投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ひらがなプロジェクト(223)
  2. アルベア論(975)
  3. 正義のあかし(46)
  4. 掲示板の注意事項(1)
  5. 虚構の大石寺疑惑(1)
  6. 2015年安保法制(977)
  7. アラシ行為記録(21)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ある詩より

 投稿者:正義  投稿日:2017年 5月29日(月)06時49分14秒
  お薦めの詩です。

 

(無題)

 投稿者:末端信者  投稿日:2017年 5月29日(月)04時12分21秒
編集済
  一人のSGI 様 投稿者:mission 投稿日:2017年 5月29日(月)03時24分14秒 を支持します。

小善ではなく、折伏に通じる大善の行動だと思います。
私も、頑張ります。
 

一人のSGI 様

 投稿者:mission  投稿日:2017年 5月29日(月)03時24分14秒
編集済
  の投稿を読んでから随分と悩んだのですが、理解して貰いたい事があるので書いてみたいと思います。決して“一人のSGI様”への反論ではありません。
一人のSGI様が、何故 今 教学に拘っているのか?という決断は、とても良く解ります。

ですが、日本に在住し日本の組織に属している私達は、今 日本の中で起こっている様々な権力に対して『何としても戻さなくては!』との思いに駆られて行動している…しなくてはいけない『時』だと言う事も解って欲しいのです。

>仏法の目からみれば、全ての問題の根源は私達全員が作ってきた原因の結果でありますから、逆に言えば、私達の正しい行動によって解決できるという事になります<
「私達の正しい行動」…今の私達(日本)に於ては『声を上げる』『正しい事(池田先生の御指導)を語っていく』と私は思っています。

>この様な社会状況だからこそ、小善の行動として声もあげながら、それこそ大善の方に力を入れなければいけないのではないか<
決して「教義」を疎かにしても良いとは思っていませんが、「小善の行動として声もあげながら」では、今の日本を取り巻く「権力の魔性」には勝てません。

「大善は教義」「小善は行動」と気付いた者達がしたならば、第六天の魔王を叩き出す事はできるのでしょうか?
今の日本に居る私は『そんな生半可では出来ない』と日々語っている中で感じています。

日本の創価組織の中だからこそ切歯扼腕し、今の創価公明や政治を日々感じているから『時』としては遅いくらいだと焦燥しているのです。
一人のSGI 様が大善と仰る「教義」を我見から大きく曲げたのは原田執行部であり、池田先生が叫び続けて来られた『平和主義』『人間主義』を大きく逸脱させたのも創価公明…それを正しい方向に戻す事に専念すべきは、日本に居る私達だと思います。
教学を理解し「信」を深めただけでは、「教義」を大きく曲げた大元の原田執行部を正す事にはならないと。

あくまで私個人ですが「原田門下」になった人達への対話等を止めて、心ゆくまで唱題し御書を研鑽する生活へ逃げたい気持ちになる…今の私にとって その方が楽だから。
『声を上げる』『正しい事を語っていく』行動は、冷たい言葉や村八分的なデマ噂に何度も何度も心が折れそうになり、語ってる最中にでも涙がこみ上げてくる時もあるのです。
それでも『気付いた私がしなきゃ誰がするの』と自分の中にある勇気を奮い立たせて挑んでいます。

それは、池田先生が命懸けで守って来られた『創価学会』を『池田門下の創価』に必ず(絶対に)戻したいから。
先に「除名処分」を下された方達を元に戻したいから。
『創価学会』の礎になられた草創期の方々や《蘭夢様》の投稿で仰られていた『熱原の農民信徒達』の不惜身命の信心で権力と闘う姿に、恥じない行動をしたいからです。

それらを叶える為には、何度でも語り爪を立てる行動を私はしたい…しなくてはいけない。
今の私には《一人のSGI様》が仰られている「信*行*学に優先順位」は付ける事は出来ないのです。
決して反論しているのではありません。
《一人のSGI様》が仰られている「少なくとも教義はある程度の理解によって「信」が深まる」と言う事も、この掲示板で学んでいます。

そして《幸せな人様》が仰られていた様に、沢山の人達からの真実の投稿に希望がわき、《宮川様》の代理投稿から生命(いのち)を揺さぶられ、権力に負けてしまいそうな私自身から『勇気』を絞り出して貰える。

【断じて悪と戦うことである。極悪と戦えば極善になる。反対に悪を許せば自分が悪になってしまう】
2000.11.20九州最高協議会

【広宣流布のために苦労している皆さま方である。だれが見ていなくとも仏が見逃すわけがない。三世十方の仏菩薩が見つめている。だれが知らなくとも無量無辺の諸天善神が、ほめ讃え守ってくれる】
2003.9.5海外代表協議会

池田先生が↑励まして下さってるから、「行」である『声を上げる』『正しい事を語っていく』行動を止める訳にはいかない。
「会合参加停止」の私にとって、たった一人で声を上げ続ける事は、冷たい言葉や村八分的なデマ噂の嵐で凄く辛い…
けれど創価貴族が牛耳る「創価公明」を『池田門下の創価』に戻すまでは、何としても絶対に逃げない!と我が家の御本尊様に誓ったから、成し遂げるまで頑張り続けます。
宿坊の掲示板の皆様から、沢山の勇気を戴きながら。

《一人のSGI様》とりとめ無い文章になってしまい申し訳ありません。
 

宿坊botより

 投稿者:凱歌  投稿日:2017年 5月29日(月)01時55分43秒
編集済
  室井佑月
「嘘をついても居直り、反論にならない反論をして逆ギレ
それを許す国民とマスコミ」
あ!これは、安倍さんの事です
原田会長の事ではありません
本部は「嘘も反論」さえもしていません
「今回はお応え出来ません」とノーコメントです
つまり「シカト」です
支援団体として、会員を煽るだけ煽り支援活動させ、都合が悪いことはノーコメントとは?
これって安倍さんより酷いのでは?
こんな対応許していいんですか?
 

一千人の精鋭と十万の老兵との戦さ

 投稿者:窮状  投稿日:2017年 5月29日(月)00時50分30秒
編集済
  今日から次の一手が始まります。

「 何やってんだ !しっかり監視しろ!」 と

八から怒鳴られる。哀れ弓の姿かな。
 

バカ板閑職に追いやられた諸君へ。

 投稿者:大石小石  投稿日:2017年 5月29日(月)00時47分53秒
  スマホやタブレット(キャリア判明済み)駆使してまで内部情報を抜こうなんてそんな諜報もどきの真似はやめなさい。足立や墨田、千代田とあちこち動きながら(笑)

なるほど、都議選とかいう「法戦」を君らも八の字あたりから無理矢理、指示されて?毎回報告書出さないと叱られるしなぁ。

とにかく。バレバレだからね!
 

さて、僕は何を拝しているのだろう。

 投稿者:蘭夢  投稿日:2017年 5月29日(月)00時44分17秒
  御本尊にお題目をあげながら、ふと思った。

一体、僕は何を拝しているのだろう。

熱原の法難において、その信徒の不惜身命の信心に、感じるものがあり
大聖人は、本懐として、大御本尊を顕わしたと、昔、教えられた。

そして、今、ふと何を大御本尊と認識して拝しているのか

無意識に、ただ光を感じ、それに合わせていたが、その光とは何なのか

僕は、自身が祈る、その拝するものにフォーカスをあてた。

不惜身命の信心の弟子。そして師匠である大聖人。

この師弟不二の関係。そしてその師弟不二の弟子達が異体同心で権力と闘う姿。

そこに、生命と生命が共鳴し、光り輝くものを見ていた。

これだ、これが法華経の神髄、この生命の共鳴こそが、法華経の言いたかったこと。

そこには、虚空会のように、大聖人を中心に地涌の弟子達が誓い合う姿があった。

この生命と生命の共鳴状態の絵画ともいうべき虚空会、たしかに御本尊の相貌だった。

そうなんだ、師匠だけではだめ。師匠と弟子。時だ。この熱原の、この瞬間の生命と生命の共鳴。

これを大聖人は、残したかったんだ。伝えたかったんだ。

この生命と生命の共鳴に時を超えて、我が生命も共鳴させていく、その時、法華経の通り
地涌の菩薩が陸続と現れる。この地涌の菩薩とは、人類の宿命転換のことだ。

そして、現代になり、そうだ、僕が拝している大御本尊とは、草創期の大先輩達。尊い一人一人の
仏性の、その共鳴。
大御本尊とは、他ならぬ、異体同心の尊い草創期の大先輩達の生命、75万世帯の人々の生命の仏界を
そうだ、その人たちの生命の共鳴を僕は拝していた。

僕が大御本尊と感じていたものは、大聖人に連なり、師弟不二で闘う異体同心の人々の生命と生命の共鳴
それを大御本尊と感じていたんだ。

それ以外に大御本尊と称するものはない。

あぁ、だから戸田先生は、あれほど組織を大切にと。

されど、師弟不二にあらざれば、そこに血脈はない。悲しいことだ。
 

ジャクソンファイブ様

 投稿者:凱歌  投稿日:2017年 5月29日(月)00時15分57秒
編集済
  感動的な話、ありがとうございます
表面的に見ていると、創価学会ってハァ?
洗脳?
自分で考えている?
と思うし、思われています
しかし、大地の底に隠れていた地湧の菩薩のごとく真の弟子がたくさんいることに感動します

カンピース様
仰る通りだと思います
公明党が戦争へと行く時、平和の団体、創価学会が「黙っていない」と勉強会で言っていました
それにも、かかわらず
「今回は答えられません」と門を閉めているのは、あまりに自語相違であり、無責任ではないでしょうか?
会員に対しても、外部の人に対しても納得いく説明をお願いします
公明の支援団体の創価学会に「説明責任」は、ないのでしょうか?
会員は、不思議に思わないのでしょうか?
選挙をお願いする外部友人から聞かれたら
なんと答えるのでしょうか?

御書を学べば学ぶほど、池田先生は正しい!と感動します
反対に御書、先生の御指導を読むば読むほど、本部に、本部の打ち出しに不信感を持ちます
それは、内心、打ち出している幹部自身も感じているのではないか?と最近思い始めでいます
なぜならば
壇上で話す幹部、座っている幹部、
いわゆる「がんばっている人」も誰も輝いていない
「須弥山に近づく鳥は金色に輝けり」
輝いている人がいない
それは
須弥山に近づいていないからではないか?と思いはじめています

自分自身は、どうか?
御書、先生の御指導を学べば学ぶほど、歓喜よりも、執行部に対する怒り、呆れが多くなっていきます
今、創価学会員として正しく求道している人は誰だろう?
歓喜の信心とは?
思索しています

ふと思いました
同じ話も
執行部に対する不満として受け止めるのか?
感動的な弟子の戦いとして受け止めるのか?
プラス思考か?
マイナス思考か?
が出るのではないか?と思いました
究極の楽天主義になっていかないと怒りと呆れに負けてしまうように思いました
自問自答で、すみません

とりとめない話ですが、
ジョーカー様のお考えを教えて頂けますか?
よろしくお願いします
 

三木淳さんについて

 投稿者:大石小石  投稿日:2017年 5月29日(月)00時13分33秒
  三木さんが病院のベッドで生死を彷徨っていた時。病床枕の下から一通の手紙があった事に気付く。

それは先生からのお手紙でした。三木さんはそれを家族に叱る。しかし、家族は「貴方の指示でそうしたのですよ」と。

今の青年部ば幹部は知らないでしょうな。特にバカ板の雇われ兵。これはもったいなくもあのヒロシくんが命名(笑)

シャクライや中村、ゆみたんもはやく足抜けしたほうがいいよ~。
 

同盟題目

 投稿者:  投稿日:2017年 5月28日(日)23時48分18秒
  今晩は、皆様
ありがとうございました
先生、奥様、皆様方が健康、長寿であります様に
おやすみなさい
 

何故、今、教学?

 投稿者:一人のSGI  投稿日:2017年 5月28日(日)23時46分41秒
  少し説明させてもらいますね。
何故、今、教学にこだわっているのか?という事についてです。
私なりの決断です。

今のこの現況において、何に一番重きを置くかの優先順位の差だと思います。
いずれにしても、仏法の目からみれば、全ての問題の根源は私達全員が作ってきた原因の結果でありますから、逆に言えば、私達の正しい行動によって解決できるという事になります。

結論を先に言えば、この様な社会状況だからこそ、小善の行動として声もあげながら、それこそ大善の方に力を入れなければいけないのではないかと思っています。
大善とは何でしょうか。それこそ大聖人の仏法の信、行、学ではないでしょうか、

人間革命に、ある選挙の戦いの時の話が、あったのを思い出します。(覚え間違いでなければいいのですが、、)
選挙戦も終盤を迎え少しの時間をも惜しむ様な状況の中で、その地域に応援に行かれていた先生が、早朝にやったのは、なんと御書講義でした。しかも教材は超難解な「当体義抄」。
メンバーはどうしてこんな時に御書講義をやるのか、場違い、時期違いではないかと思ったのは当然の事。
でも大変な時こそ、信心の基礎を徹底するという、先生の指導がそこにあったようです。
理解できるかどうかが問題ではなく、その求道心に結果がついてくるのではないでしょうか。

私事になりますが、私が執着しているのは、特に一念三千の法理に関したものです。
一番基本でありながら、一番おざなりにされてきた法理だと思うからです。
これを間違うと、大聖人の仏法が根本から崩れます。
事の一念三千の御本尊の理解にも関係します。

少なくとも、この教義のある程度の理解によって、「信」が深まると私は信じています。
ご理解いただけるとうれしいです。
 

同盟題目開始します。

 投稿者:信濃町の人びと  投稿日:2017年 5月28日(日)23時07分45秒
  遅れました。同盟題目を開始します。よろしくお願い致します。  

フリー・バード

 投稿者:SaySaySay  投稿日:2017年 5月28日(日)22時01分24秒
  ダメよ~ ダメダメさん、『報道特集』ありがとうございます!
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69551

大阪の地区ぶちょ~さん、私も同感です。戸田先生が「公平な人なら誰でも運営できるような創価学会」に第三代会長がしてくれるという意味のことを言われていたそうですし。小説『新・人間革命』にも「幹部に威厳は(昔は必要だったが)必要ない。気さくさの方が必要」という意味のことが書かれていました。ただ「ひとり一人が会長」ですよね。
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69563
引用の『名字の言』は私もよく覚えています。覚えている人が多いようですね。

生涯&広布一筋兄弟さん、「カルマ論」というか、これは裏返して「生命は永遠=三世」を意味していますよね。本来、西洋になかった考え方です。協議会で「なぜ生命は永遠だと思うのか、本当に前世なんかあるとなぜ思うのか、と内外に訊かれたらどう答える?」という話をしていたら、ある年配の婦人が三世の話をせずに宿業の話をして説明しました。これが智慧というものだと、さすがだと思いました。
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69578

虹と創価家族さん、全く同感です。テキストを読み聞かせされたら「ああ、釈迦仏教なんだ」と思うのではないでしょうか。実は私も入信直後はそう思っていました。日蓮仏法は違うのだと知ったのは少し後のことでした。釈迦仏法はいわば「日蓮仏法0.0」でしょうか?
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69559

プロジェクトXさん、いつもありがとうございます。キーワードに「村八分」てあるんですね。どんな宗教やねん?
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69582

日蓮仏法2.0さん、ごもっともです。「教学は信行学の重要な一要素」
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69600
「(教学がないと、信心は行き詰まる。また、何か事故があったり、自分自身の問題で行き詰ってしまった時に退転してしまう。)“結局、教学こそが、信心を向上させる因なのです”」(大白2011年8月号27ページ池田先生)

誰か私を呼んだ?さん、ツイート人さん、「バードウォッチング」ですか? 「怪鳥」が見たいなら信濃町に行けばいいのに。双眼鏡を持っていたら共謀罪でしたっけ?
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69584
http://6027.teacup.com/situation/bbs/69592

“俺は根っからの自由な鳥だから おまけにこの鳥は 頑固で変わりようがないのさ”
“自由な鳥は空を飛ばないとダメなんだ それは誰にも変えられない”
“俺は変わらないんだ 誰にも俺は変えられない そう 俺の性分は変わらないんだ”
“おまえも飛んでみないか? 自由な鳥のように”
『フリー・バード』レナード・スキナード
https://www.youtube.com/watch?v=np0solnL1XY
 

不思議?

 投稿者:いつもはロムさん  投稿日:2017年 5月28日(日)21時55分30秒
  掲示板の趣旨と異なる投稿が散見されますよね。
最近、とみに。何か、学会員さんが一見すると困るから
何処かから指令でもあるのでしょうか?
元本部職員の座談会監視や昨日の報道特集の証言があった、ネットを見るな。みたいなことがあると懐疑的になってしまいます。失礼しました。
 

楊門女将 3/12

 投稿者:体長1.3mの巨大猫  投稿日:2017年 5月28日(日)21時10分11秒
編集済
 


<動画のあらすじ>

穆桂英(ぼくけいえい)はたった一杯の酒で悪酔いし、
祝いの席にもかかわらず、つい悲しい胸の内を暗示する歌を歌ってしまう。

穆桂英のただならぬ雰囲気を感じた佘太君(しゃたいくん)は、
楊宗保(ようそうほ)の母・柴郡主(さいぐんしゅ)に、
桂英は本当に悪酔いしたのかと尋ねる。

さらに、焦廷貴(しょうていき)には、
辺境の三関へ赴任中の宗保の身に何かあったのかと問い詰める。

孟懐源(もうかいげん)を含め三人は必死になって隠し立てをするが、
佘太君による再三の尋問に耐えきれず、
とうとう焦廷貴が真実を明かしてしまう。

宴席は一気に凍りついた・・・・・。
 

「創価学会の歴史と確信」(11)

 投稿者:生涯&広布一筋兄弟メール  投稿日:2017年 5月28日(日)20時16分47秒
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/69459(10)

戸田城聖全集より・・

(下)

私は、創価学会の理事長を、学会創立以来つとめてきたのである。私と牧口会長とは、影の形に添うごとくで、私
自身が生まれてきたのは、学会の理事長になるためのようであり、故牧口会長と生死をともにする為であったと考
えられる。

それであるにもかかわらず、私は創価学会会長になることは、本当に嫌で嫌でならなかったのであった。先生の万
一のことがあった時、会長の位置が当然、私に来ることを恐れたのである。

私は、まず、第一回の試みとして寺坂陽三氏を教育し、次代会長の貫禄をつけんと努力したのである。しかし、彼
は小才にすぎず、牧口会長の口真似のみして、学会内に勢力をうることのみ腐心し、ついには学会を二分しようと
する機運にまで立ちいらしめたのであった。

しかも、彼は法罰をうけ、牧口会長を窮地(きゅうち)に陥れんとするの事件を起こしたのであった。

やむなく私は、事件の収拾に立ち、故稲葉伊之助氏ら三十余名の財務部員相違のもとに、行政面に牧口会長の権力
を強化し、彼から幹部をうしなわしめて、ようやくことなきを得たのであるが、彼を次期会長とする計画は失敗に
終わったのであった。しかし、次代会長の養成は、絶えず私の脳裏を去らなかったのである。

その後、現在の中の支部長・神尾武雄氏に目をつけて、牧口会長に進言し、教育を願ったのである。しかし、昭和
十八年の嵐において、ひとまず、その考えを捨てなければならなくなったのは、氏の夫人の信心の力にも関係し、
氏自身の生命力にも関係することであった。氏は再び一兵卒として再出発をなし、将来を期することになっている
のである。
 

創大卒でも外部で著述に携わる人間の著作は学会の許可制を求めたほうがよくないですか?

 投稿者:9911???  投稿日:2017年 5月28日(日)19時18分44秒
  週刊ダイヤモンドで創価特集の中心的人物とされた創大出身の外部の記者の秋山謙一郎ですが、
朝日から「友達以上、不倫未満」などというふざけた本を出し、それをまた聖教新聞が第一面に広告しています。

こういうのをみると共謀罪は必要ですが、たとえ外部の人でも創価学会や同士の許可を得た人間のみ、著作に携わるようにしなければおかしくなりませんかね?

https://www.amazon.co.jp/%E5%8F%8B%E9%81%94%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%80%81%E4%B8%8D%E5%80%AB%E6%9C%AA%E6%BA%80-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E8%AC%99%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4022737123/ref=asap_bc?ie=UTF8

 

議論が深まっています

 投稿者:日蓮仏法2.0メール  投稿日:2017年 5月28日(日)18時57分10秒
編集済
  多くの真面目な同志がこの板で教学について意見を交換しています。オープンで、真摯に、かつ互いの意見を尊重しながら。考えてみれば、かつてこのような機会がありました?とすれば、画期的で素晴らしい傾向ですね。

御存知のように、教学は信行学の重要な一要素です。現在、根本尊形である御本尊そのものをどのように理解すべきかが揺れており、問題になっています。その理解は、御本尊の前での自分の信心の姿勢から始まり、自分の生き方に関わっていきます。さらに、組織の在り方、活動に対する姿勢、ほかの人たちへの接し方、最終的には社会や政治のレベルまでに影響します。つまり、一念三千の原理をより広く敷衍すると、いかなる一念(思想)を取るかにより、それが三千(人生・社会等)へと展開されるわけです。

「 妙法即御本尊と私たちとが直結することこそ仏法の根本であり、極意であります。・・・ それはまた、あらゆる人々が御本尊と自分との関係に生きることでもある。」http://6027.teacup.com/situation/bbs/69589

人法一箇の大御本尊は日蓮久遠本仏論のベースの上に構築されています。これは新刊書第一部のテーマですが、正宗の法主絶対主義の権威的階級制度を正当化する論理として利用されました。
投稿にもあるように、牧口先生の価値論・罰論、戸田先生の功徳論・組織重視論、池田先生の「一人一人の人間革命」重視論の差を認識しておくことは重要です。http://6027.teacup.com/situation/bbs/69572

SGIの中にはこうした様々な異なった考え方・要素が混在しています。組織重視の思想は権威的階級制度に、人間革命重視の思想は一人一人を大切に、一人一人の宿命転換・境涯革命を支援する方向に運動論が展開されます。

これは「我々凡夫の視点から見た実践方法」に、また「「法」のみあっても「人」・「仏」がいなければ、事の仏法はダイナミックに活きてこない」ということに通じます。http://6027.teacup.com/situation/bbs/69578

最後に結論を。「組織中心のイデオロギー」を内面化すると、メンバーに対しても、組織への信服随従があたかも「信心がある」かのような幻想を生んでいきます。したがって、いかなる理由であれ、組織に対して批判的態度を取ると、差別・疎外・排除等の制裁を受けることになります。最終的には、喜びも躍動もない閉塞状態に陥ります。
他方、「会員中心のための組織」という立場を取ると、理想論かも知れませんが、「自他彼此の心なく」同じ人間・同じ信仰者のレベルで対話が重視されます。一緒に理想的な組織・信仰共同体を形成していこうという志向性が共有されます。喜びと体験が共有され、人々に希望と勇気を与えていきます。
前者は日蓮久遠本仏論の弊害で、後者は凡夫本仏論の目指す射程です。

その意味で、私は現在のSG/SGIが前者を放棄して、後者の方向に移行することを評価しています。まずは思想(一念)の革新から。そこから新たな人生・信仰共同体・社会・政治(三千)への展開を。そのための「凡夫即身成仏論」です。

https://www.amazon.co.jp/%E5%87%A1%E5%A4%AB%E5%8D%B3%E8%BA%AB%E6%88%90%E4%BB%8F%E8%AB%96-%E6%9D%BE%E6%88%B8%E8%A1%8C%E9%9B%84/dp/4802093160/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1495891131&sr=1-1&keywords=%E6%9D%BE%E6%88%B8%E8%A1%8C%E9%9B%84

 

ありがとうございます。

 投稿者:幸せな人  投稿日:2017年 5月28日(日)17時34分3秒
  真正の弟子様、ありがとうございます。

早速見てみます。
m(_ _)m
 

ある写真家の実名

 投稿者:ドミサイル信濃町の入居者  投稿日:2017年 5月28日(日)17時11分48秒
  故人ですし、歴史の真実として明かしても良いのではないでしょうか?私の知る限りにおいては、故、三木淳氏かと思われます。  

幸せな人様

 投稿者:真正の弟子  投稿日:2017年 5月28日(日)17時07分21秒
  彼の方のブログです。
http://www.ac.auone-net.jp/~davinci1/index.html
 

こんにちは。

 投稿者:幸せな人  投稿日:2017年 5月28日(日)16時48分48秒
  シャクソン ファイブ様、いつも目から鱗の投稿ありがとうございます。

真実を知ることで希望がわきます。

先生の残された言葉で、闇に葬り去られたものを全て知りたい。そんな気持ちです。

出来れば尊敬される大先輩のかたのブログを是非拝見したいのですが、検索仕方を教えていたたけますと、とても、嬉しいです。
お願い致します。m(_ _)m
 

Re. Twitterより。共謀罪を心配する声が。農業者、農業生産め監視対象の可能性が。公明党はしっかりしろ!

 投稿者:不思議?  投稿日:2017年 5月28日(日)16時26分9秒
  ツイート人 さまが言われる通り、農業者に限らず一般人を捜査対象の被疑者とすることができます。
先般のツイッターの通り、議員・公務員・官僚にはこのような網はかけられていない。公職の者は共謀罪の適用外です。良い身分制度ですね、彼等は共謀していても常に単独犯としてトカゲの尻尾切りのように捨てられる。

どこかの宗教法人みたいです。裏切ったら、秘密バラしたら生活の保障は無いぞと。

体制保持を念頭に様々な詳則が組み立てられた時に、この共謀罪は、威力を発揮します。
そして、金力・権力により警察の捜査権の濫用が始まる。大正年代から昭和初年に変容する「治安維持法」がこの典型でした。平成に至り、「共謀罪」と名称を変更して再び思想弾圧の法律が出来上がる。

もう、自民党も公明党も支持母体の創価学会もルビコンを渡ってしまい、「今回はなにも話すことは有りません」の世界になってしまいました。嗚呼、末法か、オシャカかと心有る会員は沈黙しています。
 

本日の政教珍聞で~す、原田怪鳥様、学生部が凱歌の60周年とのコト、誠におめでとうございま~す(笑)

 投稿者:カンピース  投稿日:2017年 5月28日(日)16時15分37秒
  最近、御姿が見えない原田怪鳥様、お元気デスかぁ~(笑)学生部が凱歌の60周年へ、拡大月間がスタート、

大胆に朗らかに打って出よ、デスかぁ~(笑)その割には写真は3月のもの? ワケがわかりませ~ん(笑)

>学生部には民衆の団体である学会を守るべく、社会変革への正義の対話の渦を起こす使命がある<
(5・28 政教珍聞1面より抜粋)

対話の渦を起こす使命がある執行部の皆様方(笑)、TBSの取材に、「今回はお答えできません」と取材拒否(笑)

学生部の諸君より先に、対話の渦を起こして下さいねぇ~(大爆)

 

Twitterより。名古屋で盗撮に懲りたのか?沖縄では婦人部の参加者ウォッチング。

 投稿者:ツイート人  投稿日:2017年 5月28日(日)15時27分58秒
  昨日の元職員3名の座談会in沖縄。先月の中部・名古屋座談会での盗撮失敗に懲りたのか?風の噂では男子部は使い物にならないと今回の沖縄では何と婦人部教宣部が出動(苦笑)おそらくそれなりの幹部でしょうが、盗撮は危険との判断か?婦人部お二人でバードウォッチングならぬ参加者ウォッチング  

代理投稿(連投です)

 投稿者:シャクソン ファイブ  投稿日:2017年 5月28日(日)15時11分38秒
  連続の代理投稿で申し訳ありません。
よろしくお願いします。






先生が創られた聖教新聞や同時放映が乗っ取られた今、
先生の声を弟子に届ける諸天は、あらゆる形を取ります。

4.24の寸鉄「 第三代を中心に団結せよ !」の師匠の叫びを載せる為に、

執行部の検閲が終わった後に、差し替える師匠の叫びを、幾人の弟子が知っただろうか?
 

正義はある!

 投稿者:正義  投稿日:2017年 5月28日(日)15時10分15秒
  創価学会からも子供たちに希望と勇気と正義を
大人が見本を見せて欲しいです。

------------ --------------------------------------------


「あったものをなかったものにできない。」



前川氏が、自分には何の得もなく逆に大きなリスクがあり、さらに自分の家族やお世話になった
大臣や副大臣、文部科学省の後輩たちに迷惑をかけると分かった上で、それでもこの記者会見をしたのは

「正義はある」

ということを、子どもたちに見せたかったのではないだろうか
「あったものをなかったものにはできない。」
そうなんだ、嘘をつかなくていいんだ、正しいものは正しいと、間違っているものは間違っていると、
多くの人を敵に回しても、自分の意見をはっきりと言っていいんだ。
子どもたちとって、これほど心強いことはない。
「正義」や「勇気」のタネを自分の心に蒔いて、しっかりと育てていいんだ。
どれほど心強いだろう。

原文を一読ください ↓ 創価より創価らしい
http://kidsdoor.tokyo/yumiko.watanabe/2017/05/27/「あったものをなかったものにできない。」から/
 

代理投稿です

 投稿者:シャクソン ファイブ  投稿日:2017年 5月28日(日)15時08分27秒
  こんにちは。
宮川氏の代理投稿です。よろしくお願い致します。




私の尊敬する大先輩のブログより、その先輩の許可を頂き御紹介させて戴きます。

秋谷氏の指示により、恐らく
抹消されたであろう、先生の魂の御指導を護り、伝えられる伝持の獅子であられます。

先生の波動をそのまま受けておられる方であり、

静かな物言いと、
小柄な五体から発せられる、
生命の波動は、接する者の魂を鷲掴みにして、生涯を覚悟せしむるに余りある。

幕末の志士を革命に決起せしめた
幕末の獅子、吉田松陰先生をさえ彷彿とさせる御存在である。

ーーー以下 引用ーーー

沿革概要

私が所有する戸田先生、池田先生の指導テープの一覧です。

ただしホームページの容量の都合で音声そのものを掲載できませんが、
いずれは掲載したいと思っています。

池田先生が勇退させられる直前、秋谷副会長(当時)から

「池田先生は間違っている。先生のテープが存在することは爆弾を抱えているようなものだからすべて消去し廃棄するように」

との指示がありました。

 私は先生より

「 広宣流布の音聲を末法万年まで伝えよ」との

言葉と揮毫を戴いており、
とても消去したり廃棄することは出来ませんでした。

 隠し持てるだけ、
拾い集められるだけのテープを個人的に保管してきました。

このことが発覚すれば職員を首になる覚悟でした。

 広宣局とシナノ企画が所有する音源をすべて聖教資料室に回収すると、音源台帳より消去する音源を青木、柳原両副会長が選別し、

資料室の職員が消去したのです。

その数およそ1600本にものぼる。この事実を永久に記録しておきたい思う。

 広布の途上にあって、創価学会における焚書事件は起きました。

今なら先生の主張が正しかったことが証明され、当時の音声はその証拠ともなる訳ですが、一度消去されたテープの復元は容易ではありません。

 二度とこのような事態が起きないことを祈っております。

『 先生の広宣流布思想 』

秋谷氏が秘密裏に破棄せよと命じた、先生の御指導の一部を要約して送ります。

「 池田門下生と戸田門下生の違いは、はっきりしている。

「 戸田の命より大事な創価学会の組織 」という、

戸田の意志を受け継ぐ人々が戸田門下生である。

したがって彼らは、
創価学会の組織が無ければ広宣流布は出来ないと考えている。

池田先生は━━━、

「 池田の命より大事な創価学会の組織 」とは言われていない。

むしろ先生は、

「 世界広布に組織はいらない 」と。

「 ニューヨーク辺りに本部を設置し、

例えばユダヤ協会のような組織でなければ、組織に依る世界広布はできない 」とまで、言われた。

池田門下生は、
「 創価学会と言う組織が、無くなっても、

池田先生とその精神、その思想があれば、世界広布は必ず出来る 」と。

「 広宣流布とは、1人1人が、絶対に崩れざる平和の要塞を、我が心の中に築く事 」だ、と。」

━━━以上、先生の御指導より( 尊敬する先輩のブログより転載 )

ーー以下、投稿者所感ーーー

日蓮仏法━━文底独一本門に於ける広宣流布は、云うまでもなく、

一人の成仏に因る『依正不二』の原理である。

この原理を、先生は、人間革命執筆の冒頭に━━、

『 一人の人間に於ける偉大な人間革命は、一国の宿命の転換を成し遂げ、

やがては地球人類の宿命の転換をも可能にする。』
と留め置かれた。

SGIの日.1.26提言を始め、

先生は、「 先生の百六カ抄講義(未完) 」に於いても、

「 妙法即御本尊と私たちとが直結することこそ仏法の根本であり、極意であります。

それはまた、あらゆる人々が御本尊と自分との関係に生きることでもある。

たしかに、妙法広布を推進する組織はなければなりません。

だが御本尊と自分との直結という仏法の極意、本義に立つならば、

組織はあくまで、この直結をより深くするという根本目的の為の手段といっても過言ではないでしょう。

この目的と手段をはき違える時、
その組織はたちまち権威主義とドグマに囚われ、民衆を苦しめる魔物と転化するのであります。

( 先生の百六カ抄講義第8回 )

その組織はたちまち権威主義とドグマに囚われ、民衆を苦しめる魔物と転化するのであります。

個々人の自由意志を封殺し、
従わないものに、役職解任や除名処分と言う罰を与え、会員を強権的に従わせる今の、信濃町の組織こそ、

先生が最も危惧された民衆を苦しめる魔物なのである。

今こそ、日蓮大聖人の万人成仏の大法を、世界に広宣流布すべき時にあたり、

民衆を苦しめる魔物の呪縛から心を解放し、先生を我が命の中心に据えて、世界の平和と、全民衆の幸福の為に、

真の日蓮仏法、池田思想、創価思想を御本尊と言う法を根本に実現して参りましょう。

我々が今、
先生の真の御指導に巡り合う事の必然に感謝するものである。

常唱院 日護 拝
(宮川 日護)

☆写真は吉田松陰先生の御肖像☆

一般に流布されている御肖像は余りにも老けて書かれてあり悪意さえ感ずる。

そこで、30歳で亡くなっておられ先生の凛々しき御肖像を探した所、

弟子達が集まり造らせた松陰先生のお顔に一番そっくりな御肖像が見つかりましたので掲載致します。
 

Twitterより。共謀罪を心配する声が。農業者、農業生産め監視対象の可能性が。公明党はしっかりしろ!

 投稿者:ツイート人  投稿日:2017年 5月28日(日)15時00分6秒
  種苗法が共謀罪に入っています。農業生産活動すべてが監視対象になる可能性もある。もちろんJAはさらに組合としての自主的活動も制限される可能性がある。政府の指定した種子しか使えなくなる可能性もある?  

法華私記縁起 1

 投稿者:体長1.3mの巨大猫  投稿日:2017年 5月28日(日)14時29分10秒
編集済
  法華私記縁起
沙門灌頂述

大法東漸僧史所載。

大法が東漸して、僧史に載せらる。

釈尊が悟り、教え弘めた仏教が、西域を経て、インドから中国に伝来した。
僧伝に名前が留められている高僧のなかで、



詎有幾人不曾聽講。自解佛乘者乎。

あに、いくばくの人か、かつて講を聴かずして、自ら仏乗を解する者あらんや。

『法華経』が説く円頓の一実中道を、師に聴聞することなく、
自分一人だけで徹底自悟した天台大師智顗のような高僧が、
今までに一体どれだけあったであろうか。
〔1.自解仏乗の徳〕



縱令發悟。復能入定得陀羅尼者不。

たとえ、発悟するも、またよく定に入り、陀羅尼を得る者あるやいなや。

大蘇山で有相行と無相行との二行を実修して三乗の悟りを得ても、
更に師の慧思との間で四昼夜に及ぶ問答によって境地を深めている。
有相・無相の法華三昧の前方便を旋(めぐ)らせ、
仮を旋らせて空に入り、空を観る智慧である初旋陀羅尼を解悟した
天台大師智顗のような高僧が一人でもあったであろうか。
〔2.深入定慧の徳〕



縱具定慧復帝京弘二法不。

たとえ、定慧を具すも、また帝京に二法を弘めるやいなや。

大蘇山で有相行と無相行との二行を実修して三乗の悟りを得、
仮を旋らして空に入り、空を観る智慧の初旋陀羅尼を解悟したような高僧が
どれほどかあったとしても、
陳都建康に、法華三昧の前方便の修行実践を含めて、
旋陀羅尼の法華円頓の一実中道の教えを、よく説き示し、実修し、弘めた
天台大師智顗のような高僧が一人でもあったであろうか。
〔3.帝京弘法の徳〕
 

法華私記縁起 0

 投稿者:体長1.3mの巨大猫  投稿日:2017年 5月28日(日)14時16分45秒
編集済
  「法華私記縁起」とは、章安大師灌頂自身が『法華玄義』を「私記」する「縁起」を叙述したものであり、
『法華玄義』の冒頭に記されています。

その構成は、灌頂自身が天台大師智顗の行跡のなかから十を数える功徳を選び出して、
「天台十徳」として師を讃える前半部分と、
『法華玄義』の筆録編集の意義を記述した「私記」の「縁起」の後半部分とから成ります。

天台十徳は、自解仏乗の徳、深入定慧の徳、帝京弘法の徳、謝衆隠棲の徳、二朝国師の徳、
正殿講経の徳、主上三礼の徳、称美讃歎の徳、玄悟法華の徳、昼夜流瀉の徳の十をいいます。

特に後半では、灌頂の師を求める姿と、師の法門を後世に伝えんとする熱意を強く感じ、
像法時代の正師との師弟不二の姿を見ることができます。

以下全文を引用しますが、
解説は次回より数回にわたって投稿します。



法華私記縁起
沙門灌頂述

大法東漸僧史所載。
大法が東漸して、僧史に載せらる。

詎有幾人不曾聽講。自解佛乘者乎。
あに、いくばくの人か、かつて講を聴かずして、自ら仏乗を解する者あらんや。

縱令發悟。復能入定得陀羅尼者不。
たとえ、発悟するも、またよく定に入り、陀羅尼を得る者あるやいなや。

縱具定慧復帝京弘二法不。
たとえ、定慧を具すも、また帝京に二法を弘めるやいなや。

縱令盛席謝遣徒眾隱居山谷不。
たとえ、席を盛んにするも、徒衆を謝遣して山谷に隠居するやいなや。

縱避世守玄。被?為二國師不。
たとえ、世を避けて玄を守るも、徴(め)されて二国の師となるやいなや。

縱帝者所尊。太極對御講仁王般若不。
たとえ、帝者に尊ばれるも、太極に対御して仁王般若を講じるやいなや。

縱正殿宣揚。為主上三禮不。
たとえ、正殿に宣揚するも、主上のために三礼するやいなや。

縱令萬乘屈膝。百高座百官稱美讚歎彈指喧殿不。
たとえ、万乗が膝を屈するも、百の高座、百官が称美し、讃嘆し、弾指して殿に喧しやいなや。

縱道俗顒顒。玄悟法華圓意不。
たとえ、道俗が顒顒(ぎょうぎょう)たるも、法華の円意を玄悟するやいなや。

縱得經意。能無文字以樂説辯晝夜流瀉不。
たとえ、経意を得るも、よく文字なくして、楽説弁をもって、昼夜に流瀉するやいなや。

唯我智者具諸功德。
ただ、わが智者のみ、諸の功徳を具せり。

幸哉灌頂。昔於建業始聽經文。
幸いなるかな。灌頂、昔、建業において始めて『経文』を聴き、

次在江陵奉蒙玄義。晩還台嶺仍値鶴林。
次に江陵にありて『玄義』を奉蒙(ぶもう)し、晩に台嶺に還って、なお鶴林に値う。

荊揚往復途將萬里。
荊・揚を往復して、途まさに万里なり。

前後補接纔聞一遍。
前後補接して、わずかに一遍をきく。

非但未聞不聞。亦乃聞者未了。
ただ未だ不聞を聞かざるのみにあらず、またすなわち聞く者も未だ了せず。

卷舒鑽仰彌覺堅高。
巻舒(けんじょ)・鑽仰(さんぎょう)して、いよいよ堅高なるを覚ゆ。

猶恨縁淺不再不三。
なお、恨むらくは、縁浅くして再ならず、三ならず。

諮詢無地如犢思乳。
諮詢(しじゅん)するに地(ところ)なく、犢(こうし)の乳を思うがごとし。

並復惟念。斯言若墜將來可悲。
ならびに、また惟念す。この言、もし墜ちなば、将来悲しむべし。

涅槃明若樹若石。今經稱若田若里。
『涅槃』に「もしは樹、もしは石」と明かし、『今経』に「もしは田、もしは里」と称す。

聿遵聖典書而傳之。
聖典に聿遵(いつじゅん)して、書してこれを伝えん。

玄文各十卷。
玄と文と、おのおの十巻なり。

或以經論誠言符此深妙或標諸師異解驗彼非圓。
あるいは経論の誠言をもって、この深妙に符し、あるいは諸師の異解を標して、かの円にあらざることを験す。

後代行者。知甘露門之在茲。

後代の行者、甘露の門、ここにあることを知らん。


 

訂正します

 投稿者:あたい姫=未来姿  投稿日:2017年 5月28日(日)14時06分34秒
  下記のは新・人間革命の革命が抜けていました。ごめんなさい。  

風の噂

 投稿者:誰か私を呼んだ?  投稿日:2017年 5月28日(日)14時05分28秒
  あくまでも風の噂で聞いたことなのですが、
(根拠のないこと書くなと言う方、ご免なさい!)
名古屋の失敗に懲りたのか、今度は婦人部教宣2名での、
おしゃべりバードウォッチングだったとか。
あっ、あくまでも、風の噂で聞いただけっすから、
気になさらないでください。

 

新・人間の第8巻の宝剣に、独り言

 投稿者:あたい姫=未来姿  投稿日:2017年 5月28日(日)14時04分21秒
  こういう質問に対して先生の答えがあります。もっともですね。
●「正直なところ、私は学会の組織というのは好きではありません」との質問に。

●先生は、私を守るというが、学会を守ることが私を守ることになる。1人の会員を、十人、百人、千人の会員を守ることが、私を守ることです。なぜなら、私の人生は、そのためにあるときめているからです。私たちがめざしている広宣流布は、無血革命といえるが、私は会員のため、法のため、社会のためには自分の血を流そうと決意しています。その覚悟と勇気がなければ、広布の指揮はとれません。学会を離れ、会員を離れて、私はない。 もし、君に少しでも、私をもろうという心があるならば、学会の組織の最前線を走り抜き、会員を守ることです。
●大事なところですね。
 

【師弟不二アーカイブ】の使い方 その1【タグ】

 投稿者:プロジェクトX  投稿日:2017年 5月28日(日)13時01分44秒
  【タグ】

右側にタグというのがあります。

このタグの下にある 各【キーワード】

54年辞任or勇退  SGI  ひらがな  わが友に贈る  アクセンチュア疑惑
丹治問題  五義の教を知る  五義の教を知る 第一章 五重の相対  体験談
僭聖増上慢  八尋  公明党  処分・村八分  分派 創 価思想の源流について
原田会長・・・

大きさはバラバラですが・・・
ワードを左クリックすると関連する投稿が出てきますよ。

使ってみてくださんぷいね!!! ヨロシク♪♪
 

赤胴鈴之助さん

 投稿者:螺髪  投稿日:2017年 5月28日(日)12時55分42秒
  赤胴鈴之助さん

 いつも投稿を拝見しています。地道な投稿に敬意を表します。

 愚筆の引用、ありがとうございます。「引用をお許しください」なんていりません。私なんか、グリグリさんの“法門”をパクリ放しです。他の記事のパクリはいけないでしょうが、グリグリさんとかジョーカーさんのは、失礼がない限り“フリー”だと思います(笑い)。


 

RE:【創価学会とは】大白蓮華6月号P.108

 投稿者:プロジェクトX  投稿日:2017年 5月28日(日)12時52分20秒
  投稿者:虹と創価家族   投稿日:2017年 5月28日(日)05時03分48秒

>>なるほど、なるほど。

>>創価学会とは、日蓮大聖人を、釈尊が表した仏教の『継承者』と信奉する教団なのですね。
>>P.109には太字で『仏教の教えの中核は、釈尊が目覚めた「法」です』と書かれています。

>>宮田臭がプンプンします。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/69559

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【宮田論文への疑問(須田論文)】

須田論文がダウンロードできます!
http://sgi-shiteifuni.com/?p=11702

-------------------------------
★★師弟不二ARCHIVE★★
http://sgi-shiteifuni.com/
 

TBS報道特集、最高

 投稿者:ミネルヴァの梟  投稿日:2017年 5月28日(日)12時49分5秒
  政権側、いよいよ尻に火が付いたというか、尻から火を噴き出している。

そのままミサイルの様に、大気圏外に消え失せろ!と、切に願う。

前川氏と菅氏。人間としての格とか質という点において、勝敗は明らか。
週刊誌やスポーツ紙ならまだしも、大手新聞社を使って、ささいなスキャンダルの個人攻撃とは、語るに落ちるとはこのことだ。

国会の会期を延長せず、共謀罪だけを成立させて国会を閉じてしまえ、という暴論が、自民党内で広まっているらしい。
とにかく6月18日までに共謀罪を成立させ、5人か10人、見せしめに逮捕して、強引に反対論を押さえ込むという手法が、まったく有り得ないとは言い切れない。

普通に考えて有り得ない事が、この2~3年、安倍自公政権においては普通に起こる。

厳しく監視しなければ。

昨日のTBS報道特集。やはり圧倒的な伝達、拡散力。
ゴキブリの巣を突っついたかのように、ネトウヨや工作員が大騒ぎ、這い出してきていた。(笑)

一度と言わず、何度でもやってもらいたい。

学会本部の対応。サイテー。(失笑)

 

言葉・・宿業・カルマ・広宣流布

 投稿者:生涯&広布一筋兄弟メール  投稿日:2017年 5月28日(日)12時35分2秒
編集済
  一人のSGIさまが書かれておられる通り、カルマ論は非常に大切ですよね。

そして、九識論・・

私は仏法を語るのによくカルマの話をします。そして、九識論・これはニーチェの体験的話も加え・・
私が出会う欧州人達、カルマの話はよく理解できます。
人知れず苦しんでいるからこそ、仏教の話に興味を持つわけですから・・

彼らにはキリスト教でいう原罪に苦しんでいます。運命は変えられないという苦しみと劣等感・
これが、大聖人の仏法で変えられるカルマとして伝える。その力の実証は御本尊への唱題で得られる生命力、
とともに、どんどん変化する己の内面とその環境、と変えていく、行こうとする力・スペクトル。
それらの実体験で彼らは大聖人の仏法を知ります。

ですから・・カルマ論は大切でありますよね、ただ、そのカルマ論をネガテイブなものとして話をするのか、
完全に変えられると話をするのか。そこも、ポイントかもしれない。

ご存知の方も多いと思いますが、昔、日本でもありましたよ・・何十年も昔の話です。
「あんた・あなた・君の宿命・業が深いからだよ」と押さえつけられる。
・・そう言われると、人は落ち込むんですね。
落ち込んだ人も大勢います。私も、そのひとり。確かに昔の一時期、宿業・業論を強調しすぎた時代があります。

そのことによって、自分ほど業が深い人間はいないんだ・・だから、こうやって苦しみのは仕方がないと・・
簡単に変えられない・・
暗くなってしまう、暗くさせた幹部が多いですね。これは本当の話です。
で、結局、落ち込んだ時、題目も挙げれなくなり。さらに落ちこみ、信心しても何も変わらない・・
退転となった人も大勢います。 <だから新聞啓蒙を、選挙を、全部受け止めて、どんな幹部でも、
その言う事を聞いてと・・カルマ化してしまう、しまった?・・>

そこを、大聖人様の仏法では、すべての人が宿命転換できると言われている、だから、
悪業を持っているから自分はダメなんだと悲嘆してはいけない。大聖人と同じ仏の生命を持っているんです・・
と、言えば、ずいぶん違いますよね。先生も「業論」について、「業」をそのように考えてはいけないと、
そのような指導を何時からだったかされていたと思います。

その影響ではないでしょうか「業論」「宿命論」を外したのは?
だからと言って、業論、宿命論をすべて閉じてしまうのは浅はかであり。
もし、そうだとしたら師の慈悲を短略的に受け止めたとしか思えませんよね。
その深い慈愛を知って展開していけば良いと思いますが・・

カット、カット、カットすれば済むみたいに楽な方へ、楽な方へと・・「浅き」道をとってしまっている。
親の心子知らずです。


「広宣流布」という言葉は先に示された英文のように、平和構築・・社会の平和、国の平和を築く
でいいと私は思っていますし,そう話をしています・・「創価学会」を広げる、「創価学会の興隆」
だけでは、わかる人はわかりますが、聞き様によっては独善的な組織の興隆・拡大を目指し、
日本の仏教組織を広げるという風に捉えられかねません。

大聖人の仏法では個人個人が幸福になり,隣人をも幸福にし、社会が良くなり、国も良くなるという
三遍土田(さんぺんどでん)の理論、色心不二理論、依正不二理論・・
つまり、立正安国・・平和思想・平和構築の為の方途が示されています。
<もちろん、「悪の一凶』を止めよと・・>


ここからは、自問自答の結果を書きます・・特定の方、向けには書いておりません・・

大聖人様は私たちに何を残されたのか・・出世の本懐は何だったのか?

ご自分は本仏だから崇め?だった?

自分を拝めば崇めば、すべて祈りが叶う?

いや、そうではありませんよね・・

個人が幸福になる為。個人が幸福になる事で社会、国家が平和になる方途を教えてくださった。
正しき本尊に唱題する事により、宿業に苦しむ人生、生命を打ち破る「仏」の生命が即時に取り出す事ができます。凡夫の「即身成仏」=直達正観の法ををお残しくださった・・「凡夫の即身成仏」でしょうか・・

松戸様の論理は大聖人様の仏法は我々末法の民衆に残されたものであって、本仏と崇めという権威の論理ではな
い。凡夫を宿命の牢から解き放すため、すなわち我々凡夫の視点から見た実践方法を残された。
これが大聖人様の本懐ではないか・・と、主張されているように思います。

松戸様の主張は多岐にわたっていますが、その主張の根底・基礎・大枠はそのようであるとそう理解しています。

しかしながら、この凡夫が即成仏=直達正観を大聖人が残されていた訳ですが・・
それを、700年後に甦らせられたのが牧口先生、戸田先生の生命を賭けた戦いでありました。

そして、戦後の戸田先生の「生命論」で「創価学会」がスタートしたのです。

そして、この大聖人仏法を現代に展開、誰えもでき得なかった世界宗教にされた大導師、池田先生・・
世界の大法として世界に拡げてくださったのです。

結局、「法」のみあっても「人」・「仏」がいなければ、
事の仏法はダイナミックに活きてこないのは言うまでもありません。

ここで・終わります。少し、長くなりましたお許しください・・
 

ためにする「軍国宗教・創価教育学会」の印象操作

 投稿者:小作人@地上の発心  投稿日:2017年 5月28日(日)12時32分21秒
  牧口・戸田は“戦争反対”だったわけではない、、、との難癖を付けて
いま現実に三色旗を高々と掲げて平和と人権尊重を叫ぶ学会員たちに
しつこく横槍を入れてくる徒輩の浅はかさとその背後にある意図を見破れ。
 

ひらがなプロジェクトへ ひゆほんきゅうかのだいじ  ひらがなを投稿しました。

 投稿者:赤胴鈴之助  投稿日:2017年 5月28日(日)12時07分5秒
  ひらがなプロジェクトへ 御義口伝講義録上、ひゆほんきゅうかのだいじ  ひらがなを投稿しました。

池田先生の御心がよく分かる、講義だと思います。
約50年前の講義だと思いますが、今に通じる、世の中の事を的確に分かりやすく教えられています。

赤鬼氏のブログより引用しました、感謝!!
序品七箇の大事
0713    第七 天鼓自然鳴の事

中略
 所詮、御本尊様しかない。広宣流布のみが世界平和を実現するただ一つの方程式である。
このことを絶対の大確信をもって示しているのである。
 もし、創価学会が、世間の批判、中傷を恐れて、広宣流布の戦いをやめたならば、あるいはまた、権力
に迎合し、慈善事業などで民衆をあざむくとすれば、民衆の幸福は永久に没してしまうことだろう。

一触即発の戦争の危機がさらに深刻をきわめ、この地上に阿鼻叫喚の世界が出現することは、経文に照らし、
御書に照らし、明々白々たるものがある。


 われわれは、断じて権力に迎合してはならない。

言論界等に、よく書かれようとして、おべっかを使う見苦しい態度など、微塵もない。民衆をごまかして
いくような卑きょうな真似もしない。あくまでも隨自意なのである。右にも寄らず、左にも寄らない、ただ

全民衆の幸福のため法旗を高く掲げて戦うのみである。
引用終わり

大阪の地区ぶちょ~さんの書き込みを見て・・・雨の文化祭の事を思い出して、涙が累々とあふれ出てきて
止まりません。
私は体操部、嫁は人文字で、色紙をぬらさないように、必死だったと言っていました。
私たちは、R43号線の陸橋の下で、学会歌で、台風を止めようと声を限りに歌っていたのです。
「日本男児の歌」「威風堂々の歌」とうとう次から次へ指揮者は変わっての歌い続けていました。

螺髪さん、まさに私が言いたかったことです。

引用をお許しください。
雲は、山や陸や草木から水蒸気を吸い上げたり、雨を降らせたりしている現象に過ぎません。地球がひとつの
生命体だとすると、空に浮かぶ雲は、地球の“煩悩”だともいえそうです。その雲が、実は、日に照らされ
て“夕焼け小焼け”と美しく輝いていることも知っています。

 つまり、知っているか、知っていないかの違いです。「一念三千」の「法」というのは、どうも、それを
知っているかどうかだけです。だから、きっと、仏の別名を「智慧」と言うのでしょう。艱難の時にも、
大空には「希望」が広がっているということになります。

雨の文化祭以来、竜神は諸天善神となって、私を守っていてくれているのを感じています。

「空に浮かぶ雲は、地球の“煩悩”だともいえそうです」。
素晴らしい言葉です。
その煩悩を吹き払って、雨が止んだのは、一心一念法界に編し、煩悩即菩提の題目の力を実感した瞬間です
し、先生との師弟不二の血が通った瞬間でもあります。

昭和50年代に入ると、突然、師弟のきずなを引き裂こうと嵐が吹き出しました。
師弟不二、生死一大事血脈の言葉は使ってはいけないと、お達しがあったのです。
 

紅の歌を思い出しましょう

 投稿者:虹の戦士  投稿日:2017年 5月28日(日)11時52分10秒
  紅の歌を思い出しましょう

”老いたる父母の 築きたる
広布の城をいざ 護り抜け”

---------------------------------
一、
ああ紅の 朝明けて
魁光りぬ 丈夫は
ああ暁鐘を 打て 鳴らせ
驕(おご)れる波浪よ なにかせむ
邪悪の徒には 栄えなし
地涌の正義に 民衆(たみ)の旗

二、
毀誉褒貶(きよほうへん)の 人降し
輝く王道 この坂を
父(ふ)の滸(もと)集いし 吾らあり
子(きみ)よ大樹と 仰ぎ見む
ああ青春の 金の汗
誓いの青藍 虹かかれ

三、
老いたる父母の 築きたる
広布の城をいざ 護り抜け
眩き地平に 澎湃(ほうはい)と
若き翼よ 爽やかに
万葉の詩 ともどもに
舞いに舞い征け 世紀まで

---------------------------------


池田先生の広宣流布の戦いの時代
とあの人物の弘安2年のご本尊の否定、
教義変更、勤行要点の変更の時代を
比較してみると、どうでしょうか。

すべては現証に勝るものなしだと思います。

公明党も創価学会も原点にもどるべきだと
思います。

日蓮正宗とともに力をあわせて、まずは
日本の広宣流布に力を入れるべきでしょう。

”ある人は右翼といい、ある人は左翼といい、
ある人は独善とののしるかも知れぬ。”
この言葉が池田先生の立正安国論講義
には書かれています。

創価学会、公明党は民衆のための中道を
進まねばならないのが使命のはず。
権力に黙ってしたがっていてはいけないと
思います。つまりは立正安国論の精神を
失ってはいけないと思います。

---------------------------------
北朝鮮のミサイル
カジノ法案
共謀罪
政治家のスキャンダルだらけの国会
天皇陛下のご退位に関する混乱
---------------------------------




 

罰と功徳と人間革命

 投稿者:賢くなりたい婦人部  投稿日:2017年 5月28日(日)11時09分36秒
  ……………………【人間革命の時代】……………………………………


初代会長、牧口常三郎は、価値論を立て、「罰」という反価値の現象に苦しまぬよう警鐘を鳴らすことに力点を置いた。
第2代会長戸田城聖は、戦後、広く庶民に仏法の偉大さを知らしめるために、経済苦、病苦、家庭不和等の克服の道が、仏法にあると訴え、御本尊の功徳を強調した。
では、これからは人びとは、仏法に何を求め、私たちはどこに力点を置いて、仏法を語るべきなのか。

伸一は、青年たちと忌憚のない対話を交わすなかで、こう実感した。
“心を強くし、困難にも前向きに挑戦していく自分をつくるーーつまり、人間革命こそ、人びとが、社会が、世界が求める日蓮仏法、創価学会への期待ではないか!
もちろん経済苦や病苦等を解決していくためにも、人びとは仏法を求めていくだろうが、若い世代のテーマは、自己の変革、生き方の転換に、重点が置かれていくにちがいない。
つまり、『人間革命の時代』が来ているのだ。

………「新・人間革命」第24巻人間教育の章p205………………

私の女子部時代は、“自身の人間革命こそ最高の功徳”と教わったものですが、どういうわけか、婦人部での話題は、幹部の話も含めてお金、病気、家、仕事等々、概ね表面的な事柄で終わります。

先生の52年路線というのは、この『人間革命運動』と深く関連しているのだと、近頃勉強し始めて気がつきました。私たちは、信仰に何を求めているのだろうか?今更ながら、改めて自問自答の時だと思います。
 

小作人@地上の発心様

 投稿者:大阪の地区ぶちょ~  投稿日:2017年 5月28日(日)10時41分10秒
  小作人@地上の発心様、同意致します。人間的な深みに欠けるように感じます。




 

楊門女将 2/12

 投稿者:体長1.3mの巨大猫  投稿日:2017年 5月28日(日)10時36分45秒
編集済
 

<動画のあらすじ>

穆桂英と柴郡主は、
高齢である宗保の祖母・佘太君(しゃたいくん、なんと100歳!)に心労をかけないよう、
宗保が戦死したことを胸に秘めたまま祝宴に列席する。

そこへ佘太君が杖をついて登場し、喜色満面で歌を歌う。
さらに、宗保の息子・楊文広(ようぶんこう)も登場し、
祝宴が始まる。

この場で宗保の不幸を知るのは、
穆桂英、柴郡主、孟懐源、焦廷貴の四人のみ。
心中穏やかならずも、平静を装う。

祝宴は進み、宗保50歳の誕生日を祝し、
穆桂英は息子の楊文広から盃を受け、酒を飲み干す。
 

再掲・2017/5/27 TBS「報道特集」

 投稿者:ダメよ~ ダメダメ  投稿日:2017年 5月28日(日)10時33分51秒
編集済
  TBS「報道特集」 アップされてました リンクは共謀罪関連部分より。

創価学会関連は「゛共謀罪゛創価学会員も懸念」

創価学会本部は都合が悪いとだんまりを決め込む(笑)

http://www.dailymotion.com/video/x5o2q7t

しかし、信濃町の学会本部のTBSからの取材に対する返答は会員に対して、社会に対して

不誠実です。「今回はお答え出来ない」????? 意味不明

でも、たしかに答えられないだろうね、公明党が共謀罪法に賛成しているのはご自分たちの意向と

は言えないからね(苦笑)


 

追記

 投稿者:小作人@地上の発心  投稿日:2017年 5月28日(日)10時28分6秒
  精緻な教学論考をものする諸賢には敬意を表するが、気をつけないと竹林の七賢じゃないが
「今この時期に社会の動向から外れたところでこんな議論してる場合かな?」と見る向きもロム専の方などにはあるかも知れない。
たまにだが確信犯的にマニアックでドメスティックな議論の袋小路へ誘導しようとの意図も一部見え隠れする時がある、、、ただの個人的印象論に過ぎないが。。

現場は現場で、某ファンドの名(迷)言じゃないが「お金儲けの何が悪い!?」とでも言い出して開き直るような感のある創価教育出身者があちこちで幅を利かす。
バイタリティーはあるが、とにかくガツガツしていて人としての内面の深みに欠ける。
 

(無題)

 投稿者:小作人@地上の発心  投稿日:2017年 5月28日(日)09時49分24秒
  「信心の実証」を---立身出世だとか、事業で成功し財をなす、とか、、、そういった即物的な観点からしか推し量れない人からすれば、
ここに書き込んでいるような人は口だけ達者で中身がないなどと色眼鏡で見下す歪んだ心しか表れないだろう。

「俺はこんだけ稼いでる。すごいだろう」・・・信心してない一般ピーポーからすれば「だからどうした?」で終わる話なのだが。。

砂上の楼閣のごとき繁栄、薄氷を踏むがごとき覚束ない日々の安穏。。
「自己完結の小善生活」に安んじているうちは、社会を覆う不条理への義憤を抱く境地とは無縁で、些末な私的感情のみに囚われた狭い世界で呻吟し一生を棒に振る。

別の観点から言うと、例えば「執行部の悪と戦えば功徳が出る」との物言いも、それはそれで問題があるのだが。。
「功徳だ、福運だ、と、所詮それ目当てか? 自分可愛さが根底にあるのか?」と受け止める向きがあっても仕方がない。

功徳だの福運だの境涯だの宿命(転換)だの、、、創価ワールドで飛び交う諸々の語句が、ある部分でもはや思考停止のマジックワードに化してはいないか……?
いずれまた稿を改めて論を進めようと思う。

ただ、今の時点で言えることは、弱肉強食の競争社会の原理をまるごと肯定する要素が濃い創価教育の一つの傾向性が、執行部への支持・不支持といった立場の如何を問わず、学会を取り巻く数々の問題を何かと矮小化せしめる害毒をもたらしているとの懸念が私にあるということである。
 

思うんですⅱ

 投稿者:螺髪  投稿日:2017年 5月28日(日)09時15分44秒
   思うんです。

 なにか、この宇宙には慈愛の“塊(かたまり)”みたいなものがあって、それにどういう関わり合いを持つかによって、人の生き方も、人との連なりも、人の福運の積算も変わるのではないかと。だから“大宇宙”とは「希望」です。

 自分の中に、無限の“大宇宙”があると思うと、ただ大空を見上げるだけで「心」は大きく広がっていきます。たとえ、空に雲が立ち込めていたとしても、それは地上からわずか五、六百メートルの風景で、その上空には、やはり無限の青空が広がっていることを知っています。

 その雲を上空から見れば、まるで銀色の大海原のように見渡せることも私たちは知っています。だれしも「思う」ことを繰り返しています。「思う」ことは、究極的には「信じる」ことです。自分の中に、無限の“大宇宙”があるわけですから、それを信るかどうかだけが、われわれの「思う」ことの主題であるようです。

 雲は、山や陸や草木から水蒸気を吸い上げたり、雨を降らせたりしている現象に過ぎません。地球がひとつの生命体だとすると、空に浮かぶ雲は、地球の“煩悩”だともいえそうです。その雲が、実は、日に照らされて“夕焼け小焼け”と美しく輝いていることも知っています。

 つまり、知っているか、知っていないかの違いです。「一念三千」の「法」というのは、どうも、それを知っているかどうかだけです。だから、きっと、仏の別名を「智慧」と言うのでしょう。艱難の時にも、大空には「希望」が広がっているということになります。



 

名字の言!

 投稿者:螺髪  投稿日:2017年 5月28日(日)09時06分8秒
   名字の言・「ある著名なドキュメンタリー写真家が……」。

 2015月5月8日付ですね。

 私も、切り取りました。イニシャル「哉」さんです。

 こういう記事が少なくなりました。

 カットされたんじゃないでしょうね。


 

/1281