teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: いろいろ実験観察中

 投稿者:nanahusi  投稿日:2014年 7月14日(月)22時49分30秒
返信・引用
  > No.36[元記事へ]

仏滅神主さんへのお返事です。

> エサがしなびてきたので、霧吹き。
> 水滴をなめている。
>
> やはり、シラキトビナナフシ?
>

こんばんは。
ナナフシの森の管理人のnanahusiです。

幼虫なのでシラキトビナナフシかヤスマツトビナナフシなのか良くわかりません。

宮城県ですとヤスマツトビナナフシの可能性が高いと思います。
管理人が調べた範囲では、ヤスマツの記録はありますが、シラキの記録は見つけれません。

どちらのナナフシでもエサは、ブナ、クリ、ミズナラ、コナラ、シラカシなどのブナ科植物です。分かりやすいのはクリの葉で、よく食べます。

エサの葉は、プリンカップなどに穴をあけたものに水を入れてさしておきます。しかし、水の吸い上げが悪い植物なので枯れてきたら交換します。

羽化して成虫になるとシラキかヤスマツかはっきりしますので、頑張って育ててみてください。

http://micadina.web.fc2.com/index.html

 
 

いろいろ実験観察中

 投稿者:仏滅神主  投稿日:2014年 7月14日(月)22時26分8秒
返信・引用
  エサがしなびてきたので、霧吹き。
水滴をなめている。

やはり、シラキトビナナフシ?
 

補則です

 投稿者:仏滅神主  投稿日:2014年 7月14日(月)19時09分7秒
返信・引用
  先ほどの画像はすべて同一個体です。
また、「採集」とは書いたが、正確には

クルマで走行可能な山道の途中にある神社と墓地付近で樹液採集ポイントの下見中に「気付いたら服に付いていた」ので、エサの採取に大変困っている状態です。
クワカブやってる人間らしく「樹木の知識が無い(笑)」ので、とりあえず「薔薇以外はブナっぽい葉っぱ」を入れております。
 

初の書き込みです。

 投稿者:仏滅神主  投稿日:2014年 7月14日(月)18時56分37秒
返信・引用
  スマホのカメラで撮影した「生まれて初めて採集したナナフシ」ですが、これってシラキナナフシで良いのでしょうか?
ちょっと特徴が分かりにくい写真で申し訳ないのですが、貴サイトにて効果しているシラキナナフシに特徴が似ています。

採集場所は宮城県石巻市の石巻漁港付近の山です。

当方、札幌在住で、出張で石巻市に滞在中です。

 

とびとびとびナナフシ

 投稿者:ガラリオ  投稿日:2010年 8月23日(月)11時00分47秒
返信・引用
  nanahusi様
こんにちは。

暑さに弱い、というのも極端ですね。わずかな時間の帰り道で
亡くなるとは。私はフィールドから家路は約30分前後ですが、このような
経験はありません。クーラーもかけてないです。
今年は比較的標高の高い場所でしかシラキを確認できてないので
暑さに弱い、とは今のところ言えそうですね。
今年の発生初期の気温は低いような気がしますが、梅雨明けから
続く猛暑のせいかなぁー。
こちらではブナ、クリ、ミズナラから確認できました。
でもシラキ、マジ少ない、、、です。
 

Re: とびとびナナフシ

 投稿者:nanahusi  投稿日:2010年 8月22日(日)13時26分22秒
返信・引用
  > No.31[元記事へ]

ガラリオさんへ

こんにちは。
レスが遅くなりました。

8月20日(金)21日(土)に山でシラキトビナナフシの成虫を多く見つけました。
時期的には成虫になる頃なので、消えてなくなったわけでは無かったのでひと安心しています。
金曜日は4♀、土曜日は10♀で、いずれも例年と同じ発生場所でした。

詳しくはこちらに載せました。御覧ください。

 http://micadina.web.fc2.com/nikki/shiraki_tobi_nanafushi.html

http://micadina.web.fc2.com/

 

とびとびナナフシ

 投稿者:ガラリオ  投稿日:2010年 8月17日(火)21時59分17秒
返信・引用 編集済
  「nanahusi」様
こんばんは。
たびたびすみません。
話を蒸し返してしまうのですが、本当に昨年はいつものポイントでトビナナフシをほとんど観察することはありませんでした(皆無ではありませんが)。
同じような経験をしている人がいる、というようなHPを見つけました。

http://www.geocities.jp/ikkaku2/fieldnote/200407/20040714.html
卵自体が孵らない環境だったのか、孵化しても幼虫が生育しにくい環境だったのか?
興味があるところです。
今週末はトビナナ探しして記録しておきます。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
 

Re: シラキ

 投稿者:nanahusi  投稿日:2010年 8月16日(月)21時56分11秒
返信・引用
  > No.29[元記事へ]

ガラリオさんへ。

> シラキは非常に狭い範囲でしか発生が見られませんでした。
> いるポイント、いないポイント非常にはっきりしています。

 確かに、シラキは、いる場所が局所的な傾向があります。
広い範囲で生息している場所もあるのですが、多くは局所的です。
人間が探しているので、限界はあるのかもしれませんが、
今後も新産地を探し続けたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

http://micadina.web.fc2.com/

 

シラキ

 投稿者:ガラリオ  投稿日:2010年 8月16日(月)21時04分16秒
返信・引用
  こんばんは。
北海道でもそーですか、、、。去年はトビナナフシ類はほとんど観察されませんでした。
今年は書いた通りです。シラキは非常に狭い範囲でしか発生が見られませんでした。
いるポイント、いないポイント非常にはっきりしています。
地域によって差がありそうです。も少し探索してみます。
 

Re: ニホントビ

 投稿者:nanahusi  投稿日:2010年 8月16日(月)20時42分47秒
返信・引用
  > No.27[元記事へ]

こんばんは、ガラリオさん。


 たしかにシラキが少ないように感じています。例年シラキのいる木を探しても見つからない状態が続いています。今年は、異常に気温が高い日がつづいていることも関係あるのかどうか、今のところ不明です。ただ、飼育個体は今年の高温の為か、次々と死亡していきました。現在は、残り1頭になってしまいました。

 休眠卵の目覚める条件など、その仕組みについては現在調査中でよく分かりません。シラキの場合、1年卵・2年卵の存在はわかりましたが、3年卵・・・どこまで長期休眠をするのかは今後の課題です。

 北海道には、シラキしか生息しないと思われるので、ヤスマツ・ニホンとの比較や、各地の個体の特徴などの調査は出来ていません。

 トビナナが3種も生息する環境にいるガラリオさんが羨ましいですね。

今後も、ナナフシ情報を教えてください。

http://micadina.web.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/5