方々まで、支援の徹底はほとんどありません。役員どまりがほとんどです。笑
聖教もお付き合いで事務所にあるだけです。
 

小作人@地上の発心さん

 投稿者:うるし山  投稿日:2018年 1月14日(日)09時06分52秒
  あなたには、還俗された研究者の方に特別な思いがあるようですね
そういった人物を、学術大会ということで創価大学において、講演をさせたということにご不満のようです
研究される分野・テーマ・内容はご当人の自由でございます 研究の成果を論文や講演、著作で発表されることもご当人の自由でございます
創価大学で講演されることも、東京大学で講演されますことも、大学が許可をされてのことでしたら、何ら問題はないのですよね
感情論で、この人物には腹が立つ怒っているんだ この人物の主張や思想は許せないんだ この人物と自分は考え方が違うんだ
その点はわかるのですがねえ あなたのお考えもね
学者が許可を得て自説自論を学術大会という公式な場で講演されますこと、違法行為ではありませんよね 先生が創立者である創大ですが、創大が許可をされての講演ですよね どのような問題があるのでしょうかね
感情論でおっしゃらず冷静に、憲法で保障されます、学問の自由、表現の自由をお考えください
私は当該講演はお聴きいたしておりません まったく興味がございません

ネットに溢れます落書き掲示板の低レベルに堕すことのなきよう、各々の人権感覚が希薄になりませぬよう、投稿者が無用のトラブルに巻き込まれませぬよう、老婆心ながら申しあげます

管理人さま この匿名掲示板の在り方につきまして、そろそろご判断をご教示ください
 

ラスボス・原田会長

 投稿者:管理センター  投稿日:2018年 1月14日(日)09時01分42秒
  (某ツイッターより)

原田会長が10日沖縄、11日福岡での会合等に出席するため、移動を始めたと思われる9日から、九州・沖縄地方は寒波が来襲し、居座った。沖縄では雹や霰が降り、九州では大雪に。そのため、福岡での会合は規模を縮小。一方、留守中の首都圏はぽっかぽか。地域と時間限定の異常気象は、誰かにそっくり(笑)


聖教新聞に掲載された写真を見て「小さな会場だな」と思っていたのですが、そう言う事だったのですね
 

(無題)

 投稿者:幸せな人  投稿日:2018年 1月14日(日)08時01分21秒
編集済
  添付  

おはようございます。

 投稿者:幸せな人  投稿日:2018年 1月14日(日)07時56分1秒
  Twitterより。

死ぬのがいやだから、第二次では皆様腰が引けてるらしい(>_<)

もし、事実なら公明党の国会議員はどう考えているのか知りたい。

  本当にそれでいいのしょうか?

思い出したのが若い頃、公務員になりたいと言っていたら、婦人部の方が、公明党の議員を連れてきて、頼みなさいよ。となった。

私の胸中には、先生がいらっしゃったので、絶対してはいけないと思い、勿論そんなことはしませんでした。

広宣流布とは権力との闘いなのにどういうつもりなのだろう?と思いました。

よく「私が控えているから心配するな」と仰られていたと、記憶しておりますが、(議員に権力と闘えの意)
  もう、闘えないというなら、支援させる人に誤魔化さないで、権力怖いから忖度しまーす。と言ってほしい。(>_<)





 

質問です

 投稿者:  投稿日:2018年 1月14日(日)07時13分20秒
  聖教新聞がそうだというのはもう周知の事実ですが、公明新聞も他社の新聞会社に印刷を委託しているのでしょうか?
どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えていただきたい。

もしそうだとしたら、これもまた他社を公明党に忖度させるための世論操作の一環だということになる。

そしてそれを公明に可能にさせているのが、他でもない手弁当で長年支持してきた私達の作り出した、そしていつのまにか一人歩きをする様になった巨大な力を蓄えたモンスターボディーの存在である。

私達は、このままで「一生成仏」を遂げることが可能なのだろうか。
 

人生の座標から~

 投稿者:うーこ  投稿日:2018年 1月14日(日)03時52分42秒
  心の空白、人間不信、無感動。現代は、そんな尋常一様の言葉では到底、表現しきれない深い深い精神の闇が広がっている。そして他人を陥れ、他人の不幸を糧にしてまでも、己ひとりの利益を得ようとする社会の現実?何かが違う。何かがおかしい。だからこそ、人間主義の慈悲が光らねばならない。  

桜の城 『師と共に』 広宣の「魂のバトン」は青年に

 投稿者:赤胴鈴之助  投稿日:2018年 1月14日(日)02時04分48秒
  桜の城 『師と共に』

広宣の「魂のバトン」は青年に

【決意の一念が、現在の行動が未来を決する。

「3・16」とは、弟子が立ち上がる、永遠の「本因の原点」の日だ。】



堕胎宗への辞典・・・幹部執行部への辞典です。末端会員は知っている。

教学部・・・身延の山が恋しい釈迦本仏論を説くエセ学者集団、または、狂学部という。

折伏弘教・・・会長がするすると言って出来ない活動

「黄金柱」・・・年収数千万円貰える壮年部長のこと

励まし週間・・・活動家へ聖教推進、弘教ノルマを確認する事を習慣ずけする週間

中央会議・・・池田先生を100%利用する策を練る会議

財務・・・空家は5口、陀ー腹は3口して、これで、福運がつく寄付の事

功徳・・・新聞営業、会員増加のノルマを達成したら功徳が出るという通達

新聞拡大・・・新聞店を守り、営業が成功するために必要な活動
 

桜の城 『師と共に』 「創価の世紀」の開幕)

 投稿者:赤胴鈴之助  投稿日:2018年 1月14日(日)01時58分56秒
  桜の城 『師と共に』

「創価の世紀」の開幕)

広宣の「魂のバトン」は青年に

「3・16」は、先生とのお別れの、バトンタッチの儀式となった。

先生亡きあと、「学会は、空中分解する」というのが、世間の厳しき予想であ
った。

"師の言葉を虚妄にしてなるものか!"

私は、師弟不二の"魂のバトン"を握り締め、走りに走った。

あの日から四十星霜。学会は、思想界の王者、人権の王者、平和の王者とし
て、世界の空高く飛翔した。

四十年の歳月は、人びとを厳しく峻別した。

退くものは退き、悔恨の汚泥に沈んだ。裏切った輩は、

「始めは事なきやうにて
            終にほろびざるは候はず」
(御書一一九〇頁)との御金言通り、厳然たる審判を免れまい。

私とともに歩んだ歴戦の友は、人生の凱歌をあげている。

その尊き友を、私は、永遠に顕彰し抜きたい。

師匠の教えを実現してこそ弟子である。誓いを果たしてこそ弟子である。

そこに、私の最大最高の誇りがある。

日蓮大聖人は、「未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」
(御書二三一頁)と仰せである。

決意の一念が、現在の行動が未来を決する。

「3・16」とは、弟子が立ち上がる、永遠の「本因の原点」の日だ。

私にとっては、毎日が新しき決意の出発であり、毎日が「3・16」であった。

今、二十一世紀の大山脈は、旭日に染まり始めた。

「3・16」の方程式に則り、創価の魂のバトンは、完全に青年に託した。

いよいよ、その「壮大な時」は来はじめた。

草花も、生き生きと、緑と花の乱舞の三月。

私が愛し、信頼してやまない青年たちよ!

二十一世紀は、君たちの大舞台だ。

君たちの出番が遂に来た。厳然と始まった。

 

無慈悲な自公政権!学会員は公明議員に声をあげて変えさせよう! Part 2

 投稿者:無冠の師子  投稿日:2018年 1月14日(日)01時11分51秒
  政局様に深く同意!! 昨年の記事には:

地獄小学校編「朝昼晩、給食!? 欲しいものはなんでも万引き!」

支払わないのか、支払えないのか。経済的困窮を理由に給食費の滞納者が急増中と語るのは首都圏某小学校の教諭(36歳)。

「学校は北関東、国道4号線沿いにあります。場所柄、工場勤務の親御さんが多く、そのしわ寄せが子供たち

に及んでいます」自ら配膳係を希望し、給食の残りを大きなタッパーに入れ、こっそり持ち帰る子もいるそう。

「給食の時間がいちばん活気づきます。余ったゼリーは争奪戦になります。どこかの県で3か月未納が続いた

場合、給食を提供しないことを決めたというニュースがありましたが、もしうちの学校が実施したら暴動に

なると思います」子供たちによる“暴動”学級崩壊が起きていると嘆く教諭が続く。

「日頃、家で満たされないストレスによるものなのか。友達の文房具や衣類を盗み、それを近所の公園で販売

する問題児たちがいて。彼ら彼女たちは万引きの常習犯で、コンビニであれスーパーであれ、お構いなし。

今後が心配です」

学校内で援助交際、教室で恐喝。“底が抜けた”高校生に怖いもの、失うことなどないのだろうか。

「援助交際も恐喝も、うちの学校の日常のワンシーンです。発覚次第、停学か退学ですが、この手の話は後を

絶ちません」こう話すのは関西某所にある、受験倍率1倍以下の県立高校の教諭(44歳)。 聞けば、街に

繁華街はなくバイトできる店も少ない。

「街の経済自体が沈滞しているので、お金のためなら手段を選ばないマインドが育ってしまうのかもしれませ

んね」別の学校では、生活の困窮をタテに、こんな暴論を吐く親もいるという。

「校則でアルバイトは禁止なのですが、それを知った親が職員室に乗り込んできて……。『ウチは高校から

小遣い、食事代はバイトで稼げって教育方針だ。あんた、ウチの家計の事情も知ず、何様のつもりだ!』
って……」

子供のバイト代をあてにするとは、何ともやりきれない話だ。週刊SPA!4月4日号では、「家族の貧困が止ま

らない」という特集を組んでいる。荒れているのは学校だけではない現実とどう向き合うべきなのだろうか。

〈取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/タカミトモトシ〉

こども食堂が全国で367箇所あるそうです。 給食以外はバナナ一本で一日を過ごす小学生が増えている

現実。世界になだたる経済大国の日本で起きてるこの悲惨な現実。

自民・公明党は日本の宝である子供達を大事にしないでどのような将来が日本にあるのでしょうか?

年収何千万の高給を得ている公明党の議員達は心に痛みすら感じない人になってしまわれた。その人達を

無条件で応援した創価学会員達も残念ながら同罪であると断じざるおえない。

何時まで偽弟子(執行部)共に騙され続けるのであろうか?

一人でも良い、地元の会員を目覚めさせて創価・公明党を本来の組織に戻す戦いをしましょう。
 

先駆で査問を呵責!

 投稿者:男子部Nメール  投稿日:2018年 1月14日(日)01時05分34秒
  昨年末、東京で勇敢な婦人部Sさんが、中野の会館に於て先駆で原田を天魔と見抜き、操られ査問で動き出した輩を、真っ向から呵責されました。

婦人部のSさんは、査問に来た中野総区の石橋と山下の二人に対し、「幹部の不正を糺す会員に対して、査問など呼び出す事態、大謗法ですよ!!」と最初の第一声から呵責されたのです。
査問に来た二人は、その後、Sさんの正義の姿に色を失い圧倒されたのです。


そして本年、関西の勇敢なる男子部Sさんが、同じく査問で動いた天魔に対して、大阪の会館で見事なる呵責をされました。

Sさんは査問に来た輩に対し、「査問など、魔が入ったくだらない事をしていると、厳しい現証が出るぞ!!」と強く呵責したら、臆病な輩は震えあがったのです。
その震える輩にSさんは「関西男子部長をここへ呼びなさい!!」と追撃し抜きました。

査問で天魔の呵責に先陣を切ったお二人の同志は、本当に素晴らしいです!

この天魔呵責を為してこそ、歓喜湧き上がる楽しい戦いです。

私も勇敢なる、お二人の同志と共に、師子の決意で、天魔打倒を祈りに祈り呵責し抜きます。
 

沖縄学会員よ!先生の弟子として、魂を見せてくれ!

 投稿者:中間幹部Z  投稿日:2018年 1月14日(日)00時26分28秒
  以下のつぶやきは、新基地反対派の方からの〈拡散希望〉です。

【大拡散!】
現在の票読みでは、公明が相手陣営についたことで本当に激戦です。
全く油断できません。
ここは今、民主主義の最前線であり最後の砦です。
全国の皆様、どうかお力を分けてください!
うちなーのおじいおばあの涙も、若い機動隊の涙も僕はこれ以上見たくありません!
1月28日告示です!



上のつぶやきは明らかに名指しで、
沖縄公明の裏切りによって、
新基地反対派が窮地に立たされてしまったことを訴えています。

万が一にも自公が勝ち、新基地建設に大きなはずみがついてしまったら、
平和を求める新基地反対派の沖縄県民たちは、
生涯にわたり、絶対に公明党(学会)を許さないでしょう。

沖縄の同志の皆さん!
同県の平和勢力を絶対に敵に回してはいけません!
信濃町は利害打算だけで、自民との選挙協力です。
「推薦」を沖縄の学会幹部にゴリ押しで、押し付けたに決まっています!
本心で自公候補を応援したい幹部なんていないはずです。

どうか自民の犬っコロにならざるを得なくなった幹部ではなく、
池田先生の弟子として、平和の使いとしての良心に従ってください。
そして、平和のための投票行動を何とぞお願いいたします。

新基地推進派が負ければ、外部の平和勢力の人たちも
地元の学会員の人たちは、良心に従い
新基地反対候補の稲峰さんを応援してくれたんだと納得してくれるはずです。
どうか利害と打算と保身の結果、出てきた「推薦」打ち出しではなく、
先生の弟子として、平和勢力と手を携えて、沖縄の魂を見せてください!
 

同盟題目

 投稿者:  投稿日:2018年 1月13日(土)23時48分48秒
  今晩は、皆様
ありがとうございました
池田先生、奥様、皆様のご家族が健康長寿であります様に
おやすみなさい
 

貴方の心にある師匠とは?

 投稿者:mission  投稿日:2018年 1月13日(土)22時50分24秒
編集済
  「花○○道は日達が懐ろ刀と褒め称えたバカ・○田は原田学会の狂教アドバイザーのバカ」…この文言だけで「重大な人権侵害」に当たらないと思います。
だって、花野充道氏や宮田幸一氏(小作人様も投稿されてますが)達が今までしてきた言動は、うるし山さん曰く「他者の人格を否定し愚弄*侮蔑」そのものですから。

天台の本覚思想を取り上げてる“花野充道”(加古川市*浄福寺)を私、十数年前に組織の婦人部達と謝罪させた事があります。
花野充道は浄福寺から数十キロも離れた我が地域に、池田先生の誹謗中傷ビラを新興住宅地の戸建てポストへ数人の女性とバラ撒いたから!
初めに気付いたのは庭先に出ていた高齢の壮年部。早創期から戦ってこられた方なので、その場で厳しく叱責し花野達そこから退散→直ぐ様 連絡され在宅の婦人部に知れ渡る→手が空いてる婦人部達が原付バイクとママチャリで、連絡(携帯)取りながらポスティングしている花野達を現行犯で阻止。

池田先生への誹謗中傷を1つ1つ全て指摘したが、何一つ反論も出来ない無様で情けない花野達の姿を思い出す。
警察署が近い事もあり『警察呼ぶよ!』と言うと、ひたすら謝り「二度と足を踏み入れません」と約束しスゴスゴと帰って行きました。
その後2日を掛け沢山の婦人部達が、3千戸以上を一戸ずつ訪問し説明しながら“誹謗中傷ビラ”を回収。
その週の支部婦人部員会にてコント仕立てで披露したので、会合は笑いの渦でした。


そして、池田先生の想いが詰まった創大で行われた「日本宗教学会*第74回学術大会」(2015.9.5)の中で、宮田教授となる者がした発言を(https://youtu.be/nInVBJ18F_0)  うるし山サンは、ちゃんと聞かれたのか?
研究者としての学説や教義の解釈などは別として、耳を疑う様な言葉に『師弟』を感じたのか?と私は貴方に問いたい。

18:10宮田「えーまぁですね、えーそれでですね、三番目 教義改正のロジックって話ですけれどもですね。あ そうか、その前に まぁ あ 今回のね改正の事情、これはやっぱし池田先生のですね、えー健康問題っていうのがあり、まぁねぇ(中略)
えー池田先生が亡くなった後に変えるのか、生きてるうちに変えるのか、っていうこういう選択です。
ねぇ えーまぁ生きてるうちに変えた方が、ねぇ まぁ何というか、えー動揺が少ないんじゃないか、って事ですね」

創価大学で教鞭を執る宮田幸一は、創価大学の創立者であられる池田先生に対して《生きてるうちに》と2度も言った。そんな者に「バカ」くらいではすまない!私は。
その場で他門の学者等と和やかに懇談し、宮田や花野達の発表から計画して教義や御観念文の勝手な変更をしたダーハラやダニ川も!

師匠である池田先生の事を誹謗中傷する者達(宮田*花野)を擁護し腹も立たない貴方から、池田先生を『師』とも思ってない事は理解できました。
詭弁な投稿を重ねながら、管理人様に判断を仰がなくても良いんじゃないですか?

そして、日護様の“代理投稿”についての真偽や検証する術はありますょ。
この掲示板に投稿される前に、何人もの人達へ同じ文章が送られ、その人達が“代理投稿”されてるのですから。

貴方も御存知だと思いますが、宿坊の掲示板は【巧妙に結託し、師匠である池田先生を追放した最高幹部、54年問題総括の場】なのです。
師匠である池田先生を誹謗中傷した者達へ“厳しい意見”を投稿する何処がいけないのでしょうか。
最後に…【宿坊の掲示板】は、貴方が心配されてる「どこかの落書き掲示板レベル」に堕ちる事はありません(^^)


 

同盟題目!

 投稿者:信濃町の人びと  投稿日:2018年 1月13日(土)22時50分9秒
  23時に開始です。よろしくお願い致します。
池田先生と奥様のご健康を祈りましょう。
 

国難突破解散とは北朝鮮撲滅戦争の異名である!

 投稿者:ドミサイル信濃町の入居者  投稿日:2018年 1月13日(土)22時46分55秒
  南無公明党佛のお告げでございます。安倍政権の国難突破解散とは北朝鮮撲滅戦争開戦への布石でございました。国民の付託を得たいまこそ、北朝鮮撲滅戦争即時開戦の時来る、でございます。南無公明党佛。南無公明党佛。南無公明党佛。  

/1451