スレッド一覧

  1. ひらがなプロジェクト(236)
  2. アルベア論(975)
  3. 虚構の大石寺疑惑(2)
  4. 正義のあかし(47)
  5. 掲示板の注意事項(1)
  6. 2015年安保法制(977)
  7. アラシ行為記録(21)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4469/76719 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

無慈悲な自公政権!学会員は公明議員に声をあげて変えさせよう! Part 2

 投稿者:無冠の師子  投稿日:2018年 1月14日(日)01時11分51秒
  通報
  政局様に深く同意!! 昨年の記事には:

地獄小学校編「朝昼晩、給食!? 欲しいものはなんでも万引き!」

支払わないのか、支払えないのか。経済的困窮を理由に給食費の滞納者が急増中と語るのは首都圏某小学校の教諭(36歳)。

「学校は北関東、国道4号線沿いにあります。場所柄、工場勤務の親御さんが多く、そのしわ寄せが子供たち

に及んでいます」自ら配膳係を希望し、給食の残りを大きなタッパーに入れ、こっそり持ち帰る子もいるそう。

「給食の時間がいちばん活気づきます。余ったゼリーは争奪戦になります。どこかの県で3か月未納が続いた

場合、給食を提供しないことを決めたというニュースがありましたが、もしうちの学校が実施したら暴動に

なると思います」子供たちによる“暴動”学級崩壊が起きていると嘆く教諭が続く。

「日頃、家で満たされないストレスによるものなのか。友達の文房具や衣類を盗み、それを近所の公園で販売

する問題児たちがいて。彼ら彼女たちは万引きの常習犯で、コンビニであれスーパーであれ、お構いなし。

今後が心配です」

学校内で援助交際、教室で恐喝。“底が抜けた”高校生に怖いもの、失うことなどないのだろうか。

「援助交際も恐喝も、うちの学校の日常のワンシーンです。発覚次第、停学か退学ですが、この手の話は後を

絶ちません」こう話すのは関西某所にある、受験倍率1倍以下の県立高校の教諭(44歳)。 聞けば、街に

繁華街はなくバイトできる店も少ない。

「街の経済自体が沈滞しているので、お金のためなら手段を選ばないマインドが育ってしまうのかもしれませ

んね」別の学校では、生活の困窮をタテに、こんな暴論を吐く親もいるという。

「校則でアルバイトは禁止なのですが、それを知った親が職員室に乗り込んできて……。『ウチは高校から

小遣い、食事代はバイトで稼げって教育方針だ。あんた、ウチの家計の事情も知ず、何様のつもりだ!』
って……」

子供のバイト代をあてにするとは、何ともやりきれない話だ。週刊SPA!4月4日号では、「家族の貧困が止ま

らない」という特集を組んでいる。荒れているのは学校だけではない現実とどう向き合うべきなのだろうか。

〈取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/タカミトモトシ〉

こども食堂が全国で367箇所あるそうです。 給食以外はバナナ一本で一日を過ごす小学生が増えている

現実。世界になだたる経済大国の日本で起きてるこの悲惨な現実。

自民・公明党は日本の宝である子供達を大事にしないでどのような将来が日本にあるのでしょうか?

年収何千万の高給を得ている公明党の議員達は心に痛みすら感じない人になってしまわれた。その人達を

無条件で応援した創価学会員達も残念ながら同罪であると断じざるおえない。

何時まで偽弟子(執行部)共に騙され続けるのであろうか?

一人でも良い、地元の会員を目覚めさせて創価・公明党を本来の組織に戻す戦いをしましょう。
 
》記事一覧表示

新着順:4469/76719 《前のページ | 次のページ》
/76719